タグ:オルガン ( 6 ) タグの人気記事

 

オルガン

 去年、当別に個人黙想に行った、助祭のM神学生から、「オルガンのない時課もあるんですよ。」と聞かされて、少し、ショックを受けていました。実際、三時課と九時課は、オルガンなしで唱和していましたので、大院長さんに「わたくしがオルガンを弾いてもよろしいですか?」と申し出ると、「ぜひお願いします。」とのことで、水曜日の、三時課から、オルガンを弾くことになりました。
 
 三時課と九時課は、いわゆる「昼の祈り」で、唱和も章句も簡素なものです。所属、小教区の聖歌練習の後の、「昼の祈り」でも、伴奏をしているので、ここのところは、よいのですが、当別、固有の賛歌と連願、聖母の交唱に、慣れるまで、時間がかかりました。

 二つの時課に加えて、オルガンを弾いている、修道士のIさんとGさんの要望もあって、金曜日、大院長様司式のミサ、主日の副院長様司式のミサのときにも、オルガンを担当しました。特に、Iさんは、オルガンのそばの席に座って、熱心に、伴奏の様子、ストップの使い方をメモしていらっしゃいました。主日の副院長様司式のミサでは、記念唱はⅡ、すなわち、会衆の応唱が「主の死を仰ぎ、復活をたたえ、告げ知らせよう~」を使ったので、一瞬、オッ!! とは言え、ミサの式次第の伴奏譜には、Ⅱも載せてあるので、あわてることなく伴奏をつけます。後で、どなたかから「言ってませんでしたね。主日の記念唱はⅡを使うんですよ。」と教えていただきました。
 ミサの時、一番、困ったのは、タイミングです。朝の祈りが終わり、司祭だけ、聖堂の外に備え付けられたクローゼットから祭服を出してきると、入祭の歌を始めるのですが、オルガンのところからは、司祭団が見えません。Iさんに教えてもらって、前奏開始。その後も、司祭への音出しや、答唱詩編、詠唱のタイミングなど、いつもの小教区の場合と異なることから、今ひとつしっくり、来なかったところもありました。最初の司式の大院長様も、ときどき、戸惑われた様子でした。次回からは、大体のタイミングもつかめましたので、あわてないで、奉仕できると思います。

 午前中のフリーの時間、三回ほど、オルガンを弾かせていただきました。ルクセンブルク製のオルガンも、湿気のせいで、♯♭鍵盤の象牙がはげていたり、副院長様の話だと、普段、決まったストップしか使っていないので、埃も溜まっているかもしれない、とのことで、「どんどん、弾いてください」とはっぱをかけられました。時間の関係で、ミサで弾く曲、時課の賛歌や交唱が主でしたが、もっていった、バッハのトリオソナタなどの曲も、練習できました。

 かなり、ぼこぼこのところもあるオルガンですが、やはり、残響もあり、何よりも、ホールのオルガンと違って、毎日、使っているので、音がなじんでいます。このオルガンを毎日弾けるなら、当別に移住してもいいかな?なんて、考えてしまいました。
[PR]

by omasico | 2010-03-26 19:17 | 祈り・聖歌  

オルガン関係、今年の抱負

 
e0031331_6443080.jpg
一年の計は元旦にあり と、言ったり、今年はどんな年にしたい? と、きかれることもありますが、ま、どんな年になるか、するかは、神様が決めることなので、わたくしたちが、こうしたい、ああしたい、と考えても、必ずしもそのとおりになるものではありません。とにかく、♪ 神のみ旨を行うことは ですね。
 さて、おそくなりましたが、今年もよろしくお願いいたします去年は、このブログも、サボりにサボってしまったので、せめて、月に一回程度は、長文にチャレンジしてゆきたいと思います。まず、これが、今年の抱負の一つになりますね。
 他には、オルガン関係が二つほど。一つは、数年来、書き続けてきた、『典礼聖歌』の運指&ペダリング。基本的に歌う聖歌のほとんどは、できているのですが、まだ、詩編唱の部分の運指ができていないので、これを、仕上げたいと思っています。もちろん、こういうことは、一朝一夕に決められることではないので、毎回、これでよいか? と、問いながら、よりよいものを探してゆきたいと思っています。
 もう一つは、バッハのトリオソナタを、全6曲、せめて、間違いない程度に弾けるようになること。本当は、プレリュード&フーガ etc. にも手を付けたいのですが、なかなか、うまく行きません。もちろん、トリオソナタは、かなりの難曲ですが、それなりに、得るところも大きく、上に書いた、『典礼聖歌』の運指&ペダリングを考えるのに、かなりの参考になります。ちなみに、わたくしの使っている楽譜は、デュプレ版です。去年、行った オルガンのお披露目演奏で、やはり、演奏できるレパートリーがあるのは、よいことだと思った次第からです。ちなみに、バッハ以外の作曲家、特に、ロマン派から20世紀ものも、少しは増やしてゆきたいと思います。
 とは言え、朝のコンビニの仕事もありますし、週に1・2日は「和紙の里」も頼まれているので、そうそう、時間が取れないのが実際のところです。
 
