二週続けて「初聖体」

 今日=15日、復活節第2主日(神のいつくしみの主日)は、長野教会へ出向きました。と言うのも、わたくしが、代父をした小学校4年生の男の子が、今日、初聖体だったのです。
 普段、長野教会へは、奇数月の第二土曜日、聖歌隊の練習に行くだけなので、ミサに参加するのことは、めったにありません。幸いにも、長野教会のミサは、11時なので、家を9時ごろ出ても間に合う時間なので、それが、一番助かりました。ところが、今日に限って、上信越自動車道の ”須坂長野東インターチェンジ” を降りると、なんと、長野マラソンの開催で、危うく、渋滞に巻き込まれるところでした。それでも、エムウェーヴ近辺以外はすいていたので、教会にはミサの始まる20分前につきました。
 一番、気になったのは、やはり聖歌隊と聖歌ですが、今日の話題ではないので、カットします。初聖体を受けた子どもは全部で11人。長野教会は原則として小学校四年生になる時の、復活節第2主日(神のいつくしみの主日)に受けられることになっているそうですが、海外から来ている子もいるようで、もっと、大きい子も何人かいました。わたくしが代父をした、H君はこの4月から小学校四年生で、長女と同じ年。上田では小学校二年生になる復活祭に初聖体だったので、先週、所属の上田教会で初聖体を済ませた二女が聖体拝領するとき、二女はきちんと手を出したのですが、聖体奉仕者の方が戸惑いましたが、「済んでいます」というと、聖体拝領することが出来ました。こういう点は、各主任司祭の判断で、初聖体の歳が決まりますが、やはり、教区での指針があればよいかな?とも思いました。
 同じことが、言えたのは、初聖体を受けた子どもたちへの、お祝いのことばの中で、ミサの最後には主任司祭から、その後のパーティーでは教会学校の指導者の方から、「長野教会に皆さんの喜び」とか「祈り」と言うことばはありましたが、教区に目を向けたことば、「司教様も喜んでくださるでしょう」とか「教区全体皆さんも祈ってくださいます」といったことばがなかったことは少なからず残念でなりませんでした。
 さて、初聖体は洗礼と同じく、これが終点ではなく、あくまでも出発点です。今日、初聖体を受けた皆さんも、今日を新たな出発点として、毎週のミサを大切にしていってほしいと思います。わたくしも、小教区は違いますが、代父として、また、同じ横浜教区の信徒として、今日、初聖体を受けたH君はじめ、長野教会の子どもたちが、これからも、ミサを初めとする教会の祈りを大切にし、深めてゆくことができるように、祈りたいと思います。
 このブログを見た、キリスト者のみなさんも、ぜひ、この11人の子どもたち、また、先週、初聖体を受けた、上田教会の子どもたちもために、お祈りくださるようお願いいたします。
[PR]

by omasico | 2007-04-15 17:29 | 祈り・聖歌  

<< 「ひとりしずか」今年も咲きました。 7年間ご苦労様でした >>