タグ:趣味 ( 7 ) タグの人気記事

 

真理の探究~昨年買って読んだ書籍から

すっかりサボっていた『年代記』ですが久々の投稿です。

今回は何を取り上げるかというと 読書感想文(というほどでもないけれど)。
昨年買った本の中で一番面白かったのが

島泰三『ヒト 異端のサルの1億年』(中公新書)(アマゾンのサイトにリンクしています)

この本の9章に以下のような記述があります。

「穀物はもともと類人猿の食物リストにはない。熟しても実の落ちない小麦の品種を約一万年前に発見したホモ・サピエンスが、それを選択して栽培するようになって初めて食物リストに加えられた。」

「現代人の脳容積はネアンデルタール人や同時代のホモ・サピエンスに比べて約1割(150CC)減少している。農耕・牧畜による栄養不足のせいではないか。」

「穀物は脳で直接使える脂肪を含んでいない。」

「農耕以来ホモ・サピエンスは栽培植物と飼育動物の知識を第一とし、それ以外の周囲の生命をすべて害虫獣と雑草として区別した。有用かどうかを基準にする世界観は、人の評価に拡大され、人を有か無用かで分別するようになった。」

「魂をやせ細らせた現代人は富の蓄積と分配の不公平、富の防衛のための戦争と憎悪の拡大が毎日の仕事になった。」

「人類が魂をやせ細らせたのは農耕・牧畜による心に映る環境世界の単純化と穀物食による脳障害のためだったのかもしれない。」

「日本列島住民は近代後期に至るまでコメを主食とすることがなかったので(中略)現代人の中では例外的にホモ・サピエンス最大時の脳容積(1500CC)を維持しているのだろう。」

人類の歴史(類人猿も含めて)をこのように俯瞰すると人間は何を食べるべきかがわかるでしょう。

著者の島さんは「はじめに」の中で
「万物の霊長がヒトであり、世界に冠たる神州清潔の民が日本人であるという予断をことごとく捨て去って、一種の大型のサルとしてのヒトを、また日本人を観察すると、何が見えるのか?もともと、他人の説は無論のこと、大家の学説に無関心であり、信用のしない性格である。誰もが一致して認める定説などに興味がなく、ひたすらヒトに至るサルたちの階梯を、自分が納得できる形で理解することに集中してきた。(中略)ここで描かれた類人猿やヒトに先行する人類の姿は、世の常識とはかけ離れたものかもしれない。ヒトの姿は、あるいは不愉快に感じられるかもしれない。しかし、予断を排して事実を積み上げる方法以外を、私は採用しなかった。どんなに受けいれがたくても、彼らの姿には裏付けがある。」
と書かれています。

これこそが学問における基本中の基本であり、それゆえに、島さんの書かれていることは 事実を超えた真理であるといえるのです。
[PR]

by omasico | 2017-01-09 16:27 | 四季折々  

コンビニエンスって

どこのコンビニエンスストアに行っても、店内にコーヒーマシンがおいてあり、セルフにしろ、店員さんが扱うにしても、出来立てのコーヒーがすぐに飲めて、とっても便利(コンビニエンス)です。

こういうのもなんですが、わたくしは、基本的にというか、よほどのことがない限り、このコーヒーは飲みません。というか、コンビニエンスストアを使うのは

① 銀行のATM
② トイレ


だけで、ほかのものは買わないようにしています。

なぜかというと、コンビニエンスストアで扱われているものには手間がかかっていないからです。そして、手間がかかっていないということは、逆に言えば、手抜きだからであり、さらには、心がこもっていないからです。それを実感したのは、

山崎武也『持たない贅沢』(三笠書房)の「便利というのは手抜きである。そこに残っているのは、表向きの都合のよさであって、真心のかけらもないことが多い」(同書100ページ)

