<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

玲瓏(日本酒)

 秋も深まってきて、いよいよ日本酒のおいしい季節となりました。わたくしも含め、お酒の好きな方にとっては、こたえられない季節となって来ました。酒の肴は、どのようなものをつまんでいらっしゃいますか?今の時期なら、今年は豊漁のさんまの塩焼きや刺身、これから寒さが厳しくなるとともに、おでんとかおなべも定番だと思います。
 他に、これからの季節においしくなるものは、まず、きのこです。前にも、紹介しましたが、上田市の、別所・塩田地区には、松茸小屋がたっています。それ以上にこの時期においしいのは、蜂の子です。伊那谷では「すがれ」と呼び、山の中でのすがれ追いは、この時期の風物詩となっています。はちのこは獲ったその場で、塩味で炒って食べるのがおいしいそうですが、その機会がない場合は、佃煮の缶詰、中信地方の居酒屋では冷凍したものを炒ってくれるところもあり、それを味わいます。なんと言ってもはちのこが、この季節の信州の味と言えましょう。
 さて、前置きが長くなりましたが、日本酒を飲むとき、わたしが一番おいしいと思うのは、なんといっても波の花つまり、「塩」です。ある落語で、枡の角に波の花をのせて、酒を飲む場面が出てきてから、実際に試せて見たのですが、どうもしっくりこないので、なぜだろうと考えました。ところが、あるとき、ある日本酒を飲んで、その問題が一気に解決したのです。そのお酒は、丸子町の信州銘醸株式会社で造っている
「 玲 瓏 」
 というお酒です。この「玲瓏」、信州銘醸株式会社のホームページを見てもどこにも載っていません。というのも、この「玲瓏」は、信州銘醸株式会社の国道ををはさんだ向かいにある、アップルランド丸子店の中にある、サンメイトという酒屋さんでしか販売していない限定商品なのです。しかも、その場で貯蔵タンクから出す槽しぼりかめ口というもので、地方発送ができないので、ここでしか買えない特別限定商品とも言うべき代物です。
 この「玲瓏」ですが、とっても甘口で、とりわけ、日本酒が本来もっているお米の糖分の甘さが非常によく生かされている、いわば、日本酒の味が生きているお酒なのです。
 そこで、この「玲瓏」を、枡に入れ、その角に波の花をのせて飲んだところ、波の花でお酒を飲むということがわかったのですfo。「玲瓏」は、日本酒のもつお米の糖分の甘さが、波の花の塩辛さと大変よく混ざり合い、なんとも言えない味を醸し出すのです。今まで、このような味わいを経験したことがなかったので、すっかりこの「玲瓏」no
とりこになってしまいました。
 最近の日本酒は、「辛口」が主流になり、この、日本酒本来のお米の糖分の甘さを味わえるお酒が少なくなってきて、落語の世界で語られる、質素な味わいが失われつつあります。もちろん、日本酒も人それぞれ好みがありますから、強制はしませんが、日本酒好きの方には、ぜひ一度、この「玲瓏」波の花で味わっていただきたいと思います。
 もちろん、各地にこのようなお酒があると思いますので、ぜひ、お近くの造り酒屋でも発掘してください。
 最後に、一言、海外にお住まいの皆さん。日本に帰ってきたら、ぜひこの「玲瓏」を味わいに来てください。「玲瓏」飲まずして日本酒を、いや、日本文化を語るなかれですぞ!
[PR]

by omasico | 2005-09-28 08:15 | グルメ・御酒  

新刊紹介『早わかりキリスト教』

 先日、家に帰ると、物置の中に一冊の本が配達されていました。送付元は、「日本実業出版社」で、送られる心当たりがありませんでした。が、届け先のわたしの宛名の下に、友人の名前が書いてあるので、早速開封しました。すると、中から出てきたのは
『早わかりキリスト教』
という本でした。ちょうど、この日は長野教会の聖歌隊の練習日だったので、往復の列車で目を通しました。書評などは書いたことがないのですが、友人の書いた本なので、ぜひ皆さんにご紹介したいと思います。
 著者の、宮越俊光氏は、わたくしと同じ年ですが、上智大学・大学院の先輩で、なんと、同じ年の復活徹夜祭に洗礼を受けました。現在は、日本カトリック司教協議会の典礼委員会の秘書という要職にあります。
 『早わかりキリスト教』は、「知りたいことが全部詰まった1冊!」副題にあるように、おおよそ、キリスト教に関することが、コンパクトにまとめられています。各章のタイトルを紹介すると、
第1章=キリスト教とはどのような宗教か?
第2章=聖書の世界
第3章=イエス・キリストの生涯
第4章=キリスト教の歴史
第5章=現代世界とキリスト教
第6章=日本のキリスト教
第7章=キリスト教の儀式
第8章=キリスト教の文化・習慣
第9章=キリスト教のシンボル
第10章=キリスト教の謎

