<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

もし地震が起きたら

 4月から、月、1~2回の割合で、東京に行くようになり、今まで、気にしなかったニュースに関心を持つようになりました。
 最初は、岡山で起きた、ホームからの突き落とし事件。ホームで電車を待つときも、座れなくても、絶対にホームの端に立つことをやめました。
 もう一つ、考えさせられるのが地震!中国でおきた大地震から、いくつかのことを考えるようになりました。もちろん、皆さんも、関西や東海で地震が起きたら、という想定で被害がどうなる、というニュースを御覧になったかもしれません。ただ、こういうものは、何人死亡したりとか、どれくらいの額の損害があるとか、意外と、地震でわたしたちが被る本当の被害が知らされないように思います。
 たとえば、夕方の帰宅時間に首都直下型の大地震が起こったとしましょう。高層ビルのエレベーターは軒並み、停止します。もちろん、渋滞している道路では、車が、そのままで止まることになりますし、電車もストップします。エレベーターに閉じ込められた人たちを救出しようとしても、東京消防庁の全職員は18000人、警視庁の職員も43000人弱、もちろん、このなかには、いわゆる幹部や事務方がいますから、多く見積もっても、現場で動ける人は、約8割となるでしょうし、全員が勤務についているわけではありませんから、即応できるのは、6割程度と考えるのが妥当でしょうか。つまり、東京消防庁と警視庁と合わせ、多く見積もっても、即応できるのは37000人と言うことになります。
 では、この人たちがすぐに、現場に急行できるかと言えば、恐らく、混雑した道路に止まった車両で、消防車、救急車、警察車両、がスムースに現場に行けるかと言えば、恐らく、ほとんど無理でしょう。また、エレベーターに閉じ込められた人以外にも、さまざまなところで、救助要請がきます。もちろん、自衛隊も、協力してくれる、他道府県の応援もあるでしょうが、それらの人たちが到着するまでには、相当の時間がかかるでしょうし、乗り捨てられた車両が障害となって、そう、簡単に、首都圏に入ることはできないでしょう。
 さて、ここで、何が問題になるかというと、それは、排泄です。
 阪神淡路大震災のときにも、先の中国の大地震の時にも、女性のこの問題が大変なことだという報道がありました。
 地震で、水道や電気のインフラがストップした場合、高層ビルでは、水をくみ上げることができず、水洗トイレはあってなきものとなります。また、水道管や下水道間が破損すれば、トイレは普段どおりに使えないことになります。仮設トイレも、道路が封鎖されれば設置できませんから、使えるトイレの数は、恐らく、たかが知れた状況となるでしょう。
 加えて、エレベーターなどに、長時間閉じ込められた人たちは、さらに、苦痛を強いられることになります。電車や車からは、すぐに脱出できますが、高層ビルのエレベーターなど、自力で簡単に脱出できないところでは、尿意・便意をもよおしても、駆け込むことができません。
 そして、一番、考えなければならないのは、下水道管が破損した場合、そこから、汚物を含んだ汚水が、あふれかねないと言うことです。
 もし、そういうことになれば、その汚水の汚染をどうやって、防ぐのか?閉じ込められた人たちの排泄はどうするのか?
 今回の地震で考えたのは、実はこういうことでした。
 さて、皆さんは、この問題どう考えますか?< 
[PR]

by omasico | 2008-05-21 18:49 | 危機管理  

聞いたこと・見たこと

e0031331_17172835.jpg

 先日の神学院での食事は、新潟教区の助祭さんが、同じ食卓でした。モデラトールの神父さんのブログについての質問から、新潟の菊地司教様のブログ(司教の日記)の話になり、そこから「新潟教区殉教者特別年開幕ミサ」の話題になりました。助祭さんは、司教さんが歌ミサをしたかったのだけれど、Y教会の信者さんたちは、やったことがなかったので、残念ながらできず、来年のミサまでには、できるようにしておいてほしいと、書いています、と、言っていました。
 というわけで、早速、菊地司教様のブログと、教会のホームページを拝見してみました。菊地司教様のブログには、次のように書かれております。「来年のミサでは、司祭と会衆のやりとりの部分も歌いますから、練習しておいてくださいね。せっかくのお祝いなので、臨時でも地区で聖歌隊を編成しても良いかもしれませんね。お考え下さい。」Y教会のほうは、まだ、司教さんのブログを見ていないのか?どうか、何も、この件については何も書かれておりませんでした。
 とはいっても、「歌唱ミサ」の練習も、ただ歌えばいいというわけではありませんし、基本的には、ミサの祈りそのものに他なりませんからね。歌うことよりも、どのように、祈りを深めてゆくかが問題です。Y教会の信徒数を、助祭さんに伺ったところ、「普段のミサは30人くらいだそうです。」とのことで、もしかしたら、Y教会の皆さんは、「この人数では、とても無理」と思っていらっしゃるかもしれません。それを考えてか、司教様も「臨時でも地区で聖歌隊を編成しても良いかもしれませんね。」と、書いておられましたが、わたくしの経験から言えば、20人の方が、きちんと準備すれば、「歌唱ミサ」は決して、不可能ではありません。あとは皆さんのやる気次第ですね。とは言え、準備するにしても、Y教会だけでは、もったいないですし、せっかくの教区の記念行事ですから、近隣の小教区の方々も協力して、祈りが深まる「歌唱ミサ」が準備できればいいですね。
 それにしても、今回の、菊地司教様のおっしゃった「司祭と会衆のやりとりの部分も歌いますから、練習しておいてくださいね。」は、Y教会だけではなく、教区全体の小教区の皆さんへのメッセージではないかと思うのはわたくしだけでしょうか?
 ちなみに、来年のミサの時には、神学院で学んでいる助祭さんも、司祭として参加されると思います。助祭さんも、司祭になって、司教様と一緒に、奉献文をしっかりと歌えるように、わたくしも、助祭コースの歌唱ミサの準備を、しっかりとやりたいと思います。もちろん、あの一言は決して言いませんので、ご安心を!!
[PR]

by omasico | 2008-05-15 18:34 | 祈り・聖歌