祖母 永眠

 祖母が、昨日、                               永眠しました。
2月28日18時20分 享年103歳
 明治36年の生まれで、11人兄弟の真ん中でした。もちろん、兄弟はすでに全員他界しており、甥や姪の中にも、物故者もおり、葬儀、告別は、わたくしたち家族だけで、行ないます。
 一昨日、危篤に近いとの連絡を受け、昨日の午前、わたくしと家内が、入所している、特別養護老人ホームに行ったところ、すでに、昏睡状態でした。夕方、特養から連絡があり、ついたときには、すでに、息を引き取っていました。最後は、特養の職員の方、数名が、見守る中、本当に眠るように静かに、息を引き取ったそうです。
 身内の中では、わがままでしたが、体が動かなくなってからお世話になっていた特養では、
ステキなおばあちゃんだったようで、自宅へ帰るとき、見送ってくれた、若いお嬢さんたちが、目に涙を浮かべていました。
 それをあらわすかのように、寝顔もとっても穏やかで、しあわせそうに見えるのが、印象的です。わたくしの脳裏には、最後に、見舞ったときの様子や、子どもの頃に、叱られたときのことが、浮かんできます。
 
長い人生、本当に、ご苦労様でした。
ゆっくり休んでくださいね。
おばあちゃん!

[PR]

by omasico | 2007-03-01 07:40 | omasicoプライベート  

<< おふくろさん騒動 サンダーバード プラモデル (... >>