<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

主日~休日

 当別へ来て7日目の主日には、一日だけ、お休みを頂きました。とはいっても、起床や、日課はいつもどおり。ミサの司式は副院長様のP神父様で、ご要望で、オルガンを担当しました。三時課の後、荷物を持って、坂を下ります。最初の目的地は、当別教会。9時からのミサに間に合うように、教会に到着しました。
e0031331_17294266.jpg
 
 素性がばれないようにしていたのですが、目ざとく、一人の信徒の方に声をかけられ、主任司祭のB神父様の要望もあり、オルガンを弾くことになりました。B神父様も、のってこられ、祈願なども旋律をつけて歌われました。当別教会の方々は、さすがに、シトー会司牧の教会だけあって、歌唱ミサも手馴れたものです。とは言え、もっと練習をつめば、さらに祈りが深まると思いました。ミサの後は、信徒会館でお茶とお菓子をご馳走になり、神父さんや数名の信徒の方と歓談しました。

 11時過ぎ、大院長様の車で、函館へと向かいました。まずは、お昼。市街地に入る前に、回転寿司のお店でお昼とします。回転寿司とは言え、さすが、港町だけあって、ねたも新鮮なものが多く、廉価の回転寿司とは、一味も二味も違いました。
 
e0031331_17361260.jpg

 お昼の後は、湯の川の「天使園」こと、「天使の聖母修道院(トラピスチヌ)」へ向かいますが、時間があるので、通り道にある、宮前町教会に立ち寄りました。聖堂では、数名の信徒の方がおられましたが、予定表を見ると、主任司祭は、江差教会で15:00からミサを司式するためか、お留守でした。聖堂を拝見した後は、湯の川へ。最初は、売店に立ち寄りましたが、大院長様は顔なじみだけあって、話も、和やかです。ひととおり、売店を拝見した後、家族に、チョコレートをお土産に買いました。ちょうど、ホワイトデーと言うこともあったので。
 
e0031331_17414037.jpg

 売店を出ると、まもなく、九時課の始まる時間。大院長様につれられて、修道院に伺うと、すでに、用意が整えてあり、入り口横の一室に案内していただきました。程なく、こちらの院長様がお越しになり、あいさつもほどほどに、聖堂へと向かいました。こちらの祈りは、ゆっくりとした、落ち着いた雰囲気があります。男子の修道院と違って、だれでも入れるのではないので、貴重な体験をさせていただきました。

 そそくさと、湯の川を後にし、今度は、「旭ケ丘の家」という、老人福祉施設へと向かいました。ここは、パリ外国宣教会のフィリップ・グロード神父さんが始められた施設ですが、神父さんは、このところ体調がよろしくないようで、お目にかかることはできませんでした。
 旭ヶ丘の家を出て、函館の中心街へ向かう途中の、イタリアンレストランで、一息入れました。
ケーキ三つとドリンクバーのセットを二人でいただき、しばし、歓談、レストランからは、函館山が望まれました。
e0031331_1842569.jpg

函館の赤レンガ倉庫群へ行きました。ここで、大院長様が、「娘さんたちに、お土産を買われたらよいですよ。」と言うことで、いろいろな、店を物色。その間、大院長様は、製品をくまなくチェックしておられました。わたくしは、革製品のお店で、牛革の数字の書かれたキーホルダーを買いました。
 お土産を買って、一路、当別へ。帰り着くや否や、係の方から、「夕食ですよ」と言われました。
 
