タグ:教会 ( 23 ) タグの人気記事

 

歌唱ミサの練習

昨日と今日で助祭コースの歌唱ミサの練習を終えて 今年のカリキュラムがすべて(わたくしも助祭さんたちも)終了しました。

昨日と今日にかけて一人20分ずつ叙唱と奉献文などをれんしゅうしましたが 助祭さんたちは一人20分でもわたくしは人数分の時間。ただ歌うだけではなく 祈りのことばをより味わえるように 技術的なことも含めてアドバイスしたり 音がうまく取れないところは一緒に歌ったりします。一人ひとりの力量が違うので 各々にふさわしいアドバイスをしなければなりません。

こういうことのために 授業の後の「晩の祈り」や翌日の「朝の祈り」にも参加して 司式の様子を聞いています。

さらに 一緒に歌って的確なアドバイスをするためには わたくしがきちんと歌えなければなりません。そのために 行きたくはない仕事の往復の時間を活用して 歌っています。この日(一日あるいは二日)のために多くの時間を割いています。

一人20分の練習は わたくしにすれば少ない時間ですが 各々得手不得手もありますので 無理にというわけにもいきません。それでも昨日今日の練習で どの助祭さんも祈り方がよりよくなったと感じました。とりわけ一人の助祭さんは個人練習の時間を使って一年かけて準備をしてくださいました。

皆さん音楽を専門に勉強した方ではありませんので 全員がいい声 いい音程 ではないかもしれません。しかし それ以上に大切なのは 司祭として司式者として朗唱する祈りのことば 救いの歴史の叙述 キリストのことばを 音楽=歌という手段によって より美しく表現し 味わい深くすることです。そのためには 時間も回数も必要でしょう。そして何よりも 祈りをより美しく表現し味わい深くするために 司祭が歌うには その祈りにこたえる会衆の皆さんの協力がなければできないわけです。司祭が歌唱ミサをするためには会衆の皆さんも一緒に心を合わせて歌っていただきたいとお願いします。

今年度の練習は終わりました。わたくしは明日ではなく 今日入浴時からまた来年の歌唱ミサの練習に向けて準備を始めます。

[PR]

by omasico | 2017-01-31 17:00 | 祈り・聖歌  

今日の説教で

今日は、小教区の黙想会で、ミサも黙想指導の神父さんが司式をされました。わたくしがオルガン担当だったので、ミサ前に打ち合わせに香部屋へ行き、「神父さんお久しぶりです」とあいさつしたのですが、覚えていらっしゃいませんでした。ま、上智大学時代、1年か2年だけ、少しの科目で一緒だったから無理もありません。

で、ミサの説教の中で、神父さんが話されたことがちょっと気になりました。何かというと、過日黙想指導に行った、東京のある教会で、年配の婦人から、悩みを打ち明けられたとのこと。娘が癌になって、転移もして、手術をしなければならないのですが,,,,,,という内容でした。

即座に浮かんだのは、断糖と高濃度ビタミンC点滴のことです。日本ではほとんど知られていませんが、癌細胞の餌は、グルコース(ブドウ糖)。癌細胞があるかどうかを検査するPET検査は、癌のこの性質を利用しています。ですから、まず、断糖=糖質を摂らないようにして、癌細胞への餌の供給を極力減らします。

次に、グルコースと構造が似ているビタミンCの点滴をします。すると、餌に困っている癌細胞はビタミンCをグルコースと間違えて取りこみますが、癌細胞に取り込まれたビタミンCは、癌細胞の中で抗酸化作用を発揮して、癌細胞を死滅させてゆくのです。すでに、日本でもいくつかの医療機関でこの治療を行っており、この娘さんの癌にも有効なことが臨床で実証されています。

で、説教を聴きながら、ミサが終わったら話をしようかな、なんて考えていたのですが、わたくしも用事があり、つい、話しそびれてしまいました。いつか、こういう治療法があることをその方が知ればと思っています。

