カテゴリ:グルメ・御酒( 11 )

 

季節の飲み物

蒸し暑くなってまいりましたね。これからの時期 日が傾いてくると 飲みたくなるのが炭酸系の飲み物。わたくしは あま~いビールやサワーではなく ドライ系のハイボールを中心にいただいています。
e0031331_14513819.jpg
まずは アサヒの「辛口焼酎ハイボール」。辛口ハイボールでは オーソドックスな味です。


e0031331_14434663.jpg
次は 神戸寄留地の「ストロングチューハイ」。ベースがスピリッツとウォッカの混合です。価格はここに挙げた中で一番廉価ですが その分味ももう一つという感じです。

e0031331_14433544.jpg
3番目は寶「焼酎ハイボール ドライ」。いち早く 焼酎は糖質0を打ち出した 焼酎ハイボールの基本商品です。

e0031331_14444249.jpg
その次は同じく 寶の「焼酎ハイボール 強烈サイダー割」。夏季限定のいわゆる強炭酸です。




e0031331_14431024.jpg
こちらは 先月末に発売された アサヒ「WILKINSON HARD」。炭酸飲料では老舗のWIKINSONを使ったウォッカベース。こちらも強炭酸です。期間限定ではないので強炭酸がお好みの方や焼酎ベースのハイボールはちょっと という方にはお勧めです。

e0031331_14432406.jpg
同じく先月発売されたばかりの「鍛高譚ハイボール」。今まで あま~い系のサワーしかなかったセブンプレミアム初のドライ系ハイボールです。紫蘇焼酎の鍛高譚をベースに使っているので 鍛高譚特有の紫蘇の香りと味がします。鍛高譚ファンの方にはお勧めです。ただしセブンプレミアムの商品なので ほかのハイボールと比べて価格が高いのが難点です。

e0031331_14425583.jpg
最後に紹介するのはいわゆる糖質0の発泡酒 アサヒの「贅沢ZERO」。糖質0の発泡酒も各社から出ていますが ほかのものは人工甘味料を使っていますが 「贅沢ZERO]は人工甘味料を使っていません。泡立ちも ほかの商品に比べて ビールに近いくらい良いので 発泡酒を飲みたいときにはこれをいただいています。


ということで 今回は わたくしが飲んでいる 糖質オフのハイボール 発泡酒をご紹介しました。
おつまみも もちろん 糖質オフの肉や魚をおいしくいただいています。


[PR]

by omasico | 2017-07-04 15:16 | グルメ・御酒  

久しぶりに料理

今日は、新しい主任司祭の最初のミサでした(でも、初ミサとは言いません)。ミサが11時からだったので、その前に、明日今年度最初の授業を行う神学院へのお土産を買いに近くのスーパーへ。そのあと、ミサに出かけ、ミサ後は新司祭の歓迎会の茶話会。その後、教会近くのスーパーで買い物をしたので、家内がかなり疲れてしまいました。

というわけで、今晩の夕食はわたくしがボランティアで料理。

e0031331_19562084.jpgレタスの上に、ニンジンを細かく刻んだ卵サラダ、味付けはマヨネーズのみ。そこに、ちぎったスライスチーズとアーモンドスライスをのせたもの。
e0031331_19563422.jpg明日のお弁当を兼ねた鳥の胸肉のクリーム煮。賞味期限がかなり切れた生クリームはかなり固まっていたので、牛乳をプラス。
e0031331_19564721.jpg残っていたボローニャハムと玉ねぎ、きゃぺつのスープ。味付けは手を抜いて、市販のわかめスープにしょうゆを少々。


久しぶりに、3品も作ってしまいました。ま、家内も娘たちもいただいてくれたのでありがたかったです。もう少し手の込んだ料理をすればよかったのですが、とっさのことだったので、この程度でした。週に一回くらいは料理をするのもいいかもしれません。

