教皇、フランシスコのことば(1)

聖ヨハネ・パウロ二世の宣言と共に、現教皇フランシスコの次のことばは、人類にとって、最も貴重な忠告となるはずです。

 「戦争をやめてください! もうやめてください! 私は特に子どもたちのことを思います。まともな人生や未来への希望を断たれ、死んでしまった子どもたち、傷を負った子どもたち、体を切断された子どもたち、親を失った子どもたち、戦争の不発弾をおもちゃにしている子どもたち、ほほ笑むことを知らない子どもたち。もうやめてください! 私は心の底から皆さんにお願いします。今こそ戦争をやめる時です!」
 「私たちは思い起こしましょう。戦争で全ては失われますが、平和で失われるものは何もないのです」

〈以上、「カトリック新聞」2014年8月10日号より〉

...

 戦争をする人、戦争に必要な武器を作る人たちは、きっと、≪何かのために≫戦争をし、武器を作るのだろう。
 しかし、戦争をやめ、平和を求める人は、《誰かのために》、戦争をやめようとし、平和を求めるのだと思う。


[PR]

by omasico | 2014-08-10 18:27 | 歴史と宗教  

<< 戦時中の話(1) ささげもの >>