♪ 地獄の降誕祭終了 ♪

主の降誕の祭日
もようやく終わりです。この、2日間
  1. 待降節第4主日
  2. 主の降誕・夜半のミサ
  3. 主の降誕・日中のミサ
の三回のミサすべてで、オルガンを弾きました。一番の曲者は、主の降誕・夜半のミサで、ちょうど、第4日曜日の夕方になったため、普段、この時間にミサが行われるポルトガル語のミサと合同で行うことになりました。それなら、ミサの式次第も、聖歌も、ほとんどをあちらにお任せして、日本語では答唱詩編アレルヤ唱、加えるならミサ賛歌位で、と思ったのですが、前日になって、奉納の歌以外も全部弾け!と言うことになり、おまけに、どうするかは、そのときになって、あちらの神父さんと相談しますと言う、うちの神父さんの、いつもの、気まぐれで、
ミサが始まるまで、何がどう進んでゆくか、全く分からない状況
で、オルガンの前に座りました。
 それでも、6年付き合っている神父さんですから、こちらも状況判断は、かなり正確で、全く習ったことのないポルトガル語も、ラテン語を少し勉強したことにも助けられ、ポルトガル語の式次第片手に、何とか、進めてゆくことが出来ました。
 滞日信徒司牧の窓口になっているかたからは、うまく、流れに乗っていて、よかったって、何人かの方から言われたわよと、うれしいことばをいただきました。ま、そのためのオルガンですし、神学の勉強をしたのですし、6年間、神父さんと付き合った来たのですから。
 
 それよりも、今日のミサの方が「共同祈願」の時こちらを使いますからと言ったプリントを、皆さん見ておらず、3回目になって、ようやく答唱句がまともになったのには、正直、あきれました。ほとんどの人が、初めてでもないのですからね~。わたくしも、それ以降、どうも、オルガンの調子が今ひとつになってしまいました。

 ま、ともかく、地獄の主の降誕の祭日もようやく、過ぎ去りました。でも、まだまだ、これから、いろいろ面倒なことが待っているんですよ。それでも、明晩あたりは少し、美酒を堪能しようかな?
[PR]

by omasico | 2006-12-25 17:21 | 祈り・聖歌  

<< 続報 クリスマス会そして爆睡 >>