ちなみに、これくらいなら、穀物がないので、糖質もかなり低いです。きちんと、MEC=肉、卵、チーズにしたところもみそですよ。
[PR]

by omasico | 2016-04-03 20:10 | グルメ・御酒  

WHO ガイドライン

わたくしも、つい、数日前に気が付いたのですが、今年の3月、WHO(世界保健機構)が、砂糖(Sugar)の一日の摂取量のガイドラインを新しくすることに関して、パブリックコメントを受け付けたということです。WHOが砂糖の一日の摂取量についてのガイドラインを出していることすら知らなかったのですが、現在のガイドラインでは、一日の摂取カロリーの10%未満にするようにと、勧告しています。新しいガイドラインではそれを、5%未満にしようというのです。それによって、さらに、肥満や虫歯などを改善しようというものです。

そもそも、カロリーというものが、眉唾物なのですが、それについては、おいておきますが、新しいガイドラインによると、標準体型の成人では、一日の砂糖の摂取量が25グラムになるということです。この、計算式は次のようになります。
2000(一日の摂取カロリー)÷4(砂糖は1グラム当たり4キロカロリーと定められているので、これをグラムに換算するために)×5%=25グラム となります。

現在のガイドラインでも、一日の摂取カロリーの10%未満に、ということですから、WHOのガイドラインによれば、一日の砂糖の摂取量は、50グラム未満が理想、ということになります。

では、わたくしたちは一日にどれくらいの砂糖を摂取しているでしょうか。単純に砂糖=Sugar と考えた場合、スーパーやコンビニ、あるいは自動販売機などで売られている、500ml入りのペットボトルの清涼飲料水の場合(ノンシュガーではなく、砂糖を使っているもの)、100mlあたり5~11グラムの砂糖が入っています。一番多いのは、コーラの類で、11グラム強。スポーツドリンクでも、おおよそ8グラム。これが100mlあたりですから、ペットボトル1本では、25~最高で60グラムの砂糖が入っていることになります。

つまり、WHOのガイドラインに従えば、現在でも、100mlあたり、10グラム以上のものを、新ガイドラインによれば、5グラム以上のペットボトルを一日1本飲んだだけで、一日の砂糖の摂取量を簡単にオーバーしてしまうということになるのです。しかも、このガイドラインでは、砂糖(Sugar)の中には、果糖なども含まれていますから、これらの飲料水に加えて、果物やスイーツ、菓子パンやお茶菓子におまんじゅうなどを食べたら、ゆうに、数倍の砂糖をとることになります。

スーパーやコンビニ、では、たくさんの清涼飲料水やお菓子が売られており、大勢の人が、これらを購入してゆきます。その実態は、WHOのガイドラインの数倍の砂糖(Sugar)を日本人が摂取していることを示しています。さらに、お弁当や加工食品の中にも、砂糖が相当量使われていますから、このガイドラインの数倍の砂糖(Sugar)をとっていることは間違いありません。

そして、このガイドラインでは触れられてはいませんが、体内で砂糖と同じく、筋肉や脂肪細胞に蓄積されるのが、ブドウ糖、すなわち、炭水化物=糖質です。ご飯茶碗1杯のご飯を食べた場合、砂糖55gを食べたのと同じだけのブドウ糖が体内に摂取される(コーラ1本飲んだ時の砂糖と同じだけのブドウ糖が摂取される)わけです。炭水化物=糖質も砂糖に換算すれば、いかに、大量の砂糖を摂取しているかがわかると思います。
[PR]

