<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ピーター&ポール

 タイトルからして、かつて一世を風靡した「ピーター、ポール&マリー」の話かと思われる方がいたら申し訳ありません。残念ながらこのブログのねたにはならないのです。ここで言う「ピーター&ポール」とは、ペトロとパウロのことです。今日、6月29日は、キリスト教会にとって欠かすことのできない、この二人を記念する祭日なのです。 
 ところで、わたくしの所属する小教区は、この二人の聖人を保護の聖人としています。 
 
 ペトロは本名をシモンといいます。キリストご自身がペトロのことを「シモン・バル・ヨナ」と言っています。「バル・ヨナ」とはヨナの息子という意味です。当時は、ちょうど江戸時代と同じように、いわゆる庶民=一般民衆には苗字のようなものはなく、同じ名前の人が多かったことから、「○○の子××」と言う呼び方をしていました。ですから、ペトロも普段は、「ヨナの子シモン」と言うことで、「シモン・バル・ヨナ」と呼ばれていました。 
 ペトロは、もちろん、ガリラヤ生まれのイスラエル人でしたから、ことばも生活も、ユダヤ文化圏の習慣に従っていたことでしょう。もし、それが続いていれば、今でも、キリスト教は、ユダヤ語が聖書や典礼の言語だったかもしれません。ところが、使徒言行録の10章にあるように、ペトロがカイサリアのコルネリウスに洗礼を授けたところから、状況は変わってきます。おそらく、エルサレムにとどまっていた使徒たちの共通認識としては、救いはイスラエル=当時のユダヤ教に属する人々だけにもたらされると思っていたようですから、この、事態は、非常な驚きをもって受け止められたことと思います。 
 それに拍車をかけたのがパウロによる異邦人への宣教です。パウロは各地のユダヤ教の会堂での宣教が功を奏しないと見ると、異邦人への宣教に力を注ぐようになります(これは、『聖書』の預言にあるとおりですが)。それによって、ユダヤ教ではない多くの人が、洗礼を受けて、教会共同体に所属するようになります。これは、キリスト教会にとって、著しい変化をもたらしました。もともとは
ユダヤ教のナザレ派
だったキリスト信者は、ローマ帝国によるエルサレムの破壊の後は、独自の歩みを始めることになるのです。 
 現代の神学者の中には、もし、パウロが異邦人への宣教をしなければ、キリスト教は違った歩みをしていた、と言う人もいるくらいです。歴史に「もし」は禁物と言われていますが、教会が、ユダヤ教の枠をもっと重要視していたら、現代でも、聖書や典礼のことばは、聖書のヘブライ語のままだったかもしれません。  

ペトロとパウロ、二人の宣教の成果は大きなものだったことは間違いありません。すなわち、それは、キリスト教のユダヤ文化からの脱却であり、当時の世界宗教=共通言語と共通文化に広めることになったのです。このような、特定の文化からの脱却、実は、現代の教会が、もっとも見習わなければならない、教会の本質ではないかと思います。  
 
 ペトロとパウロの宣教の影には、このような教会の伝統の本質が隠されているのです。
[PR]

by omasico | 2006-06-29 07:08 | 祈り・聖歌  

♪ 創立50周年記念音楽会 ♪

 24日の土曜日、長野教会の聖歌隊のHさんのお誘いを受けて、SBC放送合唱団・SBCアンサンブルの♪ 創立50周年記念音楽会 ♪に家内と二人で、行ってきました。
 新幹線の長野駅から歩くこと約15分、会場の長野県県民文化会館に到着。中ホールとはいえ、かなり収容できる大きさです。開場の10分前には着いたのですが、すでに、かなりの人が並んでしました。受付を通って、二階があることを確認し、二階の通路のすぐ後ろに席を取ります。実は、ここが、全体もよく見え、音も結構よく聞こえるのです。
 
