任期満了

 昨日、2月26日に、わたくしの所属する小教区(教会)の
信徒総会
なるものが行われました。どこの教会でもそうだと思いますが、1年に1回教会の行事や役員・会計事務の報告や予算などを審議するものです。
 この信徒総会で、わたくしは、2期4年務めた、典礼委員長任期満了で退任しました。
 この小教区に所属して12年になりますが、かなり、最初から、典礼委員長をやってほしいとの依頼があったのですが、断れい続けていましたが、4年前に、前任者のKさんから、「今度は是非に!」と言われ、断りきれずに引き受け、人気いっぱいの4年務めることになったのです。
 この間、ちょうど、長女の幼稚園入園から二女の卒園までと、隣接する幼稚園ともかかわりがあり、教会のことも知っていて、平日の昼間、教会に自由に出入りすることができるわたくしは、幼稚園の父兄にも重宝がられていました。
 長女が年長、二女が年少の時には、幼稚園初のお父さんのPTA会長という下馬評もあったのですが、このときは、ちょうど、教会90周年行事と重なり、皆さん、あっさりと断念されたようです。

 ところで、典礼委員長なんていうと、教会の典礼のことを取り仕切るようで、カッコよさそうに思われますが、実のところはミサの雑用係のようなもので、なかなか引き受けてのない朗読・共同祈願・侍者の当番を決めたり、その他の世話を焼くのが、本当のところです。
 で、わたくしの後は、後任が決まるか?と、不安もあったのですが、詩編の先唱をしてくださったいる、Mさんが「委員に残ってくれて、いろいろ、アドバイスしてくれるなら」という条件付で引き受けてくださいました。ですから、まだ、典礼委員としては残りますが、実質的な代表ではなくなります。

 さて、これで、肩の荷が下りたかというと、そうでもなく、今度は、広報委員長のFさんから、「委員は兼任できるから、広報のほうも手伝ってちょうだい」といわれ、広報委員も兼任する次第となってしまいました。とはいっても、広報委員会は、年3回「教会報」の発行が大きな仕事である以外は、さほど負担がなく、しばらくの間は見習い委員なので、気は楽ですが、いつ広報委員長にさせられるかと思うと、不安の種はつきません。

 とは、言うものの、とりあえず、
月1回・第1土曜日の教会委員会への出席
は、なくなったので、かなり楽にはなりました。
 それにしても、何しろ30~50台の男性信徒が少ないので、いつまた、すぐに「○○委員長をお願いします」となるか分からないので、大変です。
 そうそう、幼稚園のほうとも、かかわりがなくなるので、来年度のPTAの役員さんは、ちょっと大変かもしれません。

 

 
[PR]

by omasico | 2006-02-27 13:51 | omasicoプライベート  

<< 見なくなりましたね!公衆電話! 桜は600度。山菜は? >>