行方不明になっためがね

 昨年の9月、「典礼聖歌アンサンブル」のCD収録に行った帰り、大阪から東京まで急行「銀河」のB寝台に乗り、東京からは「あさま」で帰ってきたのですが、上田についてみると、普段用のめがねがなくなっているのに気がつきました。運転用のめがねは、車の中においておいたので、運転できなくなることはありませんでしたし、運転用のめがねのほうが、しっかりしているので、かまわないのですが、とにかく、遺失物として探してみることにしました。
 数日後、長野教会の聖歌隊の練習に行った折、長野の駅にある、案内所で、検索してもらったのですが、東京にも長野にも上がっていないとのことでした。人のめがねをもっていってもしょうがないとは思うのですが、いまだもって、どこへ行ったのか分からない、このめがね。「落とし主が現れない」のではなく、本当に遺失物になってしまった、行方が分からなくなっためがねとなりました。
落とし主が現れない電車の忘れ物のゆくえ | Excite エキサイト
[PR]

by omasico | 2007-02-20 16:57 | 旅行・鉄道・趣味  

<< サンダーバード プラモデル (... まもなく四旬節 >>