 プログラムは4つ。
  1. 混声合唱曲 夜明け アメリカ大陸先住民族の詩による 
     金関寿夫訳詩 寺嶋陸也作曲
  2. こころの歌 〔童謡・唱歌〕
  3. ブランデンブルグ協奏曲 第6番 B-Dur J.S.Bach
  4. Requiem Op.48 G.Faure
 で、簡単に感想を書いてみますと。
 まず、①の夜明けは、やや音程も不安定でしたし、もう少し、歌いこんだほうがよいかな、という感じがしました。でも、正直に言って、曲のほうが技巧的に走っていて、面白みに欠けるのです。他のチラシなども見ると、どうも、流行の作曲家らしいのですが、普段、典礼聖歌をやっていると、こういう類の曲はわざが見え見えで、どうも好きになれません。ま、言っちゃ何ですが、音大の同級生のM.K.君の曲もどちらかと言うと、同じですね。
 次のこころの歌 。これが一番安心して聞けました。やはり、昔から、ラジオ放送のために録音していることはありますね。ただ、編曲者によっては、伴奏や転調が、わざとらしいのが、かえってこれらの素朴さに水をさすようにも思いました。
 ③のブランデンブルグ協奏曲は弦楽合奏のみ。ここでは、音大時代の旧友M.H.君がもともと、ビオラ・ダ・ガンバのパートをチェロで独創。久しぶりに聞く旧友の演奏に熱中しました。ただ、第一楽章は、音が今ひとつなっていなくて残念でした。それでも、第二・第三楽章では、よく響いていました。もう少し、ウォーミングアップができれば、最初から、かなりなったと思います。
 最後のフォーレのReqiuemは、今回の目玉でしょうか。音大の合唱の授業でもやったので(もちろんM.H.君も)、懐かしさもありました。神学的な細かいことがどうかは、ま、別として、音楽界のプログラムとしては、よく仕上がっていたと思います。
 もう一つ、難点は、③と④のチェンバロとオルガン。予算の都合もあったのでしょうが、やはり、電子楽器で代用というのは、いただけませんでした。
 アンコールの、Ave verum Corpus W.A.Mozart もよかったです。ただ、弦楽も座っていたのに、キーボードだけの伴奏では、もったいないと思うのですが。

 ま、いろいろ言い出せば、どんな演奏会でもきりがありません。今回の、演奏会も、出演された皆さん、特に、合唱団員の方は、こころを込めて、精一杯歌っていたのが伝わってきました。50周年の記念にふさわしい、すばらしい演奏だったと思います。本当に皆様★ ご苦労さまでした ★全国の放送局で、自前の合唱団やアンサンブルを持っているところはほとんどないのです。これからも、100周年200周年に向けて、年輪を刻んでいってください。
 終了後は、楽屋に行って、舞台演出を担当されたM.T.さん、案内放送をされたM.K.さんにお目にかかりました。お二人とも、SBCの現役時代には、ラジオで大変お世話になったかたがたで、まだまだ、元気に活躍されていて、うれしい限りです。それと、チェロのM.H.君ともしばしの語らい。彼も、ずいぶんと活躍しているのがうらやましいですね。いつか、ゆっくりと飲みたいものです。
 
 さて、最後に余計な一言。CBS放送合唱団も、FaureやMozartを歌うのですから、日本の教会音楽の父=高田三郎「平和の祈り」や「ちいさなひとびとの」、「しあわせなかたマリア」などを歌ってもらいたいものです。もちろんそのときには、依頼があれば、いつでも応援に駆けつけます。

 
 
[PR]

by omasico | 2006-06-26 12:47 | 音楽・オルガン  

もにょ&かねみき夫妻、来訪

e0031331_17554032.jpg 17日から1泊2日の日程で、もにょ&かねみき夫妻が上田を訪れてくれました。17日は、教会学校のが行われている間に、もにょ君の詩編のレッスンをし、教会学校の後、主任司祭のO師と30分ほどお話し。その後、教会から坂を下りてすぐのところにある、川魚専門店の「鯉西」に行き、夕食を一緒にとりました。鮎や岩魚のてんぷら、鮎と鯉の刺身、岩魚の塩焼きなどに舌鼓を打ち、極めつけは、鮎のうるかうるかは、鮎の内臓を塩漬けにしたもので、魚の内臓独特の、苦味がありますが、お酒のおつまみにはもってこい。もちろん、熱々のごはんにもよくあいます。二人とも、★★★ 大人の味ですね! ★★★といいつつ、おいしそうに味わっていました。

