<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

萩の花

e0031331_1825058.jpg

 信州も、ようやく、らしい日が続くようになりました。夏の花というと、ひまわりあさがお等ですが、別荘地から町へ降りる国道の途中に、↑ 萩の花 ↑が咲き始めました。萩の花というと、秋の七草の代表ですが、高原地帯では、の初めくらいから咲き始め、9月の中ごろまで、咲いている株もあります。
 ばかりではなく、おみなえしなども、この時期に咲き始めます。高原では、が、長い間同居しています。
 まもなく、お盆休みで、信州においでのかたも多いと思いますが、道路わきなど、思いもよらないところで、を見かける機会があるかもしれません。
[PR]

by omasico | 2006-07-28 18:59 | 四季折々  

独鈷温泉竜の湯

 今日は、小学校の終業式。これから、約一ヶ月、娘たちも、家で昼食を食べるので、夏休み前最後に、お昼を食べに、独鈷温泉竜の湯(←rink)に行ってきました。我が家から、車で約25分ほどのところにあり、別所温泉の手前、独鈷山の麓に位置します。案内板にしたがって行くと、やがて、↓入り口の看板↓
e0031331_15155112.jpg

があり、さらに進むと、↓入り口が見えてきます。↓
e0031331_15163880.jpg

本来なら、入館料を払って、自慢の温泉に入るところですが、わたくし、以前、硫黄泉で湯あたりしたことがあるので、今回は、昼食だけにしました。昼食に食べたのは、お勧め料理の、↓竜の子天丼↓
e0031331_1525344.jpg
半分に切ったアナゴを縦に盛って、竜に見立てています。天麩羅は他に、シシトウ・春菊・なす・まいたけ、などが盛られています。普通、天丼と言うと、たれがご飯の下に溜まるほどかけてあり、最後は、のどがかわきますが、この竜の子天丼は、たれが控えめで、あっさりとしているところが、格別です。
 食事の後は、ここに勤める知人とおしゃべり。実は、幼稚園の娘たちの後輩の、お母さんが、この独鈷温泉竜の湯の親会社の社長の息子さんの奥さんで、幼稚園でもときどき、顔をあわせていました。バレーボールの菅山選手にちょっと似ていますが、もっと、おっとりした感じの美人です。ご主人も、大変、好感の持てる好青年で、ま、お似合いの夫婦!です。余談はさておき、温泉に入ることができなかったので、帰り際に、温泉と同じ水源の、↓竜吟泉↓を一口所望しました。
e0031331_15372672.jpg
もう少し、硫黄臭がするかと思いましたが、それほどでもなく、まろやかな舌触りでした。
 独鈷温泉竜の湯(←rink)は、有名な別所温泉からは少し離れていますが、一軒宿で、築15年ですが、ひなびた静かな宿です。宿泊も、30名までOKですし、10名以上でしたら、上田駅からも送迎がありますので、立て込んだ別所温泉より、静かな宿をご希望の方にはお勧めです。塩田名物マツタケの季節は、満室になりますので、ご予約はお早めに!
 わたくしは、これから、ときどき、お昼を食べに行きたいと思います。
[PR]

by omasico | 2006-07-24 15:49 | 温泉めぐり  

秘湯★霊泉寺温泉★そぞろ歩き

 午後、娘たちが、児童館で遊んでいる間、家内と二人で、霊泉寺温泉を歩いてきました。霊泉寺温泉は、鹿教湯温泉大塩温泉とともに、内村温泉郷の一つですが、他の二つの温泉が、内村川沿いにあるのに対して、霊泉寺温泉は、その支流の霊泉寺川に沿って数件のひなびた宿がたたずんでいます。
e0031331_1732691.jpg

 霊泉寺温泉には、小さな共同浴場があって、地元の人や秘湯を楽しむ人たちが入りに来ます。共同浴場の前には、昔懐かしい、丸型ポストが、今も、現役で活躍しています。
e0031331_15453064.jpg

 今回は、共同浴場には入らず、霊泉寺川に沿った道を、温泉から少し上流に向かって歩いてみました。少し歩くと、しゃれた洋風の建物が目に付きました。「霊泉寺温泉診療所」という看板がありましたが、かなり、昔に診療をやめているようで、ご覧のとおり、手入れもされず、ほったらかしの状態になっていました。
e0031331_15455764.jpg