by omasico | 2014-12-02 16:20 | グルメ・御酒  

「もったいない」から見ると

 不二家の事件は、相変わらず、問題を振りまいているようですが、今回のことで、ちょっと考えたことがあります。というのは、昔、そうですね、わたくしが子どもの頃、すなわち40年位前までは、賞味期限とか消費期限なんてものはなかったような気がするのです。牛乳でも、おにぎり(おむすび)でも、あるいは、生ものでも、日にちがたったら、臭いをかいでみて「これは腐っている」「これは大丈夫」「これは危ない」というふうに、つまり、人間のもつ本能、そして、経験と感で、判断していました。ところが、だんだんと、食品衛生に対してのマニュアルが厳しくなるというか、流通機構が複雑になるにつれて、そういったもの、経験と感が入り込む余地がなくなってきて、一律に、機械的に管理するようになって来ました。
 わたくしが、勤めているコンビニエンス・ストアーでも、賞味期限の2時間前を過ぎると、お弁当、菓子パン、おにぎり類は、レジではじかれてしまい、原則として廃棄されてしまいます。たとえば、賞味期限が○月○日19時というものは、その2時間前ですから 17時 には、売れなくなってしまいます。
 もちろん、安全のために考えてあるのですが、実は、ここに、ひとつ、大きな落とし穴があります。それは、たとえば、お客さんが、すぐに、食べようと、買おうとしたおにぎりでも、この時間に引っかかると、賞味期限内でも買うことができなくなってしまうのです。これは、おそらく、いろいろと調査をして、お客さんが、お店で買ってから、だいたい、どのくらいの時間で消費するかを調査した結果だとは思いますが、賞味期限内のもので、しかも、すぐに食べたかったとしても、買うことができません。反対に、賞味期限が午前11時のものを、販売制限になる前の、8時30分に買っても、食べるのが、13時 であれば、今度は、賞味期限切れのものを食べる、という、矛盾が起こるのです。もちろん、その場合、何かあっても、それは、買った人の自己責任ということにはなるのでしょうが。
 では、なぜ、このような矛盾が起こるかと言うと、もう、お分かりと思いますが、食べる時間とは、無関係に、賞味期限によって、一律に販売制限が設けられているからです。確かに、機械で、一律に管理をすれば、人間のミスによる間違いは、ほとんど起こる余地はありません。しかし、それによって、まだまだ、十分、食べられるものでも、捨てられていってしまうことになるのです。まさに、もったいないことをしているのです。
 今回の、不二家の工場の人たちも、もしかすると、
まだ、腐っていないし、使えるのだから、もったいない
と、思って、期限切れの牛乳を使ったかもしれません。もちろん、それは、今の日本の社会システムの中では、いけないことですが、見方を変えると、世界中で何億という人が餓えているという現実を考えると、まだまだ、食べられるものを捨てている、日本の社会システムに、実は、大きな問題があるのではないか、ということも、いえるのではないかと思います。もったいないという、視点から見ると、今回の不二家の事件は、経験と感という人間の本能を忘れてしまった、日本を象徴する出来事ではないかと思うのです。Excite エキサイト : 社会ニュース 
 
[PR]

by omasico | 2007-01-17 14:24 | グルメ・御酒  

多治見神言修道院ワイン

e0031331_17235369.jpg『典礼聖歌』の生徒(と書いたら、ご本人たちから、叱られるかもしれませんが?)でもある、T夫妻から、今日、多治見神言修道院ワインを送っていただきました。このワインは、その名のとおり、多治見神言修道院で作られています。毎年、勤労感謝の日である11月23日に、この多治見神言修道院多治見ワインフェスタが行われていて、去年と今年、T夫妻が訪れ、今年はお願いしていたワインをわざわざ送ってくださったのです。
 さて、「多治見ワインフェスタ」のチラシを見ると、ワイン飲み放題・オリジナルカップ付ということですから、ワイン好きには目が離せない、イヴェントだと思います。ちなみに、わたくしは、この日は、長野教会聖歌隊の練習日だったので、残念ながら、出かけることはできませんでした。
 実は、去年もT夫妻はここを訪れていて、その帰りに、NCCの聖歌練習に参加してくださり、赤白1本づつ、ワインを置いていってくださいました。その2本のワイン、実は、結局、飲む機会がなく、まだ、わたくしの仕事場の部屋に寝かせてあります。
 この、多治見神言修道院ワインですが、ほとんど市場に出ていないようで、この、多治見神言修道院を訪れるか、社会福祉法人AJU自立の家 ピア名古屋、あるいは多治見市観光協会のホームページから注文するしか、入手できないようです。
 というわけで、珍しいワインを送ってもらいましたが、そろそろ、待降節に入ることもあり、しばらく置いて、降誕祭になってから、ゆっくりと味わいたいと思います。どんな味かは、楽しみですが、一つだけ欲を言えば、酸化防止剤無添加ならもっとよいのですが。
 そうそう、来年は、この修道会の会員でもあり、よき悪友?でもある、J-von師をたずねるついでに多治見ワインフェスタにも出かけてみたいと思います。だれですか、本当は多治見ワインフェスタがメインで、J-von師に会いに行くのは出汁でしょ!なんて言っている人は。
 