 これを見てもわかるように、キリスト教に関する基本的なことが網羅されています。今まで、このような入門的書物はあまりなく、聖書やキリスト教史、神学などのものも、欧米の翻訳がほとんどで、どうしても一面的な視点が否めませんでしたが、この本の中では、たとえば、十字軍についての記述では、「イエスの福音に根ざした出来事であったとはいえない」と、過去の反省も込められています。また、クリスマスや結婚式などでは、日本の状況に即した記述もされています。
 全体は、見開き2ページが一つの項目で、写真や図解も入り、下段にはその項目に関する「一口メモ」があり、理解を助けています。後ろの索引を使えば、関連する項目を読むこともできます。さらに、巻末には、「日本で使われるキリスト教の言葉」が簡潔にまとめられており、簡単な年表も添えられています。主要参考文献も、最新の、専門家から入門書までがリストアップされています。
  一言、添えるならば、著者の宮越氏自身が「まえがき」で書いているのですが、(わたくしもそうですが)「筆者はカトリックの神学を学んだため、本書の用語や記述はカトリック教会の立場からの者が多くなっていることをお断りしておく」とあるように、一人の著作の限界があることは否めません。また、項目の中に、専門的な言葉の解説がもう少しあるとわかりやすいかな、とも感じました。
 とはいうものの、最初から一通り目を通すこともよし、知りたい項目を読むこともよし、キリスト教について知りたい人だけではなく、キリスト教の信者にとっても、知っておくべきことを、また、キリスト教について聞かれたときの案内書としても、手元においておきたい一冊です。

 ぜひ、お近くの書店でお求めいただき、座右の書、クリスマスプレゼント、入門講座のテキストなど、いろいろと活用していただきたいと思います。
『早わかりキリスト教』
は、「日本実業出版社」から、税込み1470円で発売されています。

 

 
[PR]

by omasico | 2005-09-23 20:08 | 全ブログ共通  

盲腸線(旅行・鉄道・趣味)

 『今日の聖歌』と『気まぐれブログ』でお知らせしたように、18日と19日、一泊二日で、名古屋と京都へ行った来ました。名古屋へは「高田三郎作品による『ひたすらないのち 愛知演奏会』」を聞きに、京都は、アメリカの神学校への留学から戻った、京都教区の友人の司祭に会いに行きました。これらのことは、おいおい、関係するブログに書くことにして、今回は、趣味の鉄道ねたです。
 ちょうど、「高田三郎作品による『ひたすらないのち 愛知演奏会』」がそのパートナーシップ事業として行った、愛・地球博の影響で、名古屋のホテルはどこも満室状態だったので、岐阜県の大垣のホテルに泊まりました。大垣は、城下町で水がきれいなので有名ですが、鉄道の要所でまあります。東海道線の他に、樽見鉄道と近鉄養老線の基点、JRでは国鉄時代から続く、電車の基地があります。
 ところで、この東海道線、どこからどこまでを走るかご存知でしょうか?東京から神戸(大阪ではありません)は皆さんお分かりと思いますが、実は、
大垣-美濃赤坂
という、二駅だけの支線があるのです。このように、幹線の途中から、1~2区間枝分かれしている支線を、人間の体にたとえて
盲腸線
と呼んでいます。
 盲腸線のようなところは、乗るつもりでないと、なかなか乗る機会がありません。今回も。京都へ行く列車の接続の時間を確認し、やおら乗ることに決めました。
 本線のホームの一角を削った3番線から、大垣-美濃赤坂を走る列車は発車します。2両編成の列車は、ゆっくりポイントを渡り、本線に入ります。すぐに車内放送が入り、車掌が車内改札をし、乗車券を回収することが告げられました。本線でスピードを上げた列車は、大垣電車区の横を通り過ぎ、垂井へ行く本線・新垂井(現在、駅は廃止)を回る山線・美濃赤坂線の分岐点、荒尾信号所に入ります。信号所といっても、信号とポイントがあるだけの遠隔操作です。
 
