検索の楽しみ

  『典礼聖歌工房アトリエおましこ』と相互リンクするブログは、この「omasicoのお気軽、お気楽『年代記』」の他に、毎週の答唱詩編と季節の聖歌を解説した「今日の聖歌」(R-ブログ)、わたしの所属する小教区、横浜教区、上田教会の聖歌奉仕グループ「NCC練習日記」(G-ブログ)の二つがあります。ホームページとあわせると、都合、四つのサイトを更新しているというわけで、かなり綱渡り的な作業、というか、「よく整理がつくね」と言われそうですが、そこはながら族のB型ですから、何のことはありません。

 ところで、『今日の聖歌』のブログには、管理画面の中に「アクセス記録表示」という項目があって、何月何日何時何分何秒に、誰が、そのサイトを訪れたかがわかるようになっています。このプロバイダのブログを作っている人は、ニックネームが表示されます。わたしの場合は、omasicoさん となります。そうでない人は、接続契約しているプロバイダのアドレス、たとえばわたしなら ***plala.or.jp と表示されます。
 いろいろな、ブログでお互いに交流のある方や、仕事上で、住所やプロバイダがわかっている方は、プロバイダを一目見ただけでわかるのですが、ときどき、まったく予想がつかないところから、訪問される方もおられ、そのような場合、申し訳ないのですが、プロバイダのアドレスをコピーして、Google の検索で調べることにしています。
先月は、「
東急沿線のケーブルテレビ」で接続している方が、訪問されました(今月もありました)。この「東急沿線のケーブルテレビ」を検索した日は、ちょうど、川崎市制記念花火大会の日で、「東急沿線のケーブルテレビ」でも、その模様をライブ放送して、なんと、長野県の山の中にいながら、多摩川の花火大会を見ることができました。かつて、田園都市線沿線に住んでいたことがあり、懐かしいと同時に、当時は、まったく見に行ったこともなかったので、新鮮な感じでした。
 そして、今日(9月1日)未明には、なんと、ベルギールーベンカトリック大学からのアクセスがありました。わが、『典礼聖歌研究工房アトリエおおましこ』も、いよいよ国際的になってきたか?と思っても見ますが、ブログでも、海外からアクセスして、書き込んでおられる方も大勢おられますから、そういう方が、アクセスしてこられたと考えれば、何のことはないのですが、やはり、海外のカトリック大学からのアクセスは、気分が違うものです。

 こんなことを書くと、「いろいろ詮索されていやだ」、と考える方もおられるかもしれませんね。でも余計な事は、書きません(すでに書いている?)し、それ以上の詮索もしませんから、安心してアクセスしてください。

ちなみに、メールアドレスは、プロバイダも含めて7つあります。
さてその7つとはどこでしょう?



 
[PR]

by omasico | 2005-09-01 08:19 | HP・ブログ・通信  

<< 霊名は使徒職を表す? あれは3年前 >>