 この診療所に行く道沿いの新築の家では、バックホーを使って、なにやら工事らしきことが行われていました。よく見ると、家の中に、大きな岩が!先日の大雨で、裏山から岩が転がり落ちて、家を直撃したようです。ご覧になりたいとは思いますが、人様の不幸をブログで広めるのはやはり、気が引けますので、写真を撮るのはやめました。
 再び、温泉旅館の立ち並ぶところに戻ると、数件の旅館の軒先には、アジサイの花が、今が見ごろとばかり、咲いています。それほど、手入れがされているようでもないのですが、それがまた、ひなびた風情を醸し出していました。
e0031331_15464292.jpg

 駐車場に戻る途中、カラスアゲハミヤマカラスアゲハか、定かではありませんが、足元をす~っと通り過ぎ、甘草の花の蜜を吸い始めました。とっさに写真を撮り、もう一枚アップで、と近づくと、すぐに飛び去ってしまいました。
e0031331_1547146.jpg

 普段、よく行く、秘湯ですが、こうして、少し歩みを進めてみると、また、意外な発見があるものです。
[PR]

by omasico | 2006-07-22 17:05 | 温泉めぐり  

濁流・激流

Excite エキサイト : 社会ニュース
e0031331_1228577.jpg

 今日は、わが町を流れる川も、↑ごらんのとおり↑で、濁流が渦を巻き、何箇所か、橋や道路が通行止めになりました。幸い、我が家は、山の中にあり、水はみんな下に流れて行き、水害のおそれもありませんが、川沿いのかたがたは、不安なことでしょう。早朝、副業をしている、老舗のコンビニエンスストアーの裏も、この、川が流れていますが、店の中でも、ゴーゴーという音が聞こえるほどでした。別荘の管理を担当されている方は、畑が水につかったそうで、二女の同級生のお父さんは、消防団で、夜中から出ずっぱりだったそうです。店の方も、消防団のかたがたが、朝食代わりに、おにぎりを一度に買って行かれ、わたくしが店を出るときには、おにぎり・お弁当、ほぼ在庫がなくなりました。高速道路も通行止めで、食料品の共配も遅れるそうです。
 それでも、10時ごろには、雨も小止みになってきて、今現在(12:45)、陽も差してきました。これで、少し落ち着けばいいのですが、天気予報では、明日のお昼頃から、また、雨が強く降るようなので、心配ですし、何よりも、川の水かさは、雨がやんだあとで増えてきますので
興味本位で、川に近づくこと
は、しないようにしたいものです。
 さて、こんな天気なので、小学校も休校となり、娘たちも、家で遊んでいます。退屈かと思ったら、それなりに、二人で、遊びを考えています。
 一方、明日は、葬儀ミサがあるので、こちらに行けるかどうか、あるいは、かえってこられるかどうかが、少々心配です。
[PR]

by omasico | 2006-07-19 12:50 | omasicoプライベート  

画像スライド

 今日は海の日で、小学校もお休み!娘たちは、友達の家へ遊びに行っています。そちらは「さえずり」をご覧いただくとして、今日は、久しぶりにブログの話題を一つ。実は、先日来、一番上に設定したトップページの写真がスライドすることに気づかれたでしょうか。わたくしも、この、エキサイトのブログで、こういうわざができるとは、今まで、気がつきませんでした。方法は簡単。まず、画像をアップロードします。画像は[~]で囲まれていますから、この[~]<marquee direction=up height=☆>[~]</marquee>という具合にはさんでやります。以下では</marquee>を省略していますが、最後にこれを忘れると、後の文章も画像も、すべてスライドしてしまいますから、気をつけてください。☆でピクセルを指定すれば、画像すべてあるいは一部を、好きな大きさで表示できます。ここまでだと、画像の動く早さと、動きっぱなしかスライドが終わるととまるかが指定できませんが、
<marquee scrollamount=★ direction=up height=◆ behavior=slide>と指定すると(★、◆は数字)、
e0031331_14151147.jpg
のように動きます。ちなみにこの画像は、
<marquee scrollamount=2 height=350 behavior=slide>です(scrollamountは動く早さ。正確には「画像を再度表示するまでのピクセル数」 heigtは画像の表示される高さ)。
<marquee scrollamount=★ direction=up height=◆>までの指定だと
e0031331_14205469.jpg
と、画像は、繰り返し、下から上に動きます。direction=down にすれば、今度は、上から下に動きます。ちなみに、scrollamount=4 と動きを早め、height=300 にせばめてみました。
e0031331_14532890.jpg