e0031331_1815872.jpg

本線の列車から見た、荒尾駅と宇留生小学校
今まで、西に向かっていた列車は、ポイントを渡り、向きを北に変え始めると、すぐに荒尾の駅に着きます。道を隔てたところには、宇留生小学校があります(地図で確認)。普段なら小学生の声もにぎやかなのでしょうが、今日は休みでひっそりとしています。荒尾を発車した列車は、家並みと工場の敷地の跡地の間を北へ向かって走ること数分、終点の
美濃赤坂
に到着しました。

 ここまでの乗客は3人、わたしともう一人は、どうやら乗りにきた、いわゆる「鉄っちゃん」。残るひとりは地元の女の子ですが、迎えに来ていた彼氏らしき男の子の自転車に乗って行ってしまいました。駅はもちろん無人駅。かつての駅舎には、観光協会らしき人が数人しゃべっていました。無料の貸し自転車もありますが、年間の利用者はどれほどか?駅前も閑散としていて、人がいそうなのは、喫茶店が一軒だけでした。地図で確認すると、今でも石灰などを運搬する貨物線がこの先も続いているので、かつては石灰を運び出す貨物列車で賑わったのでしょう。現在は、東海道本線の一支線として、細々と列車が走っているという感じでした。
 18分の折り返し時間の間、駅前に出たり、ホームを歩いたりしましたが、本当にのんびりした時間で、
ホームの傍らの木で鳴くツクツクホウシと咲き始めた彼岸花
が印象的でした。

 列車は、折り返しで大垣へ。今度は、荒尾を過ぎると20名以上の乗客で賑わいました。往復わずかの乗車でしたが、これで東海道本線を完乗したことになります。
 今度、大垣に来たときは、樽見鉄道と近鉄養老線にも乗りたいと思います。
[PR]

by omasico | 2005-09-20 06:31 | 旅行・鉄道・趣味  

無謀だとは思いますが。

 今まで、わたくしはHPの『典礼聖歌研究工房アトリエおおましこ』と、この、『年代記』を含め3つのブログを記述してきましたが、一昨日からなんと4つ目のブログを立ち上げました。4つ目のブログは
『omasicoの気まぐれブログ』
というタイトルで、ヤフーのサイトのブログです。そんなに立ち上げなくてもいいのに、と思われるでしょうが、結構、サイトが違うと、ブログの情報が流れていないということに気がついたからです。たとえば、わたくしがリンクさせていただいているブログでも、GのブログとRのブログのかた相互の交流がほとんどないのではないでしょうか?わたくし自身は、検索で、いろいろなHPやブログの情報を収集し、ブログに関しては、お互いに有効だと思われるものはRSSに登録して、毎日拝見させていただいています。ですが、コメントとか書き込みを見ると、そのブログのプロバイダー内でがほとんどなのです。「これでは、もったいない」というのが本音です。これでは、インターネット本来の機能が生かされていないと思われるからです。
 そこで、無謀にも4つ目のブログを開設して、このプロバイダーでブログを運営するかたがたにも
「祈り」『聖歌』
に関する情報を発信しようと考えた次第です。
 各プロバイダーのブログはそれぞれ特色があり、利用している年齢層にも特徴があるようです。ま、他にも、ブログを運営しているプロバイダーはたくさんありますが、現在立ち上げた、4社で、ほぼ半数以上は、カバーしていると考えています。
 4つといっても、 『今日の聖歌』『練習日記』の更新は原則週1回、その他は、あっとランダムですから、そこはながら族のB型こちらの方は、何とかなるのですが、いかんせん、コメントとか書き込みのチェック、リンクする、仲間たちのブログのチェックが、結構、大変かもしれませんが、ま、続く限りやってゆこうと思う次第です。でも、正直言って、ちょっと、ストレスを感じていないわけではなく、やや寝不足美味、起きると胃が痛いB型には珍しい)ことがあります。きっと、まだ、ヤフーのブログのスタイルになれていないこともあるとは思いますが。
 