 今年も、この、ブログ以外の、
 『今日の聖歌』
 「さえずり」
 もよろしくお願いします。
[PR]

by omasico | 2008-01-03 06:49 | omasicoプライベート  

今わたしがほしいのは

  タイトルは、誰かの合唱曲のようなタイトルですが、合唱の話しではなく、しばらく続いていたオルガンの話です。さて、オルガンのお披露目演奏無事、終了しました。できばえは?が、一番興味あるところだと思いますが、
J.S.Bach Fuga g-moll
 こちらは、特に問題なく、演奏し終わりました。
小さなひとびとの
旋律を、カリヨンで、「貧しい人が~」からは、Swell の Gambe + Voix Celeste で弾きました。これがけっこう、高評だったようです。
そして、フィナーレの
L.Boellmann Suite Gothique Toccata
 これが一番の曲者で、何箇所か、致命的なミスをしてしまいました。でも、聴いてくださっていた方々には、それほど気にならなかったようで、むしろ、迫力に圧倒された!!という感想がほとんどでした。
 さて、これで、一応は終わりになりましたが、今のところ、もうたくさんということもなく、むしろ、これからもっとレパートリーを増やしたいと、意欲満々です。
 L.Boellmann Suite Gothique も、残りの3曲を仕上げたいですし、J.S.Bachは、Prelude&Fuga や Sonata(トリオ・ソナタ)なども、全曲挑戦したいですね。最も、どこまでものになるのかな?という声も聞こえてきそうですが。
 で、オルガンのお披露目演奏が終わって、何が一番したい?ほしいですか?と聞かれたら、もちろん、自分の家にオルガン というのは恒常的な願いであるかもしれませんので、おいておいて、とにかく、
今わたしがほしいのは
休み!なぜかって言うと、この一ヶ月、コンビニのお休みがないんです。連休続きで忙しく、代わりの人員がいないので、どうしても、出勤しなければならなかったので。とにかく、明るくなるまで、ゆっくり寝たいです。
 
[PR]

by omasico | 2007-10-09 17:45 | omasicoプライベート  

祝別とお披露目演奏

e0031331_17415388.jpg

 このところ、オルガンねたばっかりになっていますが、今回もまた、です。前回、祝別とお披露目のお知らせをしましたが、ようやく、詳細が決まりました。
 まず、祝別はミサの拝領祈願の後に、行うことになりました。
 お披露目は、ミサのあと、30分ほど、わたくしともうひとりのオルガニストで、4曲程度の曲を演奏し、わたくしが、少し説明を加えます。ちなみに、わたくしは、前にも書いたように、
  1. J.S.Bach Fuga g-moll BWV578
  2. Leon Boellmann Toccata Op.25-4
 の二曲をやることにしました。Bach の曲だと、ペダルなしですが、Chral Partita ”O Gott,du frommer Gott” BWV767 が、音色の変化が面白いですし、Passacaglia und Fuga c-moll Bwv582 も、いいのですが、今のところ、間に合いません。特に、Pssacaglia はかなり、弾いていないので。こういうときに、レパートリーの少なさが災いしますね。これから、すこしづつ、レパートリーも増やしてゆきたいと思います。