[PR]

by omasico | 2010-03-31 18:07 | 祈り・聖歌  

散歩

 毎日、天候が悪く、雪の日が多かったのですが、少しだけ、小止みになり、雪というより、小雨程度の一日がありましがので、渡島当別の駅まで散策をしました。客舎の入り口においてある、かさをお借りして、いざ出発。とは言え、どこをどう通っていけばわかりません。とりあえず、入り口にあった、地図を思い出し、歩き始めました。
 客舎の近くから、下のほうに降りる道がありますが、雪で閉ざされていて通れません。J神学生が、「裏を通って帰ります。」と言っていたのを思い出し、修道院の塀伝いに、ぐるりと回り、信徒のお墓の入り口、工場の出入り口を過ぎ、明治31年に建てられた牛舎を横目に見ながら、受付にたどり着きます。どなたかいるのかな?と除きますが、ストーブはついているものの、人の気配はなし。ここからは、海を眺めることができ、坂を一気に下り、直営売店にたどり着きました。
e0031331_17254634.jpg

 売店のすぐ下には、札幌教区当別小教区があります。ここは、世界でも唯一つ、厳律シトー会が司牧を担当する小教区です。もともとは、札幌教区の司祭がいたのですが、故あって、引き上げなければならず、それ以来、灯台の聖母大修道院から、B神父さんがミサを司式しに来ていらっしゃいます。

 売店で、売っているものをいろいろ拝見しましたが、ここでしか手に入らないのが、「バター飴」の「サンSUN」というもの。しっかりと煮詰めてあり、色も、キャラメルに近い色で、味も濃厚です。
e0031331_17294332.jpg

 売店の横から、人だけが通れる道があるので、そこを下ります。下りきると、人家があり、間を抜けてゆくと「男爵いも」で有名な川田男爵が解説した「男爵資料館」がありました。川田男爵は、92歳で、当別教会において、当時の大修道院長から洗礼を受けておられます。

 男爵資料館の近くから、江差線をくぐる地下道を通り、渡島当別の駅前に出ます。渡島当別の駅舎は、郵便局になっており、駅に郵便局が間借りしていると言うより、郵便局の通路を通って、列車に乗ると言う感じです。
e0031331_1736443.jpg

 駅舎というか、局舎は、灯台の聖母大修道院をイメージしたもので、ちょっと、見間違いそうです。郵便局で、切手を買い、さて駅は?とみてみると、出札窓口はおろか、券売機はもちろん、改札もなく、ただ、ホームへの通路に引き戸があるだけでした。委託業務で、入場券くらいは発行しているかと思ったのですが、徹底した合理化です。

 駅前にある、唯一のお店の自動販売機で、コーラとサイダーを買い、バッグにあった、風呂敷に包んで、いざ、修道院へ戻ります。帰りは、道を変えて、国道沿いを歩いた後、踏切を渡って、坂を昇ります。国道のすぐそばが海で、向こうには、函館山も見ることができました。
e0031331_1741626.jpg

 帰り道は、修道院の正面に登る道で、途中には、もともと修道院の敷地だったところに、北斗市立石別中学校があります。その先が、有名な並木道ですが、左右の牧草地も一面の雪。並木も葉が落ちており、写真でみるものとは、まったくイメージが違いました。並木道を昇りきると、当別教会、売店に戻ります。出かけるときは、だれもいなかった売店も、駐車場には、数台の車が停まっていて、買い物をする人、見学をする人の姿も見られました。

 そこからは、来た道を戻り、客舎についたのは、11時近く。寒いので厚着をしていったのですが、帰ったときは汗びっしょりとなり、シャワーを浴びていると「お食事ですよ」という、係の女声の声が聞こえてきました。1時間半ほどの、散歩でしたが、晴れていればもっと、いろいろ発見があったように思います。
[PR]

by omasico | 2010-03-30 17:46 | 祈り・聖歌  

日課

 記事が、相前後しますが、当別に来てからの日課をご紹介します。

 朝、3時30分、修道者の皆さんと同じ時間に起床。10分で着替え、洗顔を済ませ、聖堂に向かいます。聖堂までは、歩いて30秒。3時45分に最初の時課である「読書」が始まります。当別の場合は、最初に当該日の唱和と唱句のあと、まず、聖書朗読。続いて、二週間ずれての唱和と唱句があり、『毎日の読書』から、その日の朗読が行われます。
 修道者の皆さんは、その後、黙想ですが、わたしは、しばし、フリータイム。日によって、読書をしたり、一眠りしたり、まちまちでした。

