<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

CD収録

e0031331_17362945.jpg
 先日、4月29日に、日本基督教団豊中教会で、「典礼聖歌アンサンブル」のCDの収録がありました。で、そのとき使った、オルガンが、このマンダー社製のオルガンです。二段鍵盤+ペダルですが、残念ながらペダルは、16’一つしかありませんが、ま、かなりの音量が出ます。『典礼聖歌』の伴奏には、ちょっと大きいかもしれませんが、やはり、本物のパイプの音は、純粋さが違うと、いつも、感動します。わたくしの所属する教会にも、せめてこれくらいの(と言うよりこれくらいが限度)のパイプがあるとよいのですが。
 さて、今回収録したCDのメインは「教会の祈り」。昔は、「聖務日課」とも言いましたが、現在は、すべての神の民の祈り、と言うことで、日本では「教会の祈り」と呼んでいます。ラテン語では "Liturugia horarum" =「時課の典礼」と言います。今回は、この「教会の祈り」の「朝の祈り」と「晩の祈り」を収録しました。
 『典礼聖歌』も最近は、一般の合唱団でも演奏会のステージで取り上げたり、そのライブ録音をCDにするところもありますが、「典礼聖歌アンサンブル」のように、『ミサ』や「教会の祈り」をCDにするというところは、まず、ありません。とは言え、『典礼聖歌』の真髄は、やはりこれら、『ミサ』や「教会の祈り」であって、賛歌や詩編の歌は、もちろん重要ですが、『ミサ』や「教会の祈り」の土台の上に立っていることは、あまり、知られていないのではないかと思います。
 
 ところで、今回の収録は、至難を極め、10時間以上にわたって、缶詰状態になって、ようやく、収録にこぎつけました。監修のわたくしも、もちろん、ほとんど、すべてにわたって立会い、オルガンのストップ操作やシュヴェルボックスの開閉な指示も担当しました。
 今回の、「教会の祈り」は、「朝の祈り」は信徒の司式にし、司祭不在の集会祭儀などで、詩編唱和が使われる場合にも参考にしていただけるよう、考慮しました。「晩の祈り」のほうは、司祭の司式とし、『ミサ』の時にも司式してもらった、J-von 師に司式司祭をしてもらいました。こちらは、教会共同体でも、できるだけ、司祭と信徒が一緒になって、歌隊共唱で「教会の祈り」を行ってもらいたい、という願いがあります。
 
 「教会の祈り」は、まだまだ、信心業の祈りと比べると、浸透していませんが、本来は、『ミサ』と並んで教会の典礼として、なくてはならない、大切な祈りです。このCDを契機にして、日本の、いや、世界の津々浦々の教会で、「教会の祈り」が共唱されるようになることを願っています。
[PR]

by omasico | 2006-04-30 18:46 | 祈り・聖歌  

山の中の鮮やかさ

 東信濃も、いよいよ、の季節となりました。今、町のは、ちょうど満開です。これから、だんだんと山の高い所、寒い所へと花の咲く場所が移ってゆきます。例年は、暖かさで本当に
三日見ぬまの桜かな
なのですが、いったん咲くと、やや寒くなるので、例年になく花もちがよく、五六日どころか、一週間くらい楽しめるところもあります。この記事を書いている間にも、みぞれ混じりの雪が降っていました。

 とともに、山の中で咲くのが、こぶしです。ソメイヨシノなどと同じように、葉の出る前から、木にこぶし大のクリーム色の花が咲きます。山の中に、ひっそりと咲くこぶしは、のような、あでやかさはありませんが、まだ色づいていない山の中に、明るさをもたらしてくれています。山道を走りながら、近くで見るこぶしもきれいですが、国道など、山肌に咲いているこぶしを遠くから眺めるのも、また、美しいものです。

 もう一つ、なかなか、お目にかかれないのですが、この時期だけ、新緑の美しさを見せてくれるのが、カラマツです。新芽が出てくるときのこのときには、丸い目の真ん中に、鮮やかなエメラルドグリーンの新芽が顔を出します。普段、遠くから見ているカラマツとは、また異なった美しさです。ちょうど、黄葉に見られる落葉の時の美しさ、鮮やかさと対照的です。これは、遠くからでは見ることはできませんが、山の中でカラマツの枝を、そっとのぞくことができれば、きっと、このカラマツの鮮やかの芽吹きを見ることができるでしょう。

 この連休、新緑を求めて山へとお出かけのかたは、ぜひ、こぶしカラマツを山の中に探しに出かけてください。
[PR]

by omasico | 2006-04-25 12:50 | 四季折々  

主の過越祭=復活祭

主の復活のお慶びを申し上げます 

 今年も、キリスト教の最も大きく、最も大切なお祝いである主の過越祭=復活祭が訪れ、これから、6月4日まで、50日間その喜びの期間、復活節が続きます。
 日本では、キリスト教のお祭りというと、降誕祭(クリスマス)が、一番知られていますが、実は、主の過越祭=復活祭は、クリスマスよりも重要なもので、主の過越祭=復活祭がなければ、クリスマスもありえないのです。
 