という文書を読んだからです。

コンビニのコーヒーは確かに便利です。コンビニエンスストアという言葉自体がま、訳していえば「便利店」ですから。でも、カップを買って、機会にセットして、ボタンを押せば出来上がり、というのは、やはり、手抜き以外の何物でもありません。だからこそ、あれだけ安く飲むことができるのですが、その代償が「心がこもっていない」ということなのですね。どう考えても、コーヒーマシンがお客の顔を見て、気持ちや体調をおもんぱかるということは、まったくありませんからね。

ほかのものでも、例えば、揚げ物もありますが、これも、全部冷凍でお店に届いたものを、機械のバケットにセットしてボタンを押せば、時間で上げるというものですから、一つ一つの商品を手で作っているわけでもなければ、お客さんの好みを考えているわけでもありません。

それは、パン、おにぎり、お弁当、お惣菜、すべて然りです。

確かに食事は栄養がキチンと摂れさえすればいいのでしょうが、やはり、感情のある人間である以上、心のこもったものをいただきたいのが人情です。そう考えると、コンビニエンスストアで売られている出来合いのものは、本当に食事といえるのかどうかわかりかねますね。

でも、最近のラグジュアリーホテルのラウンジやレストランでも、お客のほうから見えなくても、お皿が空になったらさっと下げに来る、コーヒーカップが空になったら、お代わりを聞きに来る、というところは少ないようですね。ちょっと、残念です。
[PR]

by omasico | 2016-03-13 16:28 | 四季折々  

誕生日

e0031331_1857879.jpg
今日は、誕生日で~す!というわけで、夕飯のおかずは、写真のように、好きなものをかってきて食べました。誕生日なので、一番は、御酒!大好きな玲瓏を飲みたかったのですが、売っているお店に行く時間がなく、写真のお酒を飲みました。
 最初に飲んだ「銀嶺月山」は、お米の甘みが生きていて、なかなかの味でした(ただし「玲瓏」ほどこくがなかったので、残念)。
 もう一本の「御湖鶴」は、本みりんのような味がして、これも、なかなかの傑作!今度は、これも、常連のお酒に加えようかと思います。かなり、金色の色がついていたので、どんな味かな?と興味があったのですが、いやいや、満足しました。今日は、上田のジャスコで買った、いわゆるワンカップでしたが、今度は、4合瓶か一升瓶を買いたいと思います。
 皆さんの地元にも、米や麹のこくがあり、それらの甘みが生かされているお酒がありましたら、ぜひとも、ご連絡ください(送っていただければもっとありがたいです。ただし、送料・実費はなしでですが)。
 
[PR]

by omasico | 2007-05-16 19:01 | omasicoプライベート  

ダイヤ改正 時刻表

3月18日改正ダイヤの時刻表が発売になりました
 で、早速、行きつけの本屋さんで、「JTB 携帯 時刻表」を買いました。本当は、大きいサイズの時刻表があるとよいのですが、出かけるときに便利なようにと、一番は、値段の問題で、普通は、携帯版にしています。
 わたくしが住む範囲のJR東日本管内のダイヤ改正の目玉は、やはり、常磐線普通列車へのグリーン車連結ではないかと思います。昔は、常磐線にはグリーン車を付けても利用客がほとんどない状態でしたが、つくばエクスプレスの開通で、常磐線の普通列車も付加価値を付けないと、利用客が減少するのでしょうか?
 もう一つは、禁煙列車の拡大です。東北新幹線の各列車も、全車、禁煙になります。
e0031331_16462196.jpg

最も、地元を走る「あさま」は、以前から禁煙でしたから、変わりはありませんが、中央本線(西線)の「しなの」が、普通車指定席1両を除き禁煙になり、自由席は、すべて禁煙車となります。
 実は、この「しなの」の自由席、以前から、禁煙車から席がうまり、禁煙車は満席なのに、喫煙車はガラガラ、という状況が続いていました。そこで、今回の措置となったと思われます。