 5時45分から、「朝の祈り」、引き続き、ミサ。ミサが始まる前には、夜が白々と明け始めます。季節によっては、窓から、日の光が差し込むのでしょう。感謝の典礼に入ると、内陣で、修道者の方々と一緒に、祭壇を囲むように招かれました。

 ミサが終わる7時15分には、小食堂で朝食の用意がととのっています。と言っても、パンと牛乳、ヨーグルト、ジャム、バター。コーヒーはインスタントコーヒーを自分でいれます。これには理由があります。この時間まで、修道者の方々は、時課の典礼、ミサ、黙想と、厨房に入る暇がありません。ですから、修道者の方々も、朝は、このような質素な食事をなさっているのです。それでも、出されるものはすべて自家製。特に、牛乳は、クリームが浮いている濃厚なものです。

 朝食の後、しばらく、休憩をして、8時から三時課。その後、8時20分から、集会室で朝の講和。内容は、主に、神学院の授業から、こちらの修道院の典礼に関連したことをお話ししました。

 9時から、修道者の方々は、それぞれの作業やお仕事があります。わたくしは、午前中は、フリータイム。前にも書いたように、オルガンの練習をしたり、読書をしたり、はがきを書いたり、一日は、渡島当別の駅まで歩いて往復しました。滞在していた期間、ほとんど、天候に恵まれず、雪の日が多かったので、散歩がほとんどできなかったのは、残念でした。
e0031331_19404548.jpg


 11時15分、かなり、早い昼食の後、13時10分の九時課が終わると、個人練習を16時30分まで、こなします。一人、20分で、途中、10分の休憩を二回挟みました。個人練習の時間も、修道者の皆さんは、作業やお仕事の時間で、それぞれに作業をやりくりして、参加してくださいました。

 個人練習が終わると夕食までの間に、入浴を済ませ、夕食となります。自宅にいるときには、ここで、一杯やるのですが、まだ、この後、練習と二つの時課が待っているので、飲むわけにはいきません。18時40分から、いよいよ、全体の練習です。といっても、約30分なので、こちらとしては、かなり、窮屈なのですが、普段の日課の合間を縫ってのことですから、修道者の皆さんには大変だったと思います。それでも、皆さん、熱心に練習されました。もちろん、すぐに結果が出るわけではありませんが、いくつかの、進展がみられるようになったのは、うれしい限りです。

 練習の後は、待っていたように、「晩の祈り」、続いて「寝る前の祈り」。「寝る前の祈り」が終わると、暗闇に照らし出された聖母子像に向かって、全員が立ち、一日の最後の交唱、Salve Regina を歌います。旋律は、シトー会独特のもので、四線譜が、案内のパンフレットにも載っています。こうして、当別の一日が終わり、部屋へ戻って、喉を潤すと、後は、安らかな休息につくのでした。
[PR]

by omasico | 2010-03-26 19:51 | 祈り・聖歌  

オルガン

 去年、当別に個人黙想に行った、助祭のM神学生から、「オルガンのない時課もあるんですよ。」と聞かされて、少し、ショックを受けていました。実際、三時課と九時課は、オルガンなしで唱和していましたので、大院長さんに「わたくしがオルガンを弾いてもよろしいですか?」と申し出ると、「ぜひお願いします。」とのことで、水曜日の、三時課から、オルガンを弾くことになりました。
 
 三時課と九時課は、いわゆる「昼の祈り」で、唱和も章句も簡素なものです。所属、小教区の聖歌練習の後の、「昼の祈り」でも、伴奏をしているので、ここのところは、よいのですが、当別、固有の賛歌と連願、聖母の交唱に、慣れるまで、時間がかかりました。

