盲腸線(旅行・鉄道・趣味)

 『今日の聖歌』と『気まぐれブログ』でお知らせしたように、18日と19日、一泊二日で、名古屋と京都へ行った来ました。名古屋へは「高田三郎作品による『ひたすらないのち 愛知演奏会』」を聞きに、京都は、アメリカの神学校への留学から戻った、京都教区の友人の司祭に会いに行きました。これらのことは、おいおい、関係するブログに書くことにして、今回は、趣味の鉄道ねたです。
 ちょうど、「高田三郎作品による『ひたすらないのち 愛知演奏会』」がそのパートナーシップ事業として行った、愛・地球博の影響で、名古屋のホテルはどこも満室状態だったので、岐阜県の大垣のホテルに泊まりました。大垣は、城下町で水がきれいなので有名ですが、鉄道の要所でまあります。東海道線の他に、樽見鉄道と近鉄養老線の基点、JRでは国鉄時代から続く、電車の基地があります。
 ところで、この東海道線、どこからどこまでを走るかご存知でしょうか?東京から神戸(大阪ではありません)は皆さんお分かりと思いますが、実は、
大垣-美濃赤坂
という、二駅だけの支線があるのです。このように、幹線の途中から、1~2区間枝分かれしている支線を、人間の体にたとえて
盲腸線
と呼んでいます。
 盲腸線のようなところは、乗るつもりでないと、なかなか乗る機会がありません。今回も。京都へ行く列車の接続の時間を確認し、やおら乗ることに決めました。
 本線のホームの一角を削った3番線から、大垣-美濃赤坂を走る列車は発車します。2両編成の列車は、ゆっくりポイントを渡り、本線に入ります。すぐに車内放送が入り、車掌が車内改札をし、乗車券を回収することが告げられました。本線でスピードを上げた列車は、大垣電車区の横を通り過ぎ、垂井へ行く本線・新垂井(現在、駅は廃止)を回る山線・美濃赤坂線の分岐点、荒尾信号所に入ります。信号所といっても、信号とポイントがあるだけの遠隔操作です。
 
e0031331_1815872.jpg

本線の列車から見た、荒尾駅と宇留生小学校
今まで、西に向かっていた列車は、ポイントを渡り、向きを北に変え始めると、すぐに荒尾の駅に着きます。道を隔てたところには、宇留生小学校があります(地図で確認)。普段なら小学生の声もにぎやかなのでしょうが、今日は休みでひっそりとしています。荒尾を発車した列車は、家並みと工場の敷地の跡地の間を北へ向かって走ること数分、終点の
美濃赤坂
に到着しました。

 ここまでの乗客は3人、わたしともう一人は、どうやら乗りにきた、いわゆる「鉄っちゃん」。残るひとりは地元の女の子ですが、迎えに来ていた彼氏らしき男の子の自転車に乗って行ってしまいました。駅はもちろん無人駅。かつての駅舎には、観光協会らしき人が数人しゃべっていました。無料の貸し自転車もありますが、年間の利用者はどれほどか?駅前も閑散としていて、人がいそうなのは、喫茶店が一軒だけでした。地図で確認すると、今でも石灰などを運搬する貨物線がこの先も続いているので、かつては石灰を運び出す貨物列車で賑わったのでしょう。現在は、東海道本線の一支線として、細々と列車が走っているという感じでした。
 18分の折り返し時間の間、駅前に出たり、ホームを歩いたりしましたが、本当にのんびりした時間で、
ホームの傍らの木で鳴くツクツクホウシと咲き始めた彼岸花
が印象的でした。

 列車は、折り返しで大垣へ。今度は、荒尾を過ぎると20名以上の乗客で賑わいました。往復わずかの乗車でしたが、これで東海道本線を完乗したことになります。
 今度、大垣に来たときは、樽見鉄道と近鉄養老線にも乗りたいと思います。
[PR]

by omasico | 2005-09-20 06:31 | 旅行・鉄道・趣味  

<< 新刊紹介『早わかりキリスト教』 無謀だとは思いますが。 >>