おたや祭り

 今回から、画像をアップしたかったのですが、前回に書いた理由で、まだ、画像をアップできないでいます。

 さて、14日と15日は、古町にある「豊受社」の祭礼である、おたや祭がありました。最初の予定は、14日の午後に行くつもりだったのですが、この日は、午後から、かなりの雨になってしまい、結局あきらめました。
 15日、ミサが終わり、掃除当番も済ませてから、そそくさと町へ戻り、駐車場になっている、「国保依田窪病院」の駐車場へ車を止めて、出かけました。普段は、狭いながらも、バスが通っている通りが通行止めになり、天気がよいこともあって、さながら歩行者天国で、まるで銀座か原宿かという感じです。道の片側には屋台が所狭しと並びました。
 肝心の「豊受社」は、厄除けのお払いの行列がすごく、見に行くのはやめました。ま、普段から行けるところなので、無理することもないのですが。

 で、おなかもすいたので、子どもたちはまず「たこ焼きを食べたい」というので、屋台で「たこ焼き」を買いました。といっても、人込みの中で食べるわけにはゆきませんので、手ごろな、仮設屋台食堂に入りました。ここで、さらに、「焼きそば」「うどん」「豚汁」「甘酒」「ジュース」それぞれ二つずつ注文しましたが、結構込んでいるので、注文をとりに来るまで、なかなか時間がかかって待ちくたびれてしまいました。

 食べ終わってから、各町内会の山車を見たのですが、子どもたちは、山車を見るよりも、屋台のおもちゃの方が、おもしろく、おもちゃ屋やゲームの屋台ばかりに気が行ってしまいます。結局、紐を引っ張って、商品を当てるゲームや、くじ引きをしましたが、ま、お決まりどおりに、ほしいものはもちろん、たいしたものも当たりませんでした。「綿菓子」も食べたかったようですが、何しろ、一つ500円ですから、お小遣いもなくなり、あきらめることになりました。とにかく、お祭りの屋台は、値段が高いことが、なんともしがたいものです。

 ひととおり、歩き回って、お財布の中身も、気力も使い果たしたので、1時過ぎには車に戻り、帰宅しました。ま、普段は、なかなか、行けないお祭りに行けて子どもたちも満足そうでしたし、わたしたちも、普段は車で素通りする、町の中をゆっくりと歩くことができました。
 おたや祭りの様子は、いずれ町のホームページにアップされると思いますので、ご覧ください。ちなみに、おたや祭り、日曜・祭日に関係なく、毎年、1月14日と15日に行われます。

 
[PR]

by omasico | 2006-01-16 19:30 | omasicoプライベート  

<< 誕生日(小テレジア) 画像アップ >>