<   2005年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

本当かどうかわからないけれど

+ 主の平和。

 昨日、7月30日は、月に一回の、「長野教会聖歌隊」の練習日でした。
 3月から始め、今回が5回目。「指導が厳しい」というご意見もあるようですが、「聖歌」は歌ではなく、神のことば(『聖書』)によって、神に祈るものです。やはり、祈りを深く、品位あるものにするには、真剣になるのは当然です。そして、わたしが、一つでも間違った解釈で祈り方を伝えれば、聖歌隊はもちろん、聖歌隊のリードで歌うその共同体全体が間違った解釈で歌うことになるのです。
 教父の伝統では、
祈りの旋律は、ことばの解釈の表現
と言うものがあります。教会のことわざでも
祈りの法則は、信仰の法則
と言います。このようなことからも、聖歌は、単に歌、ではなく、祈りそのものであることがわかると思います。

 さて、今回は、8月の答唱詩編を中心にした準備、ということで,8月15日「聖母の被昇天」の祭日も含まれていました。この日の答唱詩編は詩編45、36「神のいつくしみを」です。この曲については、「お勧めサイト」から『今日の聖歌』をクリックしてご覧ください。
 この詩編、グレゴリオ聖歌では、"Audi filia" が有名です。
娘よ、聞け、耳を傾けよ。おまえの民と父母の家を忘れよ。
というのが、詩編のその節です。原意は、イスラエルの王に嫁いできた他国の王妃に、
おまえの民と父母の信じている神ではなく、イスラエル神。唯一、まことの神を信じなさい
というものです。

 Audiというと、四つのわっかのついた車を思い浮かべる方も多いと思います。この車、ドイツの車だったと思いますが、ドイツ語の辞書を調べても、Audiという単語はありません。ところで、このAudiのライバルとも言うべき車は、ベンツでしょう。最近は日本でも「メルセデス」と言うようになりました。この「メルセデス」、実は、ベンツの初代の社長さんのお嬢さんの名前なのだそうです。
 で、Audiの元の意味をもう一回、振り返ってください。「娘よ、聞け、耳を傾けよ。おまえの民と父母の家を忘れよ。」この中の、」を「」に変えてみてください。 一方の会社の社長さんが、もう一方の会社のお嬢さんに、
あなたのお父さんの作った車でなく、わたしの作った車にお乗りなさい。わたしのほうがいい車ですよ。
と言っているように聞こえませんか。 
 これが、本当かどうかわかりませんが、このAudiに、こんな意味が含まれているとしたら、なんと、おしゃれな遊び心でしょう。わたしたち、日本人にはちょっと想像できませんよね。それ以上に、ドイツの人たちが、このジョークを、Audiという一つのことばで、わかるとしたら、いかに、ドイツの人たちの心に、『聖書』のことばが、グレゴリオ聖歌によって、深くしみこんでいることか?わたしたち、日本人の心にも、これだけの余裕があれば、もっと、生活がおおらかになるかもしれません。

この詩編を祈ったり、準備するとき、いつもこのことが頭に浮かび、この話をしています。今回も、長野教会の聖歌隊の皆さんに「余談ですが」と話したところ、皆さん、不思議そうに納得しながらも、おおらかに笑っておられました。
 聖歌の練習も、実は、このような裏話?が、祈りを深めるきっかけになると思います。

 これが本当なら、言ったほうも、言われてムキにならないほうも、どちらの社長さんも、おおらかな心の持ち主だと思いませんか?
 

 
[PR]

by omasico | 2005-07-31 20:25 | 祈り・聖歌  

雨にも負けず

 今日は(日本全国そうだったと思いますが)、台風の接近で、一日中雨でした。
そんな中にも関わらず、休み前から約束していた、二女の幼稚園のお友だち、KちゃんとHちゃんの家族が、山の中まで遊びに来てくれました。
我が家に到着後、大人の皆さん開口一番「いいね~」。Kちゃんの家も、新築して間もないのですが、お母さん曰く「齊藤さんちも木の香りがするよ。」ひとしきり、大人は家の話で盛り上がりました。

