♪ 聖歌のメンテナンス ♪

 先日、ある、有名な教会でのミサに参加しました。そこの教会は、おそらく、その県内でも一般にも有名な教会だと思います。しか~し!そのミサで、信じられない体験をしたのです。
 その、信じられない体験は何かと言うと、わたくしが、ホームページ『今日の聖歌』で、
これは祈りにはならないので、絶対にやってはならないことです!
と言っていることが、ほとんどすべて行われていたことです。

 その顕著なものは、なんと言っても答唱詩編ま、答唱詩編を先唱者が朗読台から先唱しているのはいいのですが、
  1. オルガンが前奏をきちんと歌うように音を刻んでいない
  2. テンポが遅すぎる
  3. 詩編唱とオルガンの入るところがあっていない:八分音符3拍分くらい先唱が遅い
  4. 詩編唱のことばをぶつぶつ切っている
  5. もちろん、詩編から答唱句へ戻るのも遅い
という具合です。
 そのほかに、「連願」もあったのですが「主よ、あわれみたまえ」というところも、
「主よーー*あわれみたまえ」=最初の「主よ」を必要以上にのばして、後ろの「あわれみたまえ」を機関銃のように歌う=と歌っていました。
 とにかく、先唱は答唱詩編「連願」もリタルダントは全くなし!これでは、全く、祈りはおろか、歌にもなっていなかったとしか言いようがありませんでした。
 こんな歌い方では、オルガンと聖歌隊で「わたしたちがひどい歌い方をするので『典礼聖歌』は嫌いになって歌わないでください」と言っているようなものでした。
 
 では、なぜこんなことになってしまったのか?といろいろと考えたのですが、結局、
歌詞が日本語なので、歌えていると思い込んでおり、聖歌について、祈りとしてのメンテナンスが行われていない
という結論に達しました。つまり、車で言えば、車検や整備を受けていないので、ファンベルトのゴムが劣化し、ボルトが金属疲労を起こしているのですが、車体がきれいなので、中の劣化に気がついていない状態でいるのと同じなのです。
 他の教会でも、「主の祈り」の息継ぎ「」と八分休符が同じように歌われていたところもありました。

 このような状態を放置しておくと、ミサの祈りがマンネリ化し、最終的には、共同体自体に活気がなくなってくるのは確実です。
 今までの経験からも、
祈りとしての聖歌が、よい状態になればなるほど、ミサに参加する会衆も増えてきますし、共同体自体にも活気が出てきます。

 
 聖歌はミサの飾りではなく、祈り・式文=ミサそのものです。また、そこで歌われる『聖書』のことばによって、わたしたちを生かしてくれる生歌でもありますが、また、わたしたちがそれを生かしはぐくんで行く生歌でもあるのです。

 皆さんの共同体も、メンテナンスが必要かどうか、一度検証してみてください。

検証の基準
  1. オルガンの前奏と会衆の歌のテンポが極端に異なる
  2. 詩編唱の最初が、オルガンと先唱者とでずれている(オルガンが早く出る)
  3. 原則として一続きで歌わなければならない詩編唱を、字間があいているところで、ぶつぶつ切って歌っている
  4. アレルヤ唱のアレルヤが一回ずつ切れたり間延びしている
  5. 「さぃ」や「ます」を「さいー」「ますー」と、最後を長く歌っている
  6. 曲や文の終わりがていねいに終わっていない=リタルダントしていない
  7. 答唱詩編以外で詩編の歌をうたうとき、詩編はいつも1と2だけ歌っている
  8. 奉献文の栄唱で、司祭の先唱と会衆の応唱のテンポが極端に異なる
  9. 「主の祈り」の息継ぎ「」と八分休符を同じように歌っている
  10. 最近3年以上、聖歌の研修会・黙想会を行っていない
いかがですか?これらのうち、
1つでも該当するものがあれば、要注意!
3つ以上あれば、危険信号!!
5つ以上はすぐにメンテナンスが必要!!!です。
 
 
[PR]

by omasico | 2006-03-27 20:08 | 祈り・聖歌  

<< 春休み★家族旅行^~^ ∮ いよいよ卒園 ♪ >>