<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

修道院のオルガン

e0031331_1659412.jpg

 6月11日に、地区の福音宣教委員会主催の黙想会のミサで、オルガンの伴奏を頼まれました。最初はあまり、気乗りがしなかったのですが、会場となる修道院に新しいパイプオルガンが入り、ぜひともミサでオルガンを!と言うことで、引き受けました。パイプオルガンと言っても、「聞いた」という同じ教会の信徒に人の言うには、「二階から聞こえた」と言うのですが、その修道院の聖堂の二階はそれほど広くもなく、天井からの高さもないので、眉唾ではないか?と疑っていました。しかし、実際に弾きに行ってみると、確かに、本物のパイプオルガンではありました。それが上の写真です。
 で、このオルガン、二段鍵盤+ペダルなのですが、ペダルには独立したストップがなく=つまり、普通、ペダルにある16’もないのです。また、普通、二段鍵盤の場合、上の鍵盤=シュヴェルベルクはシュヴェルボックスの中にパイプが入っていて、シュベルペダルを使って、ボックスの扉を開閉すると、強弱が付けられるのですが、このオルガンのシュヴェル鍵盤は、このような、ボックスに入っていないのです。
 ま、純粋な、古風なオルガン、と言うことができます。ですが、もう一つ難点があって、ハウプトヴェルクには、フルート系の4’のストップがなく、『典礼聖歌』の特に、答唱詩編の伴奏には、苦労するのです。
 それよりも、一番、苦労するのは、オルガンを弾いている場所から、祭壇が見えない!と言うこと。これは、ミサの伴奏をするオルガンニストにとっては致命的です。修道院の院長様も、これは、気になっているようでした。オルガンはまずまずの音がするので、オルゲルバウワーには、やはり、★典礼のことをもっと勉強してほしい★と思います。これは、オルゲルバウワーだけの問題ではなく、オルガニスト(有名なオルガニストも含めて)の多くも、
日本のカトリック教会の現状と『典礼聖歌』の神学を知らない
のではないかと思うことが、多々あります。ま、ここで愚痴を言っても始まらないのですが!
 で、院長様には、帰るときに
黙想会などで、使わないときには、いつでも弾きに来てください。使わないとよい音が鳴らないと言われましたから。
と、おっしゃっていただきました。ここは、修道院なので、やはり、院長様の許可がないと、弾くことはできませんので、ありがたいお許しをいただいた、と言うわけです。オルガンのことをいろいろ言い出したら、きりがないですし、贅沢になってしまいますが、とにかく、本物の、トラッカーアクションのオルガンを存分に弾くことができるのは、なんともありがたいことです。往復の時間とガソリン代がかかるのは、致し方ないことですが、使えるときは、少しでも、練習に行きたいと思っている今日この頃です。

 さて、前回の、クイズの答えですが、正解は写真を撮っているでした。お見事、margarita_m_a さん正解です。正解の賞品は、こっそりとお伝えしますね。
 
 
[PR]

by omasico | 2006-05-27 18:34 | 音楽・オルガン  

四十五周年

e0031331_14191671.jpg
おかげさまで、今日、生誕四十五周年を迎えることができました。ま、見た目はそれほどに見えませんが、一応、45歳と言うことです。
 さて、写真は、先日、大阪・豊中の日本基督教団・豊中教会における、「典礼聖歌アンサンブル」のCD収録の後で、撮影した写真です。今回も、TSEの皆さんと、J-von師には、いつも、ひとかたならぬお世話になっております。
 ところで、この写真で、何をしている人がわたくしか分かったら、コメントに書き込んでください。別に商品があるわけではありませんが。
 さて、詳しいプロフィールは、ホームページをご覧ください。 とにかく、小学生のうちは、全くと言っていいほど(宿題は除き)、勉強をしない子どもで、始めて塾へ行ったのは、25歳の時。二度目の受験で、必要に迫られてでした。それでも、何とかなるのですから、皆さん、子どもは、小学生のうちは、よく遊び&よく遊べでもいいと思います。もちろん、我が家の娘たちも、塾や習い事などはしていません。強いて言えば、毎週、ミサ&土曜日の教会学校に、きちんとゆくことでしょうか。
 最近は、12月に、オルガンのミニ・コンサートを頼まれたこともあり、少しずつ、準備をしています。何しろ、音大の試験以外、ほとんど、人前で、かしこまって弾いたことがないので、どうなることか不安だらけですが。これを機会に、徐々に、こういう機会を増やしてゆきたいとも思っています。
 いつもと違わない一日ですが、やはり、特別な一日でもあります。
 
[PR]

by omasico | 2006-05-16 15:14 | omasicoプライベート  

初夏到来

e0031331_14191723.jpg

 連休も過ぎ、5月も半ばに入ろうとしています。我が家の回りも新緑が美しくなりました。昨日・今日は、特に、空も青く、まさに、初夏の装いとなりました。写真は、我が家の隣の家越しに写した「からまつ」「楡」などの新緑です。一口に新緑といっても、写真を見ても分かるとおり、木によって、微妙にの色合いが異なります。これは、秋の紅葉も同じです。
 さて、この新緑の中、夏鳥のオオルリが、きれいな透き通る声で、歌っています。朝は、4時ごろから、夕方4時過ぎまで、晴天の中、まさに、天にまで聞こえるようなよく通る声が、新緑の盛の中に響きます。このオオルリまさに
声はすれども姿は見えず
で、森の中の新緑に隠れて、姿を捉えることはなかなか、至難のわざです。実は、この時期の野鳥の観察は、ウォッチングとよりもヒアリングのほうが主流になります。人間のほうからは、声はすれども姿は見えずですが、鳥たちのほうからは、我々の行動は筒抜けのような状態で、少しでも近寄ろうとすると、ささっと飛び立ってしまいます。
 まもなく、オオルリ同様に鳴き始めるのが、ハルゼミです。アカマツの木にとまって、「ギーギー」と鳴き、初めて聞く人は「いったい何がないているのだろう?」と思うようです。この、ハルゼミの合唱も、すさまじいものがあり、いっせいに鳴くと、かなりの声量になります。
 ところで、初夏に活動し始めるものは、人間の喜ぶものばかりではありません。
蜂・蛇・トカゲ・毛虫なども、いっせいに活動を始めます。
 いろいろな動物にも植物にも、気持ちのよい季節。皆さんも、ぜひ、お近くの野山に出かけて、生き物と、語り合ってください。
[PR]

by omasico | 2006-05-09 17:32 | 四季折々