あれは3年前

 今日は、午前中、2ヶ月に1回の病院での定期の診察の日でした。観てもらっているのは、内科で、痛風心臓(不整脈)の二つです。

 痛風の方は、30歳のときに発作が起こりました。「風が吹いても痛い」というのでこの名前が付けられたといいますが、ベッドに寝ていて、あげた足を静かに下ろしても、下ろした瞬間にとてつもない痛みを感じます。人に、痛風で薬を飲んでいることを話すと、「うまいものばかり食っているからだ」と言われますが、そういうわけではなく、どうも遺伝的なものがあるようで、痛風は、普通、発病するのは、男性がほとんどなのですが、わたしの母が女性にしては珍しくこの病気になっているので、多分その影響でしょう。痛風は、薬をきちんと飲み、暴飲暴食さえしなければ、発作が起きることはまずありません。

 もうひとつは不整脈ですが、こちらは、ちょうど3年前の9月の初めに発作が出ました。朝、いつものように起きたのですが、どうも心臓の様子がおかしく、中からもまれるようです。とりあえず、朝の用足しは終わらせましたが、どうしても立っていられません。朝食の用意(今でもわたしの担当です)もありますし、当時は、幼稚園の年中だった長女を送っていかなければなりません。少し休めば治るかなと思いましたが、どうにもならず、近くに父に来てもらい病院へ行くことにしました。そのとき、長女が、「幼稚園にいけなくなっちゃう」と泣いたのを今でも覚えています。
 病院へ着くと、起きていられませんから、処置室のベッドに寝かせられ、看護婦さん、まだ、診察時間前なので、前日からの当直の医師にいろいろと、おんなじことを聞かれます。わたしの母が他の祖父が狭心症だったので、いよいよわたしもか、とも思いましたが、それ程でもないようです。当直の医師、曰く、「今日はちょうど循環器の先生が来る日でよかった。」 当時、依田窪病院には、循環器(心臓など、血液循環専門)の医師は常駐しておらず、金曜日にだけ山を越えた松本の信大病院(信和会HP参照)から通ってきていたのです。偶然にもその日が金曜日で、わたしにとって見れば不幸中の幸いでした。
 循環器の先生が到着して、またまたいろいろ聞かれますが、まず、発作の薬を注射されました。「これで、後30分もすれば発作はおさまるから」と言われ、そのとおり、30分経つと発作はうそのようにおさまりました。やはり餅は餅屋ですね。
 さらに診察を受けて、薬をもらい、家に帰りますが、もちろん、車の運転などできる状況ではありません。結局、長女は、わたしが帰ってから、祖父母に幼稚園へ連れて行ってもらいました。

 普段の診察は、変わったことはないか聞かれ、特にないと、それこそ3分診療ですが、今日はちょっと違いました。診察の中身は同じだったのですが、その前に、採血、心電図、レントゲンがありました。採血の日は朝から何も食べないで行きます。もちろん今日も、朝から、一滴の水も飲まないで行きました。心電図とレントゲンも、ちょうど、発作の起きた時期ということで、要確認事項です。それらを終えて、ないかの待合に戻って着ましたが、予約時間になっても呼ばれません。その少し前の、予約の人も待ってますし、先生が診察室を出てゆくところを、目にしましたが、帰ってきた気配は、なし。そのうちに、看護婦さんのが、他の患者さんに話しているのを耳にしたところ、どうやら、急患の入院が3人も入ったとのこと。どうりで遅いわけです。でも、文句を言うことはできません。わたしも3年前に、先生は違いましたが、急患で担ぎこまれ、大勢の人を待たせた経験があるのですから。

 この時期になると、まだそれほど時間も経ってはいないのですが、なぜか遠い出来事のように思い出されます。よく、一病息災とは言いますが、痛風不整脈、大病ではありませんが、気をつけないといつ発作が起きないとも限らない爆弾を抱えているのですから、普段から、気をつけること、いつものことが大切と、毎日噛み締めています。


 
 
[PR]

by omasico | 2005-08-31 14:15 | omasicoプライベート  

<< 検索の楽しみ 晩夏の万歌 >>