 二つの時課に加えて、オルガンを弾いている、修道士のIさんとGさんの要望もあって、金曜日、大院長様司式のミサ、主日の副院長様司式のミサのときにも、オルガンを担当しました。特に、Iさんは、オルガンのそばの席に座って、熱心に、伴奏の様子、ストップの使い方をメモしていらっしゃいました。主日の副院長様司式のミサでは、記念唱はⅡ、すなわち、会衆の応唱が「主の死を仰ぎ、復活をたたえ、告げ知らせよう~」を使ったので、一瞬、オッ!! とは言え、ミサの式次第の伴奏譜には、Ⅱも載せてあるので、あわてることなく伴奏をつけます。後で、どなたかから「言ってませんでしたね。主日の記念唱はⅡを使うんですよ。」と教えていただきました。
 ミサの時、一番、困ったのは、タイミングです。朝の祈りが終わり、司祭だけ、聖堂の外に備え付けられたクローゼットから祭服を出してきると、入祭の歌を始めるのですが、オルガンのところからは、司祭団が見えません。Iさんに教えてもらって、前奏開始。その後も、司祭への音出しや、答唱詩編、詠唱のタイミングなど、いつもの小教区の場合と異なることから、今ひとつしっくり、来なかったところもありました。最初の司式の大院長様も、ときどき、戸惑われた様子でした。次回からは、大体のタイミングもつかめましたので、あわてないで、奉仕できると思います。

 午前中のフリーの時間、三回ほど、オルガンを弾かせていただきました。ルクセンブルク製のオルガンも、湿気のせいで、♯♭鍵盤の象牙がはげていたり、副院長様の話だと、普段、決まったストップしか使っていないので、埃も溜まっているかもしれない、とのことで、「どんどん、弾いてください」とはっぱをかけられました。時間の関係で、ミサで弾く曲、時課の賛歌や交唱が主でしたが、もっていった、バッハのトリオソナタなどの曲も、練習できました。

 かなり、ぼこぼこのところもあるオルガンですが、やはり、残響もあり、何よりも、ホールのオルガンと違って、毎日、使っているので、音がなじんでいます。このオルガンを毎日弾けるなら、当別に移住してもいいかな?なんて、考えてしまいました。
[PR]

by omasico | 2010-03-26 19:17 | 祈り・聖歌  

始動

 当別に来て、最初の行事?は、夕食でした。
 「食事は、修道者の方々と同じで結構です。」とお願いしていたのですが、出てきた食事は、「大食漢で大酒のみ」だけがキリストと同じ、わたくしでも、十分に過ぎるものでした。さすがに、残すのは忍びなかったので、食べられそうもないものは、手をつけないでおきました。修道院としては、やはり、「お客様」、「先生」ですし、加えて、四旬節ですので、下にもおかないもてなしを!と言うことだったのでしょう。
e0031331_16404511.jpg
 

 さて、食事の後は、いよいよ、晩の祈りですが、その前に、「先生!」という元気な声が廊下でしました。札幌教区のJ神学生が、当別に来ていたことは、東京でS神父さんから伺っていましたが、彼のほうから、尋ねてきてくれました。話しによると、水曜日までの滞在で、普段は、修道者の方と一緒に寝起きし、午後は、ともに作業もしているとのことでした。

 J神学生も、時課の典礼は、一般席で参加しているので、わからないところを教えてくれました。灯台の聖母大修道院は、司教の行政干渉を受けない、免属修道院なので、時課の典礼の賛歌などは、独自のものを使うことが認められています。賛歌は季節や年間に分けられて、時課ごとに歌うものが決められていました。

 晩のいのりに続いて、寝る前の祈りが行われ、最後は、シトー会オリジナルの Salve Regina が歌われます。その後、修道者の皆さんは、大院長様から、聖水による祝福を受けて、それぞれの部屋に向かいます。J神学生も自室に戻り、わたくしも、部屋に戻りましたが、これから、どのように練習するかを、思案しなければなりませんでした。
[PR]

by omasico | 2010-03-25 16:43 | 祈り・聖歌  

出発!!