糖質オフの生活では、肥満や糖尿病、認知症以外、癌にも明らかな効果がみられるのですが、どうも、なかなか理解されないのが残念です。既成の概念にとらわれず、物事の本質を見極めて教会を刷新したのが第二バチカン公会議ですが、まったく違う分野のことでは、神父さんたちもなかなか、ついてゆけないのでしょうか。
[PR]

by omasico | 2016-02-21 17:32 | 健康  

教皇フランシスコ(パパ様)のことば (3)

教皇フランシスコは、今年5月に出された、使徒的勧告『福音の喜び』で、次のように述べています。
「『殺してはならない』というおきてが人間の生命の価値を保証するための明確な制限を設けるように、今日においては『排他性と格差のある経済を拒否せよ』とも言わなければなりません。この経済は人を殺します。路上生活に追い込まれた老人が凍死してもニュースにはならず、株式市場で二ポイントの下落があれば大きく報道されることなど、あってはならないのです。これが排他性なのです。飢えている人々がいるにもかかわらず食料が捨てられている状況を、わたしたちは許すことはできません。これが格差なのです。現代ではすべてのことが、強者が弱者を食い尽くすような競争社会と適者生存の原理のもとにあります。この結果として、人口の大部分が、仕事もなく、先の見通しも立たず、出口も見えない状態で、排除され、隅に追いやられるのです。そこでは、人間自身もまた使い捨てのできる商品同様に思われています。わたしたちは『廃棄』の文化をスタートさせ、それを奨励してさえいます。もはや単なる搾取や抑圧の現象ではない、新たなことが起きています。つまり、排他性は、わたしたちが生活する社会に帰属するという根幹の部分にまで達しているため、もはや社会の底辺へ、隅へ、権利の行使できないところへと追いやられるのではなく、社会の外へと追い出されてしまうのです。排除されるとは『搾取されること』ではなく、廃棄物、『余分なもの』とされることなのです。』(フランシスコ 『使徒的勧告 福音の喜び』 カトリック中央協議会 2014 56~57ページ)
この文書を読む限り、パパ様が警告する『廃棄の文化』は、ものばかりではなく、人に対しても行われているということです。今回は、パパ様のこの文書を提示するにとどめますが、これから、折を見て『廃棄の文化』について、考えてみたいと思っています。

[PR]

by omasico | 2014-09-07 14:59 | 全ブログ共通  

今日は共同祈願

今日は、何年振りかで共同祈願の担当になりました。付け焼刃で作った感があり、いい出来ではありませんが、よろしければ、参考にしてください。 ① 教皇フランシスコと心を一つにして祈ります。教会が昨日列福された、パウロ・イ・ジチュンと百二十三人の福者の模範に励まされ、信仰生活を深め、宣教活動を広めていくことができますように。 ② イラクで迫害されている兄弟姉妹のために祈ります。住むところを追われた人たちには、一日もやはい安住と信仰の自由が、祈りをうばわれた人々には、永遠の喜びが与えられますように。 ③ エボラ出血熱に苦しむ、西アフリカ諸国の人々に、国際的な救いの手が差しのべられ、この病気からの救いのために、あなたから与えられた知恵と知識が生かされますように。 ④ 「上田教会の祈り」を祈るわたしたちが、この祈りを真に自分のものとして、日々の信仰生活に生かし、歩んでいくことができますように。
[PR]

by omasico | 2014-08-17 08:33 | 祈り・聖歌  

教皇、フランシスコのことば(1)

聖ヨハネ・パウロ二世の宣言と共に、現教皇フランシスコの次のことばは、人類にとって、最も貴重な忠告となるはずです。

 「戦争をやめてください! もうやめてください! 私は特に子どもたちのことを思います。まともな人生や未来への希望を断たれ、死んでしまった子どもたち、傷を負った子どもたち、体を切断された子どもたち、親を失った子どもたち、戦争の不発弾をおもちゃにしている子どもたち、ほほ笑むことを知らない子どもたち。もうやめてください! 私は心の底から皆さんにお願いします。今こそ戦争をやめる時です!」
 「私たちは思い起こしましょう。戦争で全ては失われますが、平和で失われるものは何もないのです」

〈以上、「カトリック新聞」2014年8月10日号より〉

...