 さて、今年の主の過越祭=復活祭は4月の16日でした。主の過越祭=復活祭が、クリスマスほど定着しないのは、すなわち、クリスマスが12月25日という、固定祝日なのに対し、主の過越祭=復活祭は、毎年、月日が異なる、移動祝日だからではないかと思います。  では、主の過越祭=復活祭の日取りはどのように決めるかというと春分の日の後の満月の次の日曜日と定められています。ですから、一番早い場合には3月22日、最も遅い場合には、4月25日が主の過越祭=復活祭となります。ですから、今年はどちらかというと、かなり遅いほうになりますが、再来年の2008年は、3月23日が主の過越祭=復活祭ときわめて早くなります。

 この、主の過越祭=復活祭までの、一週間を聖週間と言いますが、今年は、わたくしにとって、大変な聖週間となりました。
 というのも、聖週間のはじめの受難の主日の翌日の月曜日から、副業をはじめ、早朝4時に起床するようになったところに、木曜日から3日間は、祭儀がすべて夜だったため、寝不足にも見舞われました。
 特に、ひどかったのが、この期間の頂点である復活徹夜祭で、なんと、共同祈願を飛ばして、奉納の歌を弾いてしまったのです。オルガンも20年以上やっていますが、こんなことは、初めてでした。ま、幸い、その後、共同祈願を行い、歌ってしまった奉納の歌の変わりに、他のものを歌って、事なきを得ました。
 日中のミサも、最後までエンジンがかからず、ミスタッチ(特にペダル)の連続!本当に、会衆の皆さんの祈りに助けていただいたのを実感しました。忙しいとは言え、やはり、週に2日くらいは、教会のオルガンで、ペダルを使った練習(『典礼聖歌』ばかりではなく)をしないと、いけないことが分かりました。

 このところ、ようやく、からだリズムも慣れてきたので、今週から、オルガンの練習のほうも、再開しようと思います。皆さんには、とんだ、恥さらしをしてしまいましたが、
弘法も木から落ちる
とか
猿も筆の誤り
と、申しますので、今回は、両目をつぶっていただけたらと思います。
 
 では、皆さん、よい復活節をお過ごしください!
[PR]

by omasico | 2006-04-18 14:24 | 祈り・聖歌  

深みのある充実感を

 このところ、今日の聖歌に記事を更新するたびに、いかがわしいブログのトラックバックが、頻繁に打たれるようになりました。トップページには、<【ご注意】> 最近、特定の名称で、いかがわしいサイトからのトラックバックが頻繁に打たれています。このようなトラックバックは見つけ次第、削除しておりますが、このようなトラックバックは決してクリックしないようにしてください。という、注意書きを書いてありますが、逆効果になっているかもしれません。とは、言うものの、何もしないと、ますます増長することも考えられますので、当分、そのまま、表示しようと思います。ま、まじめというか、堅いブログなので、それも、面白くてやっているのでしょうか?

 ブログや、ホームページは、本当に数え切れないほどあり、ありとあらゆる種類のものがあります。本当に役に立つものや、こころを和ませてくれるものもある一方、どうにもならない、というか、こういうものをオープンにすることが人間と社会を滅ぼすのではないか?と思わせるものもあるわけです。ま、今日の聖歌にトラックバックを打っている、いかがわしいサイトは、そういうものの一つと言っても過言ではないと思います。

 そういうサイトを作って、更新している暇があったら、『典礼聖歌』のCDを聴いて、祈りの深さをこころに刻みつけたり、バッハのオルガン曲で耳を鍛えたりしたほうが、よっぽど、充実した時間になるでしょう。いわば、こういったサイトは、人生を深めてゆく姿勢欠如していると思うのです。『典礼聖歌』の作曲者の一人TS先生は、よく、楽しいくらいの事なら、犬や猫でもやりますよ!と言っていました。人間、というよりも、この世界の被造物はいずれは終わりの時を迎えるわけですが、それまでの間、
  • その一生を考え、自らを深めるか?
  • 楽しいくらいの事で、時間を使うか?
では、天地より大きな開きがあると思います。もちろん、その、どちらを選択するかは、その人の自由ですが。