 さて、日付が変わって、18日。この日はキリストの聖体の祭日でしたが、わが、NCCは、答唱詩編を予定していたソプラノのYさんが、お舅さんが身罷った関係で欠席、もう一人のMさんも、もともと都合が悪くお休みだったので、急遽、この日の
♪ 答唱詩編 97 このパンを食べ
の詩編の先唱をもにょ君にやってもらうことにしたのは、昨日のことで、昨日の練習もそのための第一歩だったのです。ミサの前の練習では、数名のNCCのメンバーも参加して、もにょ君は、もう一度、答唱詩編の練習を、その他の女声先唱メンバーは、かねみきちゃんが入ったので、この日の他の詩編の歌とミサ賛歌1の先唱を練習しました。
 肝心の答唱詩編のできばえは、なかなかで、前日の最初の練習では、不安がかなりあったのですが、この調子で、準備を重ねてゆけば、とても頼もしい詩編先唱者に成長してくれると思います。
 
 ミサの後は、早めく帰ったNCCのメンバーが準備してくれたお昼を、残った数人のメンバーや教会の信徒の人と一緒にいただきました。二人が所属するT教区のT教会は、いろいろと困難な状況にあり、いろいろな悩みを話してくれました。
 昼食の後は、これまた、上田では全国的に有名な飯島商店に足を運び、ジャムにゼリーそしてみすず飴をお土産にして、14時半過ぎの新幹線で、もにょ&かねみき夫妻は帰宅の途に着きました。
 短い時間でしたが、わたくしたちの家族ももにょ&かねみき夫妻もそれぞれに充実した時間を過ごせたのではないかと思います。二人には、また、秋のぶどうきのこそして紅葉の季節に、もっとゆっくりと信州の名物・名所を堪能してほしいと思います。
[PR]

by omasico | 2006-06-18 19:26 | 交友・親類  

あやめ

e0031331_17221672.jpg いよいよ、梅雨も本番を迎えます。この時期、我が家のある別荘地では、あやめが咲き始めます。あやめは、最近、園芸種としてはやっているジャーマンアイリスのように、派手ではありませんが、山の中で緑の中でひっそりと咲いている姿は、清楚ということばが最もふさわしい花です。
 元来、日本が原産の花は、それほど派手なものはないように思います。あやめもそうですが、菖蒲杜若(かきつばた)なども、もともと、派手な色合いのものはないような気がします。
 
 これからの時期の果物として、お店に並ぶのものの中に、さくらんぼがありますが、こちらも、日本のものはやや小粒です。それに引き換えアメリカンチェリーのほうは粒は大きく甘みも強いですが、どうしても味は大味です。日本のさくらんぼは甘みは強くありませんし、酸味も強いですが、繊細さがあるような気がします。
 聖歌も同じように思います。讃美歌などの伴奏を、特に、パイプオルガンで聞いていると、かなり大きな音で、派手なストップを使っていることがありますが、『典礼聖歌』には、このような伴奏は不向きです。とりわけ、「主は豊かなあがないに満ち」や「父よあなたこそわたしの神」などは、繊細ながら芯のある伴奏が望まれますから、派手なパイプオルガンでは祈りがぶち壊しになります。
 
 さて、話しがそれましたが、このあやめもそれほど長くは咲いていません。まさに、花のいのちは短くてといったところでしょうか。
[PR]

by omasico | 2006-06-12 19:19 | 四季折々  

入院生活?