 戦争をする人、戦争に必要な武器を作る人たちは、きっと、≪何かのために≫戦争をし、武器を作るのだろう。
 しかし、戦争をやめ、平和を求める人は、《誰かのために》、戦争をやめようとし、平和を求めるのだと思う。


[PR]

by omasico | 2014-08-10 18:27 | 歴史と宗教  

主日~休日

 当別へ来て7日目の主日には、一日だけ、お休みを頂きました。とはいっても、起床や、日課はいつもどおり。ミサの司式は副院長様のP神父様で、ご要望で、オルガンを担当しました。三時課の後、荷物を持って、坂を下ります。最初の目的地は、当別教会。9時からのミサに間に合うように、教会に到着しました。
e0031331_17294266.jpg
 
 素性がばれないようにしていたのですが、目ざとく、一人の信徒の方に声をかけられ、主任司祭のB神父様の要望もあり、オルガンを弾くことになりました。B神父様も、のってこられ、祈願なども旋律をつけて歌われました。当別教会の方々は、さすがに、シトー会司牧の教会だけあって、歌唱ミサも手馴れたものです。とは言え、もっと練習をつめば、さらに祈りが深まると思いました。ミサの後は、信徒会館でお茶とお菓子をご馳走になり、神父さんや数名の信徒の方と歓談しました。

 11時過ぎ、大院長様の車で、函館へと向かいました。まずは、お昼。市街地に入る前に、回転寿司のお店でお昼とします。回転寿司とは言え、さすが、港町だけあって、ねたも新鮮なものが多く、廉価の回転寿司とは、一味も二味も違いました。
 
e0031331_17361260.jpg

 お昼の後は、湯の川の「天使園」こと、「天使の聖母修道院(トラピスチヌ)」へ向かいますが、時間があるので、通り道にある、宮前町教会に立ち寄りました。聖堂では、数名の信徒の方がおられましたが、予定表を見ると、主任司祭は、江差教会で15:00からミサを司式するためか、お留守でした。聖堂を拝見した後は、湯の川へ。最初は、売店に立ち寄りましたが、大院長様は顔なじみだけあって、話も、和やかです。ひととおり、売店を拝見した後、家族に、チョコレートをお土産に買いました。ちょうど、ホワイトデーと言うこともあったので。
 
e0031331_17414037.jpg

 売店を出ると、まもなく、九時課の始まる時間。大院長様につれられて、修道院に伺うと、すでに、用意が整えてあり、入り口横の一室に案内していただきました。程なく、こちらの院長様がお越しになり、あいさつもほどほどに、聖堂へと向かいました。こちらの祈りは、ゆっくりとした、落ち着いた雰囲気があります。男子の修道院と違って、だれでも入れるのではないので、貴重な体験をさせていただきました。

 そそくさと、湯の川を後にし、今度は、「旭ケ丘の家」という、老人福祉施設へと向かいました。ここは、パリ外国宣教会のフィリップ・グロード神父さんが始められた施設ですが、神父さんは、このところ体調がよろしくないようで、お目にかかることはできませんでした。
 旭ヶ丘の家を出て、函館の中心街へ向かう途中の、イタリアンレストランで、一息入れました。
ケーキ三つとドリンクバーのセットを二人でいただき、しばし、歓談、レストランからは、函館山が望まれました。
e0031331_1842569.jpg

函館の赤レンガ倉庫群へ行きました。ここで、大院長様が、「娘さんたちに、お土産を買われたらよいですよ。」と言うことで、いろいろな、店を物色。その間、大院長様は、製品をくまなくチェックしておられました。わたくしは、革製品のお店で、牛革の数字の書かれたキーホルダーを買いました。
 お土産を買って、一路、当別へ。帰り着くや否や、係の方から、「夕食ですよ」と言われました。
 