横に動かしたいときは、<marquee scrollamount=★>だけでOK!
e0031331_14243089.jpg
これだけの指定だと、普通、右から左に動くので、左から右に動かしたいときは、
direction=right(右方向へ動く) を指定します。
もっと小さな画像の場合、behavior=alternate を指定すると、右から出てきた画像は、左に行くと折り返して、後は、左右に行ったり来たりします。下の画像は
<marquee scrollamount=2 behavior=alternate>です。
e0031331_14353589.jpg

絵文字などを、あちこちのサイトから拝借してくるのもいいですが、自分のとった写真を動かして見るのもおつなものです。もちろん、もうご存知のかたが多いとは思いますが、まだ、ご存じない方、興味のある方は、試してみてください!スライドしてきてとまった画像を再度動かしたい場合には、この記事がアップされた7月17日をクリックすると画面が変わって、もう一度、画像が動きます
[PR]

by omasico | 2006-07-17 15:45 | HP・ブログ・通信  

購入検討

 毎日暑い日が続きます。その、暑い中、教会のオルガンのあるところは、風が全く通らず、ミサの最中には、灼熱地獄となります。そのオルガン(と言っても、電気のいわゆるチャーチモデルですが)も、すでに、20年近い代物で、最近はとみに調子が悪くなってきました。練習中ならいいのですが、一時、ミサの最中に、突然、音が出なくなったことがありました。
 で、今日、ちょっと教会に寄ったところ、神父さんから、「あれ(=オルガンのこと)、調子悪いんだって。カタログを取り寄せて、検討してみてください。」と言われました。その後、以前赴任していた、静岡県のF教会のことなども話されましたが、この教会は、現在赴任しているイタリア人の神父さんが、どういう、伝(つて)をつかったかどうかは分かりませんが、パイプオルガンを入れたのです。

 さて、実際に、オルガンを入れるとなると、そう簡単に、つまり、いすや机を買うようには決めることはできません。ま、聖堂の大きさを考えても、小教区の財力(特に、この先数十年の)を見積もってみても、本物のパイプオルガンと言うわけには行きませんから、どの道、電気オルガンのチャーチモデルになるわけですが、それでも、一台、200~300万円を見込まなければなりません。
 と言うわけで、オルガンの購入検討の指示を受けたわけですが、これからが、また一苦労になりそうです。と言うのも、今あるオルガンは、ある方が、自宅にあった新品同様のものを、寄付してくださったので、ほとんどの信徒の方が、オルガンを購入するときの状況をご存じないのです。加えて、わたくしが弾くまで、ペダルはほとんど使わない。弾いても、ミサのときか幼稚園の聖堂での行事のときくらいだったので、メンテナンスも行ってこなかったと言う経緯があり、購入して、さらに、メンテナンスなどまでどのようにするかも、ほとんどわかっていない状態なのです。
 ですから、今回、新しくオルガンを入れるにしても、まだまだ、紆余曲折がありそうで、すんなりと決まるかどうか、分かりませんが、ある程度宣を引いてしまえば、むしろ、神父さんの鶴の一声で、購入と言うことになるかもしれません。
 それにしても、新しいオルガンを購入したら、聖歌奉仕グループとわたくしのコンサートなんてことになりそうで、そっちのほうが怖いような気がします。
≪下は典礼聖歌アンサンブルのCD収録で使った、日本基督教団豊中教会のオルガン≫
e0031331_13582917.jpg