 晴れれば、家の前で、炭火を起こしてバーベキューとしゃれ込むところだったのですが、この雨では致し方なく、家の中で、ホットプレートを使って、焼肉&焼きそばと相成りました。
 ここで颯爽と包丁で腕を振るったのはKちゃんのお父さん。数日前、仕事帰りに、自分で買出ししておいた肉をスライス、とうもろこしも家で茹でてきてあり、きゅうりの漬物も用意してくるという周到ぶり。なんと、今朝は4時半に起きたそうです。Hちゃんのお母さん、「一日でもいいから貸してほしいわ」。わたしも包丁は苦手ではありませんが、狭い我が家の台所では、一人で精一杯。今回はお任せすることと致しました。
 その間、子供たちは、ビデオの鑑賞会。数年前まで女の子の間ではやっていた、魔女のアニメを見ました。Kちゃんの家は、テレビもビデオも置いていないとのこと。妹のhiちゃんは、見てみたかったので、真剣に見ていましたが、やっぱり年少さんには難しかったようです。

 一通りの準備もできたので、いよいよ昼食。大人は、買い物の話し、幼稚園の話題、別荘地の様子など、話すことに事欠きませんが、子供たちは、それぞれに、食べたり遊んだりと、なかなか落ち着きません。ま、それもしょうがないですな、初めてのところなんですから。ビデオタイムの前に、ミルクを飲んで寝てしまった、Hちゃんの弟m君も音とにおいでお目覚め。「寝ていて、ゆっくり食べられると思ったのに」と、お母さん。ま、しょうがないです。Kちゃんのお母さんが、Hちゃんのお母さんのために、お肉や焼きそばを取ってくれました。

 子供たちは「ご馳走様」の後は、自分たちで、狭い家の中でも遊びに夢中、ようやく、大人の食事タイムとなりました。肉も焼きそばもほとんど食べつくし、しばし休息。すると、わが娘とHちゃん「おなかすいた~。」というわけで、今度はデザート。フルーツカクテルの缶詰と我が家で育てているカスピ海ヨーグルトを食べて、一服しました。その後、大人はコーヒータイム。Kちゃんがまわしてくれたコーヒーミルで挽いた豆をドリップしたコーヒーをわたくし目が淹れました。

 午後も3時近く、わたくし目が長女を迎えに行く頃は、雨脚もだいぶ強くなってきました。そろそろ帰宅、ということで、我が家のヨーグルト、別荘地内になっている誰の所有でもない木のスモモジャム、GMの手作りパンをお土産に持って帰っていただきました。
 「今度は、天気がいいときに、そとでバーべキューをしたいね」「夕方やって、夜、花火もいいね」「みんなで泊まって、ビールも飲みたい」と、大人の夢はつきません。
 運転と包丁を振るってくれたKちゃんのお父さん、ご苦労様!仕事で、今回こられなかったHちゃんのお父さん、今度は来られるといいですね。また、みんなで森林浴をしながら、別荘ライフを満喫しましょう!
[PR]

by omasico | 2005-07-26 19:22 | 交友・親類  

いずこでも、暑さを誘う、せみ時雨

+ 主の平和


 先日、二女の通う幼稚園のお泊まり会も無事終わり、幼稚園は、夏休みとなりました。
長女の通う小学校は、今週の水曜日まであり、しかも終業式の日も給食があるという、働くお母さんにとっては、至れり尽くせりの学校運営です。
 
 この時期、朝から晩まで、暑くなると元気がいいのは子供たちばかりではありません。朝5時前から元気よく鳴くのは、ニイニイゼミと赤エゾゼミです。ニイニイゼミは結構都会でも鳴いていることがあるので、知っている方も多いと思いますが、赤エゾゼミは、「ぎーぎー」といった声で、赤松林で鳴いています。今年は、ニイニイゼミがかなりたくさん鳴いている割には、赤エゾゼミの鳴き声は、いまひとつです。
 先週行った大阪では、朝早くから、クマゼミが鳴いていました。クマゼミは、最近の温暖化で、東京でも泣き声が聞かれるようですが、さすがにこのあたりでは、声を聞くことはありません。
クマゼミの「シャワシャワシャワ」という鳴き声を聞くと、「この暑いのにそんなに鳴くなよ!ますます暑くなるだろ」と文句の一つもつけたくなります。
 同じことが、ニイニイゼミにも言えます。「ジーーーーー」というあの鳴き声は、暑さを増幅することしきりです。
 ところが、です。このニイニイゼミも上田の街中に行くと、トンと鳴き声が聞こえないのです。教会の周りにも、公園や街路樹があるのですが、それほど気になりません。他の事に気をとられているせいかもしれませんが、やはり、山の中に比べると、泣き声が少ないように思います。
 