[PR]

by omasico | 2006-11-26 18:46 | グルメ・御酒  

ボージョレー・ヴィラ・ヌーヴォーは?

e0031331_10411015.jpg 先週の木曜日、16日に、ボージョレー・ヴィラ・ヌーヴォーが解禁になりました。今年のボージョレー・ヴィラ・ヌーヴォーは、なかなかよい出来との評判らしいので、よく、売れているのでしょうか?
 今年の、販売で、もうひとつ様変わりしたのが、試飲の減少でしょう。道路交通法で、飲酒運転の罰則が重くなり、飲ませたほうも処罰の対象となりかねないので、スーパーやコンビニでの、試飲がなくなっています。

 ところで、ボージョレー・ヴィラ・ヌーヴォーの最大の消費国は?と言うと、本家のフランスではなく、わが国、日本で、何とボージョレー・ヴィラ・ヌーヴォー8割     8割     8割を、消費しているそうです。それだけ、日本人がブランドに弱い証拠かもしれません。
 この、ボージョレー・ヴィラ・ヌーヴォー、その名のとおり、フランスのボージョレー村で作られた新酒(ヌーヴォー)ですが、なぜ、新酒(ヌーヴォー)のうちに飲むかというと、長く保存ができず、すぐに酢になってしまうからなのです。江戸時代、灘の酒が、船に揺られて江戸につくと、おいしくなっていたので、灘の生一本がもてはやされたのとは、ちょうど、正反対、と言うわけです。ま、ことば悪くいえば、
せっかく作ったけれど、長く、取っておけないし、どっか、飲んでくれるところへでも売るか
と言う感じかもしれません。日本では、宣伝効果絶大で、売れていますが、本家のボージョレー村のかたがたは、どう思って作っていらっしゃるのでしょうか?こちらのほうが興味津々です。

 ところで、わたくしは、塩尻の無添加ワインのほうが好みです。
[PR]

by omasico | 2006-11-21 11:03 | グルメ・御酒  

りんご

 11月3日の文化の日、家族で、須坂まで小旅行に出かけました。目的は、りんご信州は、青森県と並んで、有名なりんごの産地ですから、わざわざ出かけなくても産直で買えますが、今回訪れた黒岩果樹園は、春から秋にかけて、さまざまな果樹を扱っています。
 須坂までは、菅平を超えてゆきましたが、ちょうど、からまつの黄葉がきれいでした。   
 黒岩果樹園は県道沿いにプレハブの小屋を建てています。小屋の中には、ごらんのとおり、りんごが山のように詰まれています。
e0031331_18423580.jpg
e0031331_18531688.jpg

 この日、たくさんあったのは、
  • あいかの香り(サンふじの限定種)
  • シナノゴールド
  • シナノスウィート
  • 王林
などでした。
 果樹園は、お店の裏の方に広がっており、ちょうど、これから収穫されるりんごがなっていました。
e0031331_18593118.jpg