 ラインホルド・ニーバーの祈りではありませんが,
神よ、続けられることを続ける忍耐力と、閉鎖するものを閉鎖し、状況を変えてゆく勇気と、両者を見分ける英知をおあたえください。
と、毎日祈りながら、続けてゆきたいと思います。

 先にも書いたように、『omasicoの気まぐれブログ』は、
「祈り」『聖歌』
が中心ですから、これまでのブログとは、また違った視点からも書いてゆきます。というわけで、

これからもよろしくお願いします!

[PR]

by omasico | 2005-09-14 20:57  

スキンを変えて見ました。

 今日は、さえない一日でした。エキサイトも含め、どれもスキンは変えなかったのですが、今日は、エキサイトで書いている「omasico のお気軽、お気楽『年代記』」のスキンを思い切って変えてみました。
 さて、今日は、オルガンの当番でしたが、どうも、今ひとつでした。普段なら、ま、あわれみの賛歌が終わる頃までには、エンジンがかかるのですが、今日は、最後までエンジンがかからずじまいでした。ミスタッチは多いは、ストップの操作もミスるは、散々でした。ま、たまにはこういう日もあるのだとは思いますが。結構NCCのメンバーに助けられた感じです。
 
 ミサも早く終わり、スーパーで買い物をして、衆議院選挙の投票をして帰りました。スーパーでは、半額のものをたくさん買ってきて、味噌ラーメンを作りました。ま、普通の味噌ラーメンですが、やはり、スープが濃いですね。昨日の買い物で、産直で野菜を売っている店で買った、りんご、このりんごは3日の雹害で落ちた「つがる」ですが、なかなかの味です。子供たちも結構気に入って、すぐにでもなくなりそうです。

 午後は、子供たちは、お邪魔女ドレミどっか~んのゲームに熱中!わたしは、ホームページの更新にほとんど時間を費やしました。実はもうひとつ、『今日の聖歌』に「主の祈り」について記述したかったのですが、これ以上はどうも無理のようです。前にも書きましたが、長女の通学バスが7:15分発なので、長女は6時に、わたしたち親は5時に起きますから、8時には、子供たちを寝かしつけたいところです。わたしも、元来、夜更かしなほうので、もっと起きてはいたいのですが、この、習慣がついてからは、5時前には目が覚めるようになりました。明日の朝も5時おきで、朝食前まで、メールとブログのチェックが待っています。

 HPもブログも、もっと更新できればいいのですが、さすがに3つはきついですね。今のペースを維持してゆくようにしたいと思います。それと『年代記』ももっと、潜在的な読者を発掘してゆきたいと思うところしきりです。
 
 というわけで、今日も就寝の時間です。

 皆さん、おやすみなさい。
[PR]

by omasico | 2005-09-11 20:21 | omasicoプライベート  

実りの秋

 先日の台風14号の影響のさほどなかったものの、まだまだ残暑が厳しく、昼間は、」ミンミンゼミ、アブラゼミ、キリギリスが鳴いています。それでも、負けじと、いろいろなこおろぎたちも鳴き競っています。
 それ以上に、楽しみになってきたのは、秋の味覚です。上田市の郊外、塩田や別所では、そろそろ松茸小屋の準備が整えられ、色とりどりの看板が立てられています。二幸園別所森林公園山田山荘、などがネットでホームページを見ることができます。他に、きのこ狩りができるところとして深山(しんざん)、温泉もあり宿泊できる施設では独鈷温泉竜の湯があります。深山は、通年営業で、マツタケ以外の雑きのこも味わえます。別所温泉の各旅館でも、追加料金で、松茸料理が味わえます。ちなみに、独鈷温泉竜の湯は、幼稚園の在園児の家の関連会社です。