 明け方早くと、夕方に鳴くのは、ヒグラシですが、朝は、山の下から上の方へ、夕方は上から下の方へと移動してゆくのが、鳴き声を聞いているとわかります。

 とにかく、朝は暗いうちから、夕方は陽の暮れるまで、せみの鳴き声が途絶えることがありません。泣いている間は、とにかく『暑い』の一言に尽きます。せみの声が、暑さを誘うといっても過言ではありませんが、セミたちも、わずかの間の樹上の生活の間、精一杯、鳴いているのです。わたしたちも、この精一杯の人生を見習いたいものです。

 さて、先回、紹介した j-von 師がHPに『今日の聖歌』のリンクを張ってくれました。その他にもいろいろな方がリンクを張ってくださっています。とにもかくにも「神に感謝」に尽きます。『典礼聖歌』のホームページも公開に向けて尽力しています。8月前半には間に合わせようと思っていますので、今しばらくお待ちください。

 なお、このサイトの更新は不定期です。『今日の聖歌』は来週分と思っていましたが、主日に練習をする教会、聖歌隊も多いことでしょうから、夏休みの間に、少し先まで書き、2~3週間先の聖歌を解説できるようにしたいと思います。

話ががらりと変わりますが、8月6日に、従姉妹と「レクチャー・コンサート」『音楽と信仰-音楽の父バッハ』 を丸子町の信州国際音楽村で行います。当日券もありますので、お近くの方は、ぜひお越しください。

 では、皆さん暑さに負けずにがんばりましょう。
[PR]

by omasico | 2005-07-24 20:04 | 四季折々  

行きも帰りもお尻が痛い。

+ 主の平和。 


水と緑に恵まれた、長野県の山の中の、とある別荘地で、家族とともに暮らしながら、カトリック教会の祈りの歌、『典礼聖歌』の研究、指導、アドバイスをしています。
 『年代記』とは、古代ローマの、いわば公式な歴史記述で、現代風に訳せば、「お役所日記」とでも言えましょうか。あまり、細かいことにはとらわれず、omasico の普段の様子を、気軽な気持ちで、気楽な心で、つづってゆきたいと思います。

 7月18日、大阪関目教会で行われた「第四回高田聖歌の心を学ぶ会」に講師として参加してきました。今回のテーマは「主日のミサの聖歌の選び方」。スタッフの方々は、「このテーマで何人集まるか」不安だったようでしたが、80名を超える参加があり、上々だったようです。午後には、希望者が、ミサの選び方の実習を行いましたが、30数名が五つのグループに分かれ、活発に意見交換をしながら、聖歌を選んでいました。
 研修会の最後は、指導司祭の Y 神父さんの司式するミサで閉められましたが、 Y 神父さん、宣教師として日本にこられて37年にして初めて、日本語の歌唱ミサをなさったとのこと。
とても丁寧で祈りがこもっており、ことばがこころに染み渡る祈りでした。で、手前味噌ですが、Y 神父さん、わたしがプロデュースした「典礼聖歌アンサンブル」のCD、『ミサ-愛の秘跡・感謝の祭儀』を何回も聴いて勉強なさったとのこと。これだけでもCDを作ったかいがありました。一緒に作った j-von 師も喜ぶことでしょう。

 ところで、今回、行きも帰りも、一日一往復ある、長野-大阪直通の「しなの」に乗りましたが、所要約5時間。足は、スニーカーに、列車に乗るときの七つ道具の一つ携帯用スリッパを持っていったからよかったのですが、行きは、お隣のお嬢さんが名古屋の手前で寝てしまい、起こすのにしのびなく、外へ出るに出られず、お尻が痛くなってしまいました。帰りは、これに懲りて、名古屋の手前で、立って体操をしたのですが、やはり木曽福島から痛くなりました。

 大阪「しなの」は安くてよいのでが、次回からは、もう少し座席を研究して、乗るようにしたいとおもった次第です。 
 
[PR]

by omasico | 2005-07-21 08:46 | 旅行・鉄道・趣味