[PR]

by omasico | 2010-03-31 18:07 | 祈り・聖歌  

聞いたこと・見たこと

e0031331_17172835.jpg

 先日の神学院での食事は、新潟教区の助祭さんが、同じ食卓でした。モデラトールの神父さんのブログについての質問から、新潟の菊地司教様のブログ(司教の日記)の話になり、そこから「新潟教区殉教者特別年開幕ミサ」の話題になりました。助祭さんは、司教さんが歌ミサをしたかったのだけれど、Y教会の信者さんたちは、やったことがなかったので、残念ながらできず、来年のミサまでには、できるようにしておいてほしいと、書いています、と、言っていました。
 というわけで、早速、菊地司教様のブログと、教会のホームページを拝見してみました。菊地司教様のブログには、次のように書かれております。「来年のミサでは、司祭と会衆のやりとりの部分も歌いますから、練習しておいてくださいね。せっかくのお祝いなので、臨時でも地区で聖歌隊を編成しても良いかもしれませんね。お考え下さい。」Y教会のほうは、まだ、司教さんのブログを見ていないのか?どうか、何も、この件については何も書かれておりませんでした。
 とはいっても、「歌唱ミサ」の練習も、ただ歌えばいいというわけではありませんし、基本的には、ミサの祈りそのものに他なりませんからね。歌うことよりも、どのように、祈りを深めてゆくかが問題です。Y教会の信徒数を、助祭さんに伺ったところ、「普段のミサは30人くらいだそうです。」とのことで、もしかしたら、Y教会の皆さんは、「この人数では、とても無理」と思っていらっしゃるかもしれません。それを考えてか、司教様も「臨時でも地区で聖歌隊を編成しても良いかもしれませんね。」と、書いておられましたが、わたくしの経験から言えば、20人の方が、きちんと準備すれば、「歌唱ミサ」は決して、不可能ではありません。あとは皆さんのやる気次第ですね。とは言え、準備するにしても、Y教会だけでは、もったいないですし、せっかくの教区の記念行事ですから、近隣の小教区の方々も協力して、祈りが深まる「歌唱ミサ」が準備できればいいですね。
 それにしても、今回の、菊地司教様のおっしゃった「司祭と会衆のやりとりの部分も歌いますから、練習しておいてくださいね。」は、Y教会だけではなく、教区全体の小教区の皆さんへのメッセージではないかと思うのはわたくしだけでしょうか?
 ちなみに、来年のミサの時には、神学院で学んでいる助祭さんも、司祭として参加されると思います。助祭さんも、司祭になって、司教様と一緒に、奉献文をしっかりと歌えるように、わたくしも、助祭コースの歌唱ミサの準備を、しっかりとやりたいと思います。もちろん、あの一言は決して言いませんので、ご安心を!!
[PR]

