教皇フランシスコ(パパ様)のことば (3)

教皇フランシスコは、今年5月に出された、使徒的勧告『福音の喜び』で、次のように述べています。
「『殺してはならない』というおきてが人間の生命の価値を保証するための明確な制限を設けるように、今日においては『排他性と格差のある経済を拒否せよ』とも言わなければなりません。この経済は人を殺します。路上生活に追い込まれた老人が凍死してもニュースにはならず、株式市場で二ポイントの下落があれば大きく報道されることなど、あってはならないのです。これが排他性なのです。飢えている人々がいるにもかかわらず食料が捨てられている状況を、わたしたちは許すことはできません。これが格差なのです。現代ではすべてのことが、強者が弱者を食い尽くすような競争社会と適者生存の原理のもとにあります。この結果として、人口の大部分が、仕事もなく、先の見通しも立たず、出口も見えない状態で、排除され、隅に追いやられるのです。そこでは、人間自身もまた使い捨てのできる商品同様に思われています。わたしたちは『廃棄』の文化をスタートさせ、それを奨励してさえいます。もはや単なる搾取や抑圧の現象ではない、新たなことが起きています。つまり、排他性は、わたしたちが生活する社会に帰属するという根幹の部分にまで達しているため、もはや社会の底辺へ、隅へ、権利の行使できないところへと追いやられるのではなく、社会の外へと追い出されてしまうのです。排除されるとは『搾取されること』ではなく、廃棄物、『余分なもの』とされることなのです。』(フランシスコ 『使徒的勧告 福音の喜び』 カトリック中央協議会 2014 56~57ページ)
この文書を読む限り、パパ様が警告する『廃棄の文化』は、ものばかりではなく、人に対しても行われているということです。今回は、パパ様のこの文書を提示するにとどめますが、これから、折を見て『廃棄の文化』について、考えてみたいと思っています。

[PR]

by omasico | 2014-09-07 14:59 | 全ブログ共通  

<< WHO ガイドライン 実情(1) >>