 さて、この改正ダイヤにいつ乗るかですが、初日の18日に、家内と子どもたちは、家内の実家=茅ヶ崎に行く予定なので、ダイヤ改正初日の乗車となりそうです。が、わたくしは、自宅に残るので、指をくわえて、見守るのみです。でも、東京の従妹と居酒屋で飲む約束をしているので、近いうちに、東京へ行き、常磐線の新車を見ることができるかもしれません。でも、今回のダイヤ改正でなくなる、東海は見ることができそうにありません。
[PR]

by omasico | 2007-03-13 16:48 | 旅行・鉄道・趣味  

サンダーバード プラモデル (写真付)

 先日、両親の家のロフトの整理をしていたら、こんなものが出てきました。なんと
サンダーバードのプラモデル
e0031331_1784997.jpg
 上下、二つを比較していただくと分かりますが、TB1の翼が広がります。
また、TB3TB5がドッキングできるようになっています。e0031331_179109.jpg
 その他にも、MOLE(ジェットモグラ)は、本体とキャタピラ部分が分離しますし、TB2の、ポッド(装備)が切り離せ、中には、小さなMOLE(ジェットモグラ)が入っています。
 この、プラモデル、フルタのお菓子のおまけで、このほかに、磁力牽引車高速エレベーターカーがありますが、まだ、組み立てていません。サンダーバードも実写版が出てから、おもちゃ屋さんでも、人形劇時代の、プラモデルは、ほとんど見かけなくなり、貴重なものかもしれませんね。
 磁力牽引車高速エレベーターカーも、組み立てたら、また、全部一緒に、アップしたいと思います。
 
[PR]

by omasico | 2007-02-28 17:28 | お宝  

クリフ・リチャード&シャドーズ

e0031331_1575878.jpg

 新しい、「カテゴリー」を設定しました。わたくしがもっている、お宝を公開します。と、言っても、たいしたものはありませんが。で、今回は、
クリフ・リチャード&シャドーズ
の、いわゆる、ドーナッツ版です。日本ではあまり知られていませんが、この「クリフ・リチャード&シャドーズ」は、あの、「サンダーバード」のジェフ・トレーシーの息子たちのモデルなのです。おそらく、ロックファンでも、それほどメジャーではないと思いますが、いかがでしょうか。
 昔、「サンダーバード」の映画で、ゼロエック号が火星に行くやつがありましたが、そのときに、このレコードを買ってもらいました。そのときは、ロックにも興味なかったし、今で言う、オリジナル・サウンドトラックのほうがよかったのですが、あるとき、この「クリフ・リチャード&シャドーズ」がジェフ・トレーシーの息子たちのモデルと知って、大事に取ってあります。
 最近は、CDにも焼き直しされたようですが、この写真はないんじゃないでしょうか?
 さて、だれが、だれのモデルだかわかりますか?
[PR]

by omasico | 2007-01-31 15:26 | お宝  

丸型ポスト

e0031331_12585878.jpg 教会から、歩いてすぐのところに、郵便局がありますが、この、郵便局の前には、昔懐かしい丸型ポストがおいてあります。娘たちが、教会に併設の幼稚園に通っていた頃には、よく、利用していましたが、最近は、ときどきATMを使う程度になりました。
 実は、上田市内には、旧、隣接市町村を含めて、かなりの数の、丸型ポストがあるようで、何年か前には、この、郵便局に、市内(当時はそのときの)の丸型ポストの写真が展示してあったくらいです。この郵便局は、駅からも歩いて7~8分と比較的近く、国道沿いにもあるのですが、丸型ポストの写真を撮っている人の姿を見かけたことは、ほとんどありません。たまたま、わたくしが訪れる時間にはいないだけなのかもしれませんが。
 この丸型ポストに行くには、長野新幹線・しなの鉄道・上田電鉄の上田駅下車、駅前からまっすぐあがってゆく道を行き、最初の交差点=中央一丁目(旧松尾町)を右に曲がり、500メートルほど進んだ、左側にあります。
 そうそう、もし、この丸型ポストを訪れたときは、近くのカトリック上田教会ものぞいてください。もしかしたら、わたくしがオルガンを弾いているところに出くわすかも?しれませんよ。
 
 
[PR]

by omasico | 2006-12-05 14:21 | 旅行・鉄道・趣味