e0031331_13575867.jpg

 3~4日と、栃木県那須町にある、聖血(おんち)礼拝修道会に家族で出かけてきました。この修道院は、以前、茅ヶ崎にあり、家内が独身時代よくうかがっていたのですが、十数年前に、ここ、那須町に移ってきました。わたくしたちが結婚して、長女がまだ、1歳の頃、うかがったのですが、それ以来ご無沙汰しており、今回、7年ぶりの訪問となりました。
 わたくしたちにとってもそうですが、シスター方にとっても、小学生の子どもが訪れるのも久しぶりのようで、わが、娘たちは、すっかり、アイドル?となりました。もちろん、娘たちも、観想修道会は物心ついてから初めてで、==先に書いたように、長女は一度きていますが、1歳の頃で覚えてませんし、二女はまだ生まれていませんでしたから==何もかも、興味の対象となってきます。
 まず、面会室でお茶をいただき、一人のシスター手作りの、お人形をいただき、早速、名前をつけて遊び始めました。その後、わたくしは、一休みして、「聖霊の続唱」や「教会の祈り」の練習をしている間(こちらは『聖歌練習日記』をご覧ください)、近くの「自然村」というところへ散歩に行ってきたようです。その後、簡単に汗を流して、夕食。夕食は、ここの修道院付きの、ミラノ外国宣教会の神父様とご一緒で、娘たちも、少し緊張したのか、かなり神妙に食べていました。食事がたくさんあったせいか、二人とも残すと、神父様からは、たくさん食べないと大きくなれないよ!と言われていました。もう一つ、頭の痛い質問は(これは親がかな?)、よく喧嘩をしますか?これには二人とも、恥ずかしそうにしながら、こっくりとうなずいていました。
 夕食の後は、修道院のシスター方全員(といっても9名ですが)とのおしゃべり、娘たちはいろいろ聞かれ、自分たちもいろいろシスター方に質問をして、特に、長女は、全員の名前(修道名)と誕生日を一所懸命書いていました。シスター方の興味は、二人の♪歌声!わたくしたちだけで♪「主の祈り」を歌唱していたのを聞いておられたようで、二人に「歌って」とせがんでいましたが、なかなか歌わないので、四人で♪「天の元后 喜びたまえ」を歌ったところ、とっても喜んでくださいました。

 翌日の聖霊降臨のミサは、修道院のミサに参加。わたくしたちは、夫婦揃って、第一朗読と第二朗読を依頼されました。娘たちは、その前の朝の祈りから参加したせいか、おしまいのほうはたいくつして、落ち着きませんでした。朝食の時、神父様に何か言われるかな?と、心配していましたが、特に、コメントはなし。修道院で取れたイチゴがたくさん出て、皆で、おいしくいただきました(写真)。
 最初は、お昼をいただいてから帰る予定でしたが、やはり、帰宅が遅くなり、疲れないかと心配になり、十二時にタクシーにきてもらい、修道院を後にしました。お昼は、黒田原駅前の「セブンイレブン」買おうと思っていたら、食事担当のシスターがお弁当を作ってくださり、那須塩原から乗った「やまびこ」の中でおいしくいただきました。

 シスター方の生活に興味を持った娘たちは、早くも、夏休みに訪れるのを楽しみにしているようです
 わたくしも、まだ、「教会の祈り」の指導を頼まれていますし、また、時間を作って、伺いたいと思います。いっそ、二人とも入会させてしまいたいのですが、こればっかりは、親の思うとおりにならないので。

 「さえずり」に修道院の入り口のマリア像をアップしたので、そちらもご覧ください。
 
[PR]

by omasico | 2006-06-05 14:25 | omasicoプライベート  

聖書便利グッズ

 『聖書』の解釈について、ある友人に、「聖書は聖書に語らせる」という聖書学の原則を、お伝えしたのですが、ある『聖書』のことばが、他の、どの箇所に書かれているかまで、まだまだ、わからない、とおっしゃっていたので、今回は、普段、ミサの朗読の準備や、聖書研究会の準備などに役立つ、いわば聖書便利グッズのようなものを、ご紹介したいと思います。ただ、『聖書』の原文は、ヘブライ語(一部はアラマイ語)とギリシャ語で書かれていますので、もちろん、それらの言語が分かるにこしたことはないのですが、また、それらを十分に理解するに至るのも大変ですし、加えて、専門的で高価なものでも困るでしょうから、ここでは、わたくしの、これまでの経験上、日本語のもので、これがあれば、ミサの準備や聖書研究会などで助かり、それほど高価でなく、ハンディーなものをご紹介したいと思います。  

