年賀状

 来年の話をすると鬼が笑うなんて言いますが、明日は、もう元日ですから、ま、鬼も笑うことはないでしょう。
 このところ郵便局では、年賀状を12月24日までに、50枚以上出すと、豪華商品が抽選で当たる、キャンペーン元日に配達するには、12月24日までにお出しください、とやっています。ま、最近は、E-MAILのおかげで年賀状の取り扱いも減っていて、ドル箱の年賀状が減少するのは、財政的にも厳しいので、このようなキャンペーンを張っているのでしょうが、年賀状元日配達というのも、いつから強迫観念になったのかも不思議です。

 もともと、年頭のあいさつは、近所や、近くに住む親類の家へ、正月7日までの松の内に伺っていたものです。わたくしも子どもの頃住んでいた、同じ23区内に住む、母方のおばの家へ、年始に行ったことを覚えています。昔は、親戚も、それほど遠くないところに住んでいたのが普通ですから、大概は、年始まわりで済んでしまったわけです。商売をしていた家も、大きな問屋などの商家は別でしたでしょうが、小さな商いを行っているところは、それほど遠方との付き合いもないわけですから、こちらも、年始まわりで十分なわけです。
 で、このような、近くのお年始に行けない、遠くの親類や、商売で、遠隔地での取引をしているところに、年頭のあいさつとして年賀状を送ったわけです。

 といっても、年賀状も、現在のように元日に配達というわけには行きませんでした。だいたい、昭和の中ごろまでは、現在のように、交通も発達していませんでしたから、年賀状もいつ着くという確証はありませんでした。江戸時代などは、飛脚でしたから、なおさらです。さらに、年賀状年頭のあいさつですから、年が明けてから書いたのが常識です。それも、元日から書いたわけではありません。まず、元日は、お年取りの行事がありますから、筆はほとんど取りません。現在でも、書道ではそうですが、二日に書初めを行い、それから、一般の書き物をしたわけですから、年賀状もそのあとに書いたと言えるわけです。

 というわけで、わたくしの場合、正月7日までの松の内に会える人には、年賀状は書きません。年賀状も二日を過ぎてから書きたいのですが、受け取るほうも、元日配達期待しているでしょうから、なるべく早く出そうとは思いますが、「さえずり」(←リンク)にも書きましたが、何しろ102歳の祖母がおり、いつみまかっても、おかしくないので、この数年は、大丈夫になってから、書くことになっています。さらに、この正月は、1日に、9時のミサで、オルガンを弾いて、その足で6日まで、家内の実家に行きますので、もしかしたら、帰ってくるまで年賀状見られないかもしれません。送っていただいた方には申し訳ありませんが、ご了承ください。
 で、この『年代記』をはじめ、各ブログも更新ができそうにありませんしメールのチェックもできないかもしれませんが、あしからずご了承ください。
 というわけで、皆さん
よいお年を!
[PR]

by omasico | 2005-12-31 09:50 | 四季折々  

<< おそくなりましたが... 終わりの始まり >>