立冬

 今日は、立冬と言うことで、いよいよ、信州も冬本番に向かい始めました。
 それにしても、今日は、天気がめまぐるしく変わりました。朝、というより未明ですが、コンビニに出勤するときは、雷が鳴り、店についてみると、停電状態(我が家は停電しませんでした)。非常灯と懐中電灯の明かりを頼りに、まず、アイスクリームのボックスの上に、ダンボールをかぶせ、解けないように処置をして、続いて、いつものように、陳列と廃棄をしました。停電が復旧したのは、5時半ごろになってから。その後、6時をまわってもなかなか明るくなりませんでした。
 昼は、未明の雷がうそのような青空が広がりました。下の写真は教会での、焼肉作りの後、千曲川の対岸から見た、湯の丸と高峰です。
e0031331_1554357.jpg

 強い風の影響でしょうか、湯の丸(左の山)の上には、雲がかかっています。ちなみに、一番右に小さく出ている山は、浅間山です。
 自宅へ帰ってみると、強い風の影響で、道路は、落ち葉を敷き詰めたようになっていました。別荘地内の道には、サクラやアカマツの枝も落ちており、風の強さを物語っていました。
e0031331_1601799.jpg

 写真は自宅の前の道の様子。大きな葉っぱは、朴の葉です。我が家の敷地内には、かなり大きな朴の木が生えているので、この時期になると、朴の葉が舞い落ちます。他にも、さまざまな木の葉(このは)が、今日の強い風に待っていました。
 これから、いよいよ、寒さが厳しくなり、ストーブを切れない季節に突入です。
[PR]

by omasico | 2006-11-07 16:03 | 四季折々  

<< 初冠雪 りんご >>