 この世を去るときに、あるいは、老いて、体の自由が利かなくなったときにも、そのときが、充実したときであるような人生を送りたいものです。
 
[PR]

by omasico | 2006-04-12 13:29 | HP・ブログ・通信  

春休み★家族旅行^~^

 4月の3・4日、わたくしたち家族6人(わたくしの両親・わたくしたち夫婦・娘たち)で、二女が卒園後、小学生になって初めての家族旅行に出かけました。行き先はそれほど遠くない、寺泊と岩室温泉
 それほどお金もないので、1泊2日でしたが、とてもよい旅行になりました。
 
 3日の朝、9時前に出発。すぐ隣の市となった上田市を通り抜け、坂城インターから上信越道へ入り、一路新潟県を目指します。途中、信濃町のあたりから、思いもかけぬ雪となり、新潟県に入ると、風も強くなり、荒れ模様の天気となりました。時速80キロで走ってもハンドルを取られる中を、ビュンビュンと追い抜いてゆく車がたくさんあるのには、驚きました。
 お昼は北陸道米山サービスエリアでとりました。それほど多くないものを頼んだのですが、結構、ボリュームがあり、おなかいっぱい。夕食を心配しながら出発しました。北陸道を西山インターで降りて、国道をひたすら寺泊へ。途中でガソリンを入れますが、長野県より安いこと安いこと。やはり、海に近いところは違います。それと、大きな違いは、道路が広くてきれいなこと。これはやはり、良くも悪くも角さんの力によりますよね。特に西山町は出身地ですから。
 いよいよ第一の目的地、寺泊水族博物館(R)へ。lここでの娘たちのお楽しみは、「マリンガールの餌付け」と「テッポウウオの射撃ショー」。二つのショーの合間を利用して、1階から3階まで、一回りしますが、あいにくの荒天で、外にいる、ゴマフアザラシとペンギンを見ることができなくて正直残念でした。「テッポウウオの射撃ショー」は時間になっても始まらず、催促に行ったのが功を奏したのか、二回も餌を付けてくれました。
 ここに入る前から娘たちの興味は、早くも温泉に。寺泊から岩室温泉までは、車で約30分。シーサイドラインから見る日本海は、波も高く大荒れで、羽を休めるかもめも寒そうでした。

 お待ち兼ね、今夜のお宿、ホテル大橋 館の湯(R)に到着!早速、部屋へと案内されますが、JTBトラベランドで予約したのよりよいグレードの部屋で、後で調べたところ、一番よい部屋だったようです。館内改装中、ということもあったのでしょうが、それにしても驚きでした。仲居さんのお勧めにより、すぐにお風呂へ。早いのですいており、のんびりと入浴できました。温泉も湯量の関係で加水してはいるものの、源泉がいいのか、とってもよいお湯でした。実は、寺泊にも、近くの弥彦にも温泉があるのですが、わたくしが硫黄泉だと湯あたりしてしまうので、岩室温泉になったといういうのが、実情だったのですが。 
 それにしても、この、ホテル大橋 館の湯(R)、館内の整備も、お風呂の手入れも行き届いており、従業員の方も、よくこころ配りをしてくださり、心づくしの宿を名乗るだけはあります。ただ、残念だったのは夕食で、もう少し郷土料理がほしかったのと、隣のカラオケがうるさいのには閉口しました。
 それでも、翌朝も、従業員の方が、娘たちに、鯉に餌をやらせてくださり、娘たちは大喜び!また泊まりたい宿、皆さんにもお勧めしたい宿です。

 かえりも再び寺泊(R)へ。そして、寺泊といえば、魚のアメ横。ここで、端から鮮魚店を歩きめぐり、
1杯500円のカニ、マグロの目玉、鮭のハラス、さばといわしのぬかづけ(へしこのようなもの)、小女子の佃煮
などを買いました。本当は、いしもち・のどぐろが安かったのですが、1箱にたくさん入っていて、とても食べきれないので、あきらめました。今度は、友人たちにも伝えておいて、安い魚を箱で買って、分けようと思います。

 寺泊を10時半頃に出発。西山インターからのった、帰りの北陸道~上信越道は、風もなく穏やかで、順調に走りました。北陸道では、真正面に北アルプスも望めました。お昼は、上信越道の、ハイウェーオアシス新井にある、氷見きときと寿司 あらい道の駅店(R)で食べました。回転すしと違って、職人さんがシャリを握り、その日に取れたきときとの魚をねたにしているので、おいしいことこの上ありません。宿で、魚を食べられなかった分、ここでしっかりと、魚を満喫しました。
 後は、上信越道を坂城まで走り、一般道へ降りて、途中、しおだののマックスバリューで買い物をして、帰宅しました。
 夕食には、寺泊で買った、カニを堪能して、1泊2日の旅の余韻を噛みしめました!

 【注:(R)があるものは、クリックすると、そこのホームページが別ウィンドウで開きます】
[PR]

by omasico | 2006-04-05 17:42 | omasicoプライベート