 お店の中には、座って一休みできるように、お茶や漬物も用意してあり、娘たちは、漬物やうすやき(にらだけを入れた、お好み焼きのようなもの)をパクパク食べていました。
 りんごは、シナノゴールドや紅玉、ジュース用のものもたくさんかって、車に積み込み、須坂長野東インターの近くの、ファミリーレストランでお昼を食べて、上信越道を通って帰りました。天気もよく、ドライブ日和でしたし、おいしいりんごも試食して、たくさん買うことが出来ました。当分は、我が家でも、りんご三昧の日が続きそうです。
[PR]

by omasico | 2006-11-05 19:09 | グルメ・御酒  

玲瓏・再び

e0031331_16534193.jpg
今日、従妹が来訪しました(こちらもご覧ください)。最寄の、鉄道の駅で待ち合わせ、帰りに買ってきたのが、この玲瓏
 普段は、こんな高価な?お酒は飲まないのですが、従妹が着たので、奮発しました。玲瓏については、去年、この『年代記』にも詳しく書いていますので、こちらをご覧ください。
 で、そのときは、まだ、デジタルカメラがなく、画像をアップできなかったので、今回は、画像をアップしました。ま、何の変哲もない瓶ですが、お店のタンクから直接入れるので、ふたを閉めると、きちんと封印をします。この、封印をとくのがまた、楽しみの一つであります。
 今晩も、お米の甘さが醸し出す、この玲瓏のうまみを味わいたいと思います。

写真をわたくしの、デスクで撮ったので、「コンコルダンス」なんかも写ってしまっています。
[PR]

by omasico | 2006-08-17 17:07 | グルメ・御酒  

マグロの目玉(グルメ)

 山国=信州に住んでいるにも関わらず、我が家で人気の食材は、マグロの目玉です。車で12~3分のところにある、隣町の魚屋さんで、ときどき、二つ100円で特売されています。先日も、この魚屋さんの「お魚魚の日」(おととのひ)ということで、特売で出ていて、二パック買ってきました。それを、しょうゆとみりん、しょうがを入れて煮込みます。マグロは油が多いので、こってりしていますが、さかなの油は、体に良いので、あまり気にせずに食べられますし、さらに、我が家では普段、揚げ物とかてんぷらとか油の多いものはほとんど料理しないので、それほど、カロリーも気にしないで食べています。
 
 ところで、マグロというと、日本人は、すぐに「とろ」とか「おおとろ」といった、油の多いところを食べたがりますが、最初はこのような油の多いところは、食べられていなかったそうです。第五福竜丸被爆事件のとき、マグロが高騰したことから、仕方なくお客さんに出した「とろ」や「おおとろ」が人気となって、今に至っているそうです。
 もうひとつ、マグロはとりたてのものは、おいしくなく、一度冷凍保存しないと、おいしさがひきたたないのです。ときどき、グルメ番組などで、レポーターが「新鮮なマグロですね!」なんて言っていますが、「新鮮なマグロ」では、本当のおいしさは味わえないのです。

 マグロが一番多く水揚げされるのは、成田漁港(成田空港)なんていわれていますが、神奈川の三崎漁港はマグロの水揚げも多く、マグロ料理を食べさせる店も多いようです。他に、静岡県の焼津漁港もマグロの水揚げが多く、マグロ料理が味わえます。また、紀伊の勝浦近辺でもマグロ料理がおいしいようで、これらの、地域のマグロ料理を食べさせてくれるお店では、「マグロの兜焼き」をやっているところもあるようです。一度、この「マグロの兜焼き」を食べてみたいと思うのですが、なかなかチャンスがありません。
  • 三崎漁港(神奈川)
  • 焼津(静岡)
  • 紀伊勝浦(和歌山)
おいしいお店を知っていたら、ぜひ、教えていただきたいと思います。