 まず、多くの方が、聖書を読むときに一番悩むのが「あの『聖書』のことばはどこにあったっけ?」というようなものだと思います。たとえば、
『洗礼は一つ』というパウロのことばがあったのだが、パウロのどの手紙だったろう?
というときには、新教出版社から、発売されている、『新共同訳聖書 コンコルダンス 聖書語句索引』が役に立ちます。これは、聖書のことばが五十音順に掲載されていて、そのことばが用いられている文章の一部と、そのことばが含まれている聖書の箇所が分かるというものです。
 先のことばの場合には、「せんれい(洗礼)」をいう項目を引くと、「信仰は一つ,~は一つ エフェ 4:5」とあり、このことばはパウロの「エフェソの教会への手紙」の4章5節にあることが分かります。 また、第二部として「固有名詞編」があり、『聖書』の地名や人名が載っている箇所を引くことができます。たとえば、有名な「サムソン」を引いてみると、「サムソン Samson (人) H [小さな太陽] イスラエルの士師 13:-16:.ヘブ11:32.」とあり、「サムソン」が人名であり、原語はヘブライ語(H=ヘブライ語、G=ギリシャ語)、その意味が「小さな太陽」、イスラエルの士師であって、士師記の13章から16章とヘブライ人への手紙の11章32節に出てくることが分かります。 
 この『新共同訳聖書 コンコルダンス 聖書語句索引』全体でも500ページに満たないもので、大きさはB6版とハンディーですから、『聖書』と並べておけば、すぐに、どこに『聖書』のどのことばがあったかを知ることができます。  
 
 次に、『聖書』のあることばが他の『聖書』のどの箇所から引用されているか?を知るのに便利なのが、引照つきといわれる『聖書』です。これは、ある『聖書』のことばや段落・文章などの並行記事や関連箇所などが、欄外に記してあるものです。わたくしは手元にはありませんが、日本聖書協会から、『新共同訳聖書』と『聖書口語訳』の二種類が発行されています。ちなみに、カトリック教会の聖書朗読で用いられている、「旧約聖書続編」が載っているのは『新共同訳聖書』だけです。ちなみに、値段のほうは、普通の『聖書』より二割がた高くなっています。  
 
 もう一つ、手元にあると便利なのは『聖書辞典』の類です。これも、数多く出されているので、迷うところですが、『聖書新共同訳』を読んでいる場合お勧めなのが、キリスト新聞社から発行されている、『小型版新共同訳聖書辞典』で、値段も2400円と手ごろなのですが、現在のところ絶版となっています。同様に、新教出版社からも『新共同訳 聖書辞典』が出ていて、こちらは2800円です。中高生向きではありますが、岩波ジュニア新書、山形孝夫『聖書小事典』は、項目は少ないですが、読みやすいものです。余談ですが山形さんは、フルート奏者の山形由美さんのお父さんです。教会の設置図書などに、聖書辞典があればそれを使うのがよいでしょう。もちろん、インターネットで調べるという方法もありますが。  
 そのほか、イエス時代の歴史的背景を知るには、ミルトスから、いくつかの、ユダヤ教とキリスト教の学者の共同研究の書籍がありますが、かなり、品切れ状態で、現在入手できるのは、『イエスはヘブライ語を話したか』のみです。  

 今ひとつ、役に立つのは、フランシスコ会聖書研究所で訳している『聖書』の分冊シリーズで、ここにある、注は、かなり学問的にも詳しい見解が示されています。ただ、この聖書をすべてそろえるには、かなりの費用を要します。  以上、いくつか、聖書の朗読や聖書研究会の準備に役立ちそうな、聖書グッズ的なものをあげてみました。もちろん、指導者の個人差もあるでしょうから、なんともいえませんが、コンコルダンス(聖書語句辞典)は、やはり、一冊手元においておきたいものだと思います。 ちなみに、わたくしは「引照つき」の『聖書』の代わりとして、神学部時代に買った、ヘブライ語とギリシャ語の底本を使っています。もっとも、最近はあまり使わなくなりましたが。  
[PR]

by omasico | 2006-06-02 07:08 | 祈り・聖歌