 
[PR]

by omasico | 2006-07-10 14:20 | 音楽・オルガン  

初ミサ

 今日7月9日はミサに行って、びっくり!なんと、この3月に司祭に叙階したばかりのY神父さんが、祭壇で『ミサ典礼書』の準備をしているではありませんか。「えッ?まさか!」と思ったとおり、司祭に叙階されて、はじめて、わが教会でのミサの司式に訪れたのです。本人に聞いたところ、「O神父さん(筆者注=主任司祭)、忘れていたみたいですね」とのこと。で、続いて出た質問が「今日のオルガニストはどなたですか?」。わたくしだと伝えると、「どこを歌うのですか?」と言うことで、詳細を説明しました。 
 で、ミサが始まりましたが、やはり、歌唱ミサになれていないせいか、音を出してからの、タイミングがちょっと長かったと感じました。奉納祈願から叙唱にかけてが一番音をはずしてしまいましたが、それ以外は、十分声も出ていましたし、なかなか、良い、歌唱ミサができる神父さんだと思いました。 基本的なところでは、テンポがやや速いことと最後のリタルダントがまだできていないこと(これは、慣れる以外にありません)。この二つを注意点として、お伝えしました。  
 福音朗読の後の説教では、「知識として知っていると思っても、実は、知らないことがある」というポイントを話していただきました。実際に、これは、良くあることですし、特に、研究者・指導者にとっては、一番心に留めておき、陥らないようにしなければならないことだと、あらためて肝に銘じた次第です。  
 ミサの後は、娘たちにも「叙階式の時は、来てくれてありがとう」とお礼を言っていただきました。前もって分かっていれば、おいしい昼食に案内するか、お土産を準備したのですが、ちょっと残念です。でも、昨日は近くの有名なお蕎麦屋さんに行ったとのことで(ここは、日曜日が休みなので)、それは、正解だったようでした。で、Y神父さん。今度、わが教会に来るのはいつになるか、分かりませんが、来年度、叙任司祭か共同司牧司祭として、来てもらえるとうれしいのは、わたくしだけではないと思います。明日からの、教区事務所の仕事も、がんばってください。 
[PR]

by omasico | 2006-07-09 16:04 | 祈り・聖歌  

リサイクル=古着編

 七月の最初の日曜日の今日、蒸し暑い中を、7時過ぎに家を出て、家族4人で長野まで出かけてきました。目的は、古着をリサイクルショップに持ってゆくこと。このあたりには、古着専門のリサイクルショップがないので、長野まで足を運ばなければなりませんでした。
 ところで、今日は日曜日なので、ミサがありますサボるわけにも行きませんから、長野市内の教会に行かなければならなかったのですが、一番近い、篠ノ井教会のミサは9時と思って行ったところ、出て来た高校の同級生の神父が「え、ミサは10時だよ。早く来たのでびっくりしたよ!」と、のたまったのです。これはまた、しくじりました。結局、南長野運動公園が近いと言うことで、早速直行。娘たちを1時間ほど遊ばせて、また、篠ノ井教会へ引き返し、ミサに出ました。で、ミサが終わったのが10時45分。早いこと、早いこと。それでも、娘たちは退屈そうにしていましたから、子どもの集中力がいかに短いことか。

 ミサの後、目的のリサイクルショップへ!愛車=イプーのサードシートを倒していっぱいの古着を、何回かに分けて、店内に持ち込みます。さすがに日曜日とあって、先客も多く、とにかく、
なるべく多くひきとってもらう
ことがこちらの目的なので、後は、お任せして大通りの向かいにある、スーパーに買い物とお昼を食べに行きました。このスーパーではちょうど、新生セールをしていて、子どもの靴が、なんと二足1000円で、安売りしていたので、娘たちに一足ずつ買いました。お昼は、このスーパーにある、ラーメン屋さんに入ったのですが、いまどき、禁煙席が全くないのには驚きでした。

 お昼を済ませて、リサイクルショップに戻ると、すでに査定が出ていて、結局、お昼代の半額で買取が成立!戻ってきたのは、おおよそ、持ち込んだものの10分の1くらいでしょうか。ぬいぐるみが一番残りました。

 その後、一路、自宅へと戻りましたが、とにかく蒸し暑いのなんの。普段、よっぽどのことでないと使わない、車のエアコンをつけて、戻ってきました。これで、古着は、かなり処分できましたが、まだ、家具がたくさん残っています。
  • ソファーベッド 1
  • ベビーベッド 2
  • セミダブルベッド ないし シングルベッド 1
  • そのほか、小物家具 数台
などなどです。また、夏休みに、片付け名人の従妹が来たら、いろいろと指南してもらって、引き取ってもらいます。それと、9月に予定している、フリーマーケットも活用したいと思っています。 
[PR]

by omasico | 2006-07-02 17:33 | omasicoプライベート