戦時中の話(2)

前回、このタイトルでは、戦時中でも、庶民には手の届かないものでも、あるところには、あることを書きました。今回は、反対に、あっても、それが、現代では思いもよらないことであることを書いてみたいと思います。
東日本大震災をはじめ、今月の、広島の土石流災害、水害など、まず、被害に見舞われた皆様に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。現代の日本では、このような、災害の時には、国内はじめ、海外からも援助の手が差し伸べられ、食料だけは、遅くても数日中のうちには、ほとんどの方に届けられます。また、かなり、深刻な災害でも、おおよそ、ひと月すれば、毎日、同じものだけを食べている、ということは、ないように、思うのですが、いかがでしょうか。
ところが、戦時中はそういうわけにはいかなかったようです。米などのいわゆる、主食となる原料は、戦地に優先的に送られるか、前回お話したようなところで、消費されます。もちろん、昭和18年以降になると、戦地に送られた米も、輸送船がアメリカの潜水艦の標的となり、ほとんどが海の藻屑と消えてしまいました。
内地では、特に、都市部では、食料が不足してきますので、何日に、一度か、配給が行われました。この、配給制度、今では、おそらく考えられないと思いますが、まず、家族の人数によって、配給の量が決まってきます。それも、すべて、一人どれくらいと、一律です。だれは、こういうものが食べられないとか、アレルギーがあるなんてことは、まったく考えられていません。食べられないほうが悪い、という理論です。
 次に、配給される食品は、ある日は、米、その次は、大豆、など、一回の配給で、決まったものしか配られません。ですから、前の配給で配られたものを食べてしまっていれば、というより、配給は毎日のようにあるわけではありませんから、すでに食べてしまっている場合がほとんどですから、配給で配られた食品以外食べるすべがありません。つまり、次の配給まで、手元に、他の食料品がなければ、大豆を食べて、飢えをしのぐしかなかったわけです。
 同じことは、父から聞いた話なのですが、これは、戦時中ではないのですが、漁師の網元の家でも同じだったようで、イカが取れたときには、おかずは、毎日、イカ。ニシンが取れたら、毎日、ニシンだったそうです。
 現代では、よほどのことがない限り、二週間、毎日、食パンとサバ缶だけ、ということは、ないと思ます。
 戦時中の話しというと、ついつい、戦場体験や空襲体験が多くなりますが、こういった、庶民の普段の生活も、不自由を強いられたことも、伝えてゆきたいものです。

[PR]

by omasico | 2014-08-28 09:12 | 歴史と宗教  

<< 千年の過ぎ去った一日のよう 防災の日を前に >>