 3月8日、前日、宿泊した神学院の東京キャンパスを出て、東京駅から、「はやて15号」の乗客となりました。
大宮を過ぎた頃、東京駅の近くのセブンイレブンで買った、お弁当で昼食。そういえば、店員さんが、みんな、日本国籍の人ではなかったような。さっさと、食べ終わりましたが、やや、手持ち無沙汰でした。
 それほど、スピードが出ていないようで、これで、定時に着くのかと思っていましたが、定刻に、仙台、盛岡と到着。盛岡で「こまち15号」を先にやった後、一路、八戸へ。前回「やはて」に乗ったときは、まだ、盛岡までだったので、この区間は、初乗車です。
 いつも、「あさま」に乗るときは、下りの場合、1番のE席をとるのですが、今回は、乗車時間が3時間あまりあるので、出入りしやすいように、1番のD席(今回は5号車)としました。もっとも、盛岡を過ぎると、車内の閑散として、窓際も空席。盛岡の少し先では、団地の向こうに、岩手山を望むこともできました。
e0031331_1726434.jpg

 さて、「はやて15号」は、岩手沼宮内、二戸、と停車して、八戸へ。ここで「白鳥15号」に乗り換えです。「白鳥15号」はJR東の車両。
e0031331_1833732.jpg

 青森から逆編成になるので、4号車13番を指定。これが、後で、功を奏します。
 三沢、野辺地、浅虫温泉、と停車しますが、わが、4号車は乗客の変動はなし。青森で、逆編成になった列車は、次の信号所で交換のための、運転停車。八戸では、快晴だった空も、いつしか、どんよりとして、今にも雪が降り出しそうです。交換の「スーパー白鳥26号」が通ると、すぐに発車。高速運転のネックとなっている、津軽線を、ジョイント音を「カタン、カタン」と響かせながら走ります。
 次の蟹田では、乗務員が交替。JR北海道の受け持ちになり、いよいよ、渡道の期待が高まりますが、この「白鳥15号」は、津軽今別にも停車する、数少ない列車。津軽今別は、津軽線の津軽二股とは、目と鼻の距離。車内からも、津軽二股の駅を望むことができます。失礼な言い方ですが、こんな、閑散とした駅で、乗降があるのかと思いきや、わたくしよりも若そうな、ご夫婦が、大きな荷物を持って、降りてゆかれました。やはり、停車するだけの理由はあるのですね。
 津軽今別を出ると、いよいよ、青函トンネル。家内と、時たま、メールをやり取りしていましたが、さすがに、青函トンネルでは、携帯電話は通じませんでした。今年の12月には、新幹線が新青森まで延伸。数年のうちには、函館まで開業しますが、そうすると、青函トンネルも、新幹線が通ることになります。
 トンネルを出ると、やはり、まわりは、雪景色。知内を通過したのも知らない内に、下車駅の木古内に到着しました。田舎の駅かと思っていましたが、木古内は、なんと橋上駅舎。さて、お迎えの、トラピストの修道士さんは?と探しますが、ベンチに座っていた、帽子をかぶった、穏やかそうなおじさんが、「S先生ですか?Yです。」と仰る。そう、まさに、その方が、灯台の聖母大修道院長のY神父さんだったのです。
 木古内からは、もう一人の神父さんの運転する車に揺られ、約20分で、トラピストへ。案内された、部屋は、なんと、応接室付の部屋。たしか、前回(20数年前)きたときは、離れたところで、畳部屋だったし、ベッドルームはあっても、こんな部屋ではなかったような、と思っていましたが。そこで、大院長様と練習日程を相談し、いよいよ、当別での生活が始まったのでした。
e0031331_1973921.jpg

[PR]

by omasico | 2010-03-23 17:24 | 祈り・聖歌