 マグロそうですが、牛も、「霜降り」はおいしいと言われています。でも、よく考えると、人間で言えば、中性脂肪の多い、一番不健康なところを食べているのです。お金がなくて、僻んで(ひがんで)言うのではありませんが、魚の頭を食べると頭が良くなると言われていますので、せっせと、安くておいしくて頭が良くなるマグロの目玉を食べたいと思います。

 でも、このブログを読んだ、たくさんの人に、マグロの目玉を買い占められて、安く手に入らなくなっても困るのですが....... 。 
[PR]

by omasico | 2005-11-12 19:37 | グルメ・御酒  

ゲテモノ食い

 前回、おつまみに食べる、蜂の子について書いたところ、何人かの方からイナゴのコメントをいただきました。そこで、今回は、信州のゲテモノ食い、と言ったら他の方に叱られるかもしれませんが、わたしの知っているところを書きたいと思います。

 《蜂の子》
 これは、前回かなり詳しく書いたと思いますので、多くは書きませんが、今でも、醤油煮の缶詰が主流で、ひと缶1000円くらいで売っています。ようは、蜂の幼虫と蛹、場合によっては親も入っています。幼虫と蛹はやわらかく、親はこりこりとしています。

 《イナゴ》
 イナゴは、信州だけではなく全国的に食べているのではないかと思います。現在、スーパーなどで売られているものは、そのまま、佃煮や醤油煮などになっているようですが、昔は、足と羽を取ったものを煮ていました。取った手と足とは、いったん炒り、すり鉢でつぶして細かくし、味噌と混ぜて、「イナゴ味噌」にします。味噌は、好みに応じて、砂糖や味醂で甘味を加えたりします。

 《絹の花》
 と、書くと優雅な名称ですが、実は、蚕の蛹佃煮です。上田市は、諏訪や岡谷などと並んで、養蚕が盛んでした。繭を取って残った蚕の蛹は、以前は、塩田や佐久で飼われている鯉の餌にも使われていましたが、鯉が蛹臭くなることから、新たな活用法としても、この蚕の蛹佃煮にされるようになりました。やや、しっとりとした食感ですが、現在は、それほど臭みはありません。

 《ざざ虫》
 ざざ虫とは、トビゲラやカワゲラの幼虫のことで、川の瀬=「ざざ」で獲れるのでこの名がつきました。ざざ虫を獲るのは主に天竜川で、ざざ虫が食べごろの大きさになるのは、冬、川の水が冷たくなる頃です。防寒防水のゴム服があるとはいえ、冬の水の冷たさに耐えるのは、大変なもので、現在は、後継者不足が深刻です。いずれざざ虫は、幻のゲテモノになってしまうかもしれません。

 《カラス田楽》
 このカラスは、何かの別名ではなく、まさに正真正銘、「カーカー」と鳴くカラスです。戦後、上田近辺では、このカラス田楽が食べられていました。羽をむしったカラスを骨ごとミンチにし、ハンバーグの形にして五平餅のような木の棒に刺し、、いったん軽く焼きます。さらに、五平餅のように、味噌(好みに応じて、砂糖や味醂を加えたり、唐辛子を入れたり)をつけて、再び焼きます。現在では、まったく知られていませんが、戦後の上田地方の食文化として、このからす田楽を復活させて、全国的に宣伝すれば、かなりの反響があると思います。ま、こんなことを考えるのはわたくしくらいでしょうか。

 現在、カラス田楽以外は、缶詰で食べることができ、特に、伊那・南箕輪村の「かねまん」が、発送もしています。

 ところで、究極のゲテモノは?と聞かれたら皆さんは、何を挙げますか?
 わたくしは、昔、「野生の王国」「野生の驚異」でみた、
 
アフリカのサソリの生食い

 
インドかどこかのやはりありの生食い

 の二つです。
 この二つは、いまだもって、チャレンジする勇気には、かけています。



 
[PR]

by omasico | 2005-10-02 20:10 | グルメ・御酒