 我が家の周りでは、さすがには出てきません。しかし、その他の雑きのこがたくさん出ます。先日の雨で、このところ出てきたのは、チシオハツです。このきのこは、ハツタケの仲間で、秋、一番最初に目立つきのこです。ただ、図鑑で調べると、食不適とか食毒不明と書かれていて、食べることができません。まず、一番最初に出てくる食べられるきのこは先にも書いたハツタケです。先月、豊橋で、この、ハツタケクロハツという毒キノコを間違えて食べ、二人の方が亡くなったのは記憶に新しいことです。今日も、ハツタケが採れたので、お昼のそばの付け合せにして食べたのですが、長女が「毒キノコじゃないよね」と、不安なことを言うので、なんとなく気持ちがさえませんでした。ま、今もってなんともないので大丈夫ですが、あの事件以来、どうもハツタケが不安です。

 もうひとつ、このところ採れるのがあけびです。数日前、長女をバス乗り場まで送っていった家内が、「あけびが落ちていた」と、もって帰ってきました。後で、その場所を良く見てみると、道の反対側に、あけびのつるが木に巻きつき、たくさんのあけびがなっていました。昨日(9日)、二女が幼稚園に持ってゆきましたが、先生も園児たちも、びっくりしていました。特に、園児たちは初めての子が多く、「これ何?」と、興味津々の様子でした。今日も、買い物の帰りに見てみると、またたくさん色づいていたので、巻きついている木を揺らして落としました。しばらくは、山の幸が楽しめそうです。
[PR]

by omasico | 2005-09-10 17:58 | 四季折々  

霊名は使徒職を表す?

 手前味噌ですが、今日9月3日は、わたくしの守護聖人である、聖グレゴリオ1世教皇教会博士の記念日=いわゆる霊名の祝日です。修道院や、伝統ある地域によっては、その人の誕生日よりも、霊名の祝日を大事にし、盛大に祝う習慣もあるようで、我が家でもそのようにしたいのですが、今日は、午後、教会で、教会委員会があり、その後、教会学校で、娘たちが勉強というハードスケジュールで、そそくさと夕飯を済ませて、このブログを書いています。
 ブログ仲間の何人かの方からも、お祝いのメッセージをいたいただきました。ホームページのプロフィールページに、「洗礼名」を書いたので、ご覧になって、お祝いをくださったようで、感謝!感謝!です。わたしくしの方は、皆さんに、同じように霊名の祝日にお祝いをお伝えできるかどうか不安でいっぱいです。

 ところで、霊名は、たとえとしてはよくないかもしれませんが、戒名のようなもので、戒名は死んでからつけますが、霊名は、キリストの死と復活にあやかる洗礼の時につけます。日本人には、あまりぴんとこないかもしれませんが、「クリスチャンネーム」といえば、多くの方は、「なるほど」と思われるでしょう。

 さて、わたくしが洗礼を受けたのは、高校を卒業した年の復活徹夜祭でしたが、洗礼の前に、今は司祭になった友人と、どのような霊名にするか、考えました。結局、この先、教会音楽を学んで行きたいということで、グレゴリオ聖歌の生みの親と伝えられている聖グレゴリオ1世教皇教会博士にしたというわけです。グレゴリオ1世については、現在のイギリスに、宣教団を送り、ローマに聖歌学校「スコラカントールム」を作り、現在グレゴリオ聖歌と呼ばれている=ローマ聖歌を整備したと言われていますが、後者について、現在の研究では、約100年後の同名の教皇、グレゴリオ2世によるもの、と考えられています。
 話しを少し戻しますが、わたくしの霊名を一緒に考えてくれた友人の霊名は「ダニエル」です。彼は、幼児洗礼(生まれて数ヶ月で洗礼を授かる)で、お父さんが司祭と相談して決めたそうですが、「ダニエル」が候補にあがると、お父さんか司祭か忘れましたが、「そうですね、ダニエル電池というのもありますね」と言ったそうで、当人は、大きくなってからそれを知ったのですが、当時、たいそう憤慨していました。ま、当然といえば当然でしょうか。

