日課

 記事が、相前後しますが、当別に来てからの日課をご紹介します。

 朝、3時30分、修道者の皆さんと同じ時間に起床。10分で着替え、洗顔を済ませ、聖堂に向かいます。聖堂までは、歩いて30秒。3時45分に最初の時課である「読書」が始まります。当別の場合は、最初に当該日の唱和と唱句のあと、まず、聖書朗読。続いて、二週間ずれての唱和と唱句があり、『毎日の読書』から、その日の朗読が行われます。
 修道者の皆さんは、その後、黙想ですが、わたしは、しばし、フリータイム。日によって、読書をしたり、一眠りしたり、まちまちでした。

 5時45分から、「朝の祈り」、引き続き、ミサ。ミサが始まる前には、夜が白々と明け始めます。季節によっては、窓から、日の光が差し込むのでしょう。感謝の典礼に入ると、内陣で、修道者の方々と一緒に、祭壇を囲むように招かれました。

 ミサが終わる7時15分には、小食堂で朝食の用意がととのっています。と言っても、パンと牛乳、ヨーグルト、ジャム、バター。コーヒーはインスタントコーヒーを自分でいれます。これには理由があります。この時間まで、修道者の方々は、時課の典礼、ミサ、黙想と、厨房に入る暇がありません。ですから、修道者の方々も、朝は、このような質素な食事をなさっているのです。それでも、出されるものはすべて自家製。特に、牛乳は、クリームが浮いている濃厚なものです。

 朝食の後、しばらく、休憩をして、8時から三時課。その後、8時20分から、集会室で朝の講和。内容は、主に、神学院の授業から、こちらの修道院の典礼に関連したことをお話ししました。

 9時から、修道者の方々は、それぞれの作業やお仕事があります。わたくしは、午前中は、フリータイム。前にも書いたように、オルガンの練習をしたり、読書をしたり、はがきを書いたり、一日は、渡島当別の駅まで歩いて往復しました。滞在していた期間、ほとんど、天候に恵まれず、雪の日が多かったので、散歩がほとんどできなかったのは、残念でした。
e0031331_19404548.jpg


 11時15分、かなり、早い昼食の後、13時10分の九時課が終わると、個人練習を16時30分まで、こなします。一人、20分で、途中、10分の休憩を二回挟みました。個人練習の時間も、修道者の皆さんは、作業やお仕事の時間で、それぞれに作業をやりくりして、参加してくださいました。

 個人練習が終わると夕食までの間に、入浴を済ませ、夕食となります。自宅にいるときには、ここで、一杯やるのですが、まだ、この後、練習と二つの時課が待っているので、飲むわけにはいきません。18時40分から、いよいよ、全体の練習です。といっても、約30分なので、こちらとしては、かなり、窮屈なのですが、普段の日課の合間を縫ってのことですから、修道者の皆さんには大変だったと思います。それでも、皆さん、熱心に練習されました。もちろん、すぐに結果が出るわけではありませんが、いくつかの、進展がみられるようになったのは、うれしい限りです。

 練習の後は、待っていたように、「晩の祈り」、続いて「寝る前の祈り」。「寝る前の祈り」が終わると、暗闇に照らし出された聖母子像に向かって、全員が立ち、一日の最後の交唱、Salve Regina を歌います。旋律は、シトー会独特のもので、四線譜が、案内のパンフレットにも載っています。こうして、当別の一日が終わり、部屋へ戻って、喉を潤すと、後は、安らかな休息につくのでした。
[PR]

by omasico | 2010-03-26 19:51 | 祈り・聖歌  

<< 散歩 オルガン >>