by omasico | 2008-05-15 18:34 | 祈り・聖歌  

「典礼聖歌アンサンブル」10周年記念演奏会

 
e0031331_18505753.jpg

 20日は、東京に日帰りで行ってきました。写真のプログラムにもあるように、渋谷で、「典礼聖歌アンサンブル」の10周年記念演奏会があったからです。CD作りでは、解説を書いたり、細かいアドバイスをしたりしておりますので、聴きに行かないわけにはゆきません。
 すでに、3月には、CDの録音もしている、日本基督教団豊中教会で、大阪での演奏会があり、そのときの録音を聞いていて、指揮者のUさんには、直したほうがよいところを、申し上げておきましたので、それに比べるとかなりよいできでした。もちろん、詩編をはじめ、先唱者一人ひとりの細かいことを上げればいろいろと出てきますが、それ以上に、大阪での経験を踏まえて、東京の演奏会は、すばらしい出来だったと思います。
 第一ステージは、復活節にちなんだミサの構成でしたが、聞いていて、前後のミサの流れがはっきりと体で感じられました。「栄光の賛歌」や「いつくしみと愛」の後には、自分がオルガンのところで、司祭にFを出すような錯覚さえ起こりましたし、「感謝の賛歌」の後は、司祭の奉献文が頭をよぎり、「平和の賛歌」の後では、拝領前の信仰告白さえ唱えそうになり、まさに、ミサに参加しているようにさえ思えました。 
 これは、第四ステージでも同じで、答唱詩編のものは、たとえば、自分が侍者をしていて、一緒に歌っているようで、自然に口ずさんだり、「愛の賛歌」は、自分の結婚式で署名をしている用に思えましたし、アンコールの「平和の祈り」では、特に「なぐさめられるよりも~」で、身近にいてやはり、一番、慰めたり、理解したり、愛したりしているつもりで、実はできていないのではないかと思う、家内や娘たちの課をが走馬灯のように浮かんできました。
打ち上げの時、TR女史は「『典礼聖歌』を歌う合唱団は、たくさんあるけれども、やはり、正統派です。」とおっしゃっていましたが、わたくしが言いたいのは、「『典礼聖歌』を歌う合唱団はたくさんあるけれども典礼聖歌アンサンブルは、典礼をわかって『典礼聖歌』を歌っている
」ということです。それは、第一ステージの感想で述べたことで分かると思います。
 『典礼聖歌』は、その名の通り「典礼」あっての「聖歌」です。その、「典礼」がわかって歌っていなければ、たとえ、聴衆の中の、たったの一人であったとしても、栄光の賛歌の後に集会祈願が浮かんだり、あるいは、感謝の賛歌の後に、奉献文の司祭の動きが現れたりするはずがありません。『典礼聖歌』は決して「典礼」抜きには語れない、歌えない、祈れないものだとあらためて感じた次第です。
 というわけで、大変、すばらしい演奏会でした。皆さん本当にご苦労様でした。
 しかし、その後の、某教会でのミサが、なんともいけませんでした。
 
[PR]

by omasico | 2008-04-21 19:06 | 音楽・オルガン  

濱尾文郎枢機卿帰天

皆様、すでに、ご存知のことと思いますが、前横浜教区長で枢機卿の、濱尾文郎司教が8日帰天されました。M
 わたくしも、入門式を司式していただいたりして、大変、お世話になりました。今は、神の前で、大いなる喜びのうちに、過ごされていると思います。
[PR]

by omasico | 2007-11-10 18:20 | 交友・親類  

今わたしがほしいのは

  タイトルは、誰かの合唱曲のようなタイトルですが、合唱の話しではなく、しばらく続いていたオルガンの話です。さて、オルガンのお披露目演奏無事、終了しました。できばえは?が、一番興味あるところだと思いますが、
J.S.Bach Fuga g-moll
 こちらは、特に問題なく、演奏し終わりました。
小さなひとびとの
旋律を、カリヨンで、「貧しい人が~」からは、Swell の Gambe + Voix Celeste で弾きました。これがけっこう、高評だったようです。
そして、フィナーレの
L.Boellmann Suite Gothique Toccata
 これが一番の曲者で、何箇所か、致命的なミスをしてしまいました。でも、聴いてくださっていた方々には、それほど気にならなかったようで、むしろ、迫力に圧倒された!!という感想がほとんどでした。
 さて、これで、一応は終わりになりましたが、今のところ、もうたくさんということもなく、むしろ、これからもっとレパートリーを増やしたいと、意欲満々です。
 L.Boellmann Suite Gothique も、残りの3曲を仕上げたいですし、J.S.Bachは、Prelude&Fuga や Sonata(トリオ・ソナタ)なども、全曲挑戦したいですね。最も、どこまでものになるのかな?という声も聞こえてきそうですが。
 で、オルガンのお披露目演奏が終わって、何が一番したい?ほしいですか?と聞かれたら、もちろん、自分の家にオルガン というのは恒常的な願いであるかもしれませんので、おいておいて、とにかく、
今わたしがほしいのは
休み!なぜかって言うと、この一ヶ月、コンビニのお休みがないんです。連休続きで忙しく、代わりの人員がいないので、どうしても、出勤しなければならなかったので。とにかく、明るくなるまで、ゆっくり寝たいです。
 
[PR]

by omasico | 2007-10-09 17:45 | omasicoプライベート