 この、霊名守護聖人ですが、別の友人に言わせると、霊名守護聖人の名前が、人生を決めるのだといいます。確かに、わたくしの場合、教会音楽はもちろんですが、神学部と神学研究科では、「典礼」が専門で、学友からは、「これは、典礼神学にかなうもの、彼に聞け」というような感じでした。今でも、小教区の典礼委員長をやって(やらされて)いますし(来年で任期が終わります)、なんといっても、皆さん、ご存知のように、教会音楽にどっぷりで生活しています。
 その友人の守護聖人は、聖ヨハネ・マリア・ビアンネ司祭で、司祭に叙階するまで長い年月を要し(試験に何度も落ちたといわれます)、司祭になってからも、僻地の小教区でしか司牧させてもらえなかったそうですが、彼から赦しの秘跡を受けて指導を仰ごうとする信徒が、全国各地から訪れ、その行列は、何キロにもおよんだといいます。彼は、青年会で一所懸命活動し、自腹を切っては、みんなのために走り回り、みんなの相談にのっていましたが、なかなか壮年の人たちから認めてもらえず、自分がこんなになったのは、霊名守護聖人の、ヨハネ・ビアンネに似たからだ、とよくこぼしていました。
 他にも、それまで散々悪いことをしてきたが、あるとき回心して洗礼を受けて、洗礼を授けてくれた司祭から、霊名パウロにしなさいと言われてそのとおりにして、結局、自分も司祭になったという人もいました。

 このようなことが、どれだけ普遍性があるのか、統計を取ったわけではありませんが、霊名守護聖人が、その人の信仰生活に影響を与えているというのは、あながち、間違いではないかもしれません。なぜなら、いつも、わたくしたち一人ひとりのために守護聖人は、神様の前で祈ってくださっているのですから。
 
 
[PR]

by omasico | 2005-09-03 21:27 | 祈り・聖歌  

検索の楽しみ

  『典礼聖歌工房アトリエおましこ』と相互リンクするブログは、この「omasicoのお気軽、お気楽『年代記』」の他に、毎週の答唱詩編と季節の聖歌を解説した「今日の聖歌」(R-ブログ)、わたしの所属する小教区、横浜教区、上田教会の聖歌奉仕グループ「NCC練習日記」(G-ブログ)の二つがあります。ホームページとあわせると、都合、四つのサイトを更新しているというわけで、かなり綱渡り的な作業、というか、「よく整理がつくね」と言われそうですが、そこはながら族のB型ですから、何のことはありません。

 ところで、『今日の聖歌』のブログには、管理画面の中に「アクセス記録表示」という項目があって、何月何日何時何分何秒に、誰が、そのサイトを訪れたかがわかるようになっています。このプロバイダのブログを作っている人は、ニックネームが表示されます。わたしの場合は、omasicoさん となります。そうでない人は、接続契約しているプロバイダのアドレス、たとえばわたしなら ***plala.or.jp と表示されます。
 いろいろな、ブログでお互いに交流のある方や、仕事上で、住所やプロバイダがわかっている方は、プロバイダを一目見ただけでわかるのですが、ときどき、まったく予想がつかないところから、訪問される方もおられ、そのような場合、申し訳ないのですが、プロバイダのアドレスをコピーして、Google の検索で調べることにしています。
先月は、「
東急沿線のケーブルテレビ」で接続している方が、訪問されました(今月もありました)。この「東急沿線のケーブルテレビ」を検索した日は、ちょうど、川崎市制記念花火大会の日で、「東急沿線のケーブルテレビ」でも、その模様をライブ放送して、なんと、長野県の山の中にいながら、多摩川の花火大会を見ることができました。かつて、田園都市線沿線に住んでいたことがあり、懐かしいと同時に、当時は、まったく見に行ったこともなかったので、新鮮な感じでした。
 そして、今日(9月1日)未明には、なんと、ベルギールーベンカトリック大学からのアクセスがありました。わが、『典礼聖歌研究工房アトリエおおましこ』も、いよいよ国際的になってきたか?と思っても見ますが、ブログでも、海外からアクセスして、書き込んでおられる方も大勢おられますから、そういう方が、アクセスしてこられたと考えれば、何のことはないのですが、やはり、海外のカトリック大学からのアクセスは、気分が違うものです。

 こんなことを書くと、「いろいろ詮索されていやだ」、と考える方もおられるかもしれませんね。でも余計な事は、書きません(すでに書いている?)し、それ以上の詮索もしませんから、安心してアクセスしてください。

ちなみに、メールアドレスは、プロバイダも含めて7つあります。
さてその7つとはどこでしょう?



 
[PR]

by omasico | 2005-09-01 08:19 | HP・ブログ・通信