 ちなみに、ミサは11時からです。お披露目演奏だけではなく、ミサにも参加してください。
 
[PR]

by omasico | 2007-09-23 17:59 | 音楽・オルガン  

デジタルオルガン、お披露目演奏

e0031331_17512656.jpg

 7月後半から、二つの副業が忙しく、あちこちのブログの更新が、滞っていましたが、ようやく、余裕ができてきました。さて、7月中旬に入った、デジタルオルガンですが、いやいや、なかなかいい音がします。特に、ペダルの微妙なずれは、本当に、ペダルを弾いているようです。
 さて、入って、一ヶ月が過ぎたデジタルオルガンですが、ミサの伴奏では、ほとんど決まったストップしか使いません。「栄光の賛歌」「感謝の賛歌」では、思い切り、プリンチパルアンサンブルにしますが、ほとんどは、フルート系のものが中心です。ですから、ミサの伴奏だけでは、この、大オルガン宝の持ち腐れと言っても過言ではありません。
 と言うわけで、神父さんが、せっかくだから、いろんな音を聞いてもらいましょう、と言ったからかどうかは知りませんが、わたくしと、もうひとりのオルガニストに、お披露目演奏をするようにとの、教会委員会の決定が下りました。ま、言うほうは、簡単に言うのですが、何しろ、満足な練習時間が取れていなかったので、何を弾こうか、どう仕上げようか、ほとほと困ってしまっています。
 それでも、二つ目の副業のほうが、一段楽したので、週に二回程度は、練習ができそうなので、いくつかの曲をピックアップしているところです。ただ、学生時代にサボっていたことがたたり、レパートリーにフランスもの、現代ものがほとんどないのを、いまさらながら後悔しています。
 もう一つ困るのは、やはり、オルガン曲は、どちらかと言うとマイナーなほうなので、皆さんが知っている曲というと、BACHのg-mollのフーガかd-mollのトッカータ&フーガ、シュープラーコラールの「目を覚ませと呼ぶ声が聞こえ」くらいで、同じくBACHでも、それ以外となると、あまり、知らないのと思いますし、ロマン派や現代ものは、ほとんど、なじみがないと思います。
 とは言え、BACHのおなじみの曲だけではつまらないので、とりあえず、弾けるところで、L.BOELLMANN でも、やろうかと練習に入りました。
 でも、実際にどうなることやら。神父さんは、気楽に考えてください、といっていますが、やはり、こだわりがありますのでね。
 日程が定まったら、また、お知らせします。
[PR]

by omasico | 2007-08-24 18:08 | 音楽・オルガン  

♪ 地獄の降誕祭終了 ♪

主の降誕の祭日
もようやく終わりです。この、2日間
  1. 待降節第4主日
  2. 主の降誕・夜半のミサ
  3. 主の降誕・日中のミサ
の三回のミサすべてで、オルガンを弾きました。一番の曲者は、主の降誕・夜半のミサで、ちょうど、第4日曜日の夕方になったため、普段、この時間にミサが行われるポルトガル語のミサと合同で行うことになりました。それなら、ミサの式次第も、聖歌も、ほとんどをあちらにお任せして、日本語では答唱詩編アレルヤ唱、加えるならミサ賛歌位で、と思ったのですが、前日になって、奉納の歌以外も全部弾け!と言うことになり、おまけに、どうするかは、そのときになって、あちらの神父さんと相談しますと言う、うちの神父さんの、いつもの、気まぐれで、
ミサが始まるまで、何がどう進んでゆくか、全く分からない状況
で、オルガンの前に座りました。
 それでも、6年付き合っている神父さんですから、こちらも状況判断は、かなり正確で、全く習ったことのないポルトガル語も、ラテン語を少し勉強したことにも助けられ、ポルトガル語の式次第片手に、何とか、進めてゆくことが出来ました。
 滞日信徒司牧の窓口になっているかたからは、うまく、流れに乗っていて、よかったって、何人かの方から言われたわよと、うれしいことばをいただきました。ま、そのためのオルガンですし、神学の勉強をしたのですし、6年間、神父さんと付き合った来たのですから。
 
 それよりも、今日のミサの方が「共同祈願」の時こちらを使いますからと言ったプリントを、皆さん見ておらず、3回目になって、ようやく答唱句がまともになったのには、正直、あきれました。ほとんどの人が、初めてでもないのですからね~。わたくしも、それ以降、どうも、オルガンの調子が今ひとつになってしまいました。

 ま、ともかく、地獄の主の降誕の祭日もようやく、過ぎ去りました。でも、まだまだ、これから、いろいろ面倒なことが待っているんですよ。それでも、明晩あたりは少し、美酒を堪能しようかな?
[PR]

by omasico | 2006-12-25 17:21 | 祈り・聖歌