白鳥見物

 今日は、先日の「さえずり」にも書いたように、長女のクラスメートのMちゃんを誘って、安曇野市にある豊科の白鳥湖に、白鳥を見にで出かけました。
 前日は両親宅へ泊まったので、9:15に出発。Mちゃんのおうちの美容室に、Mちゃんを迎えに行って、いざ出発。三才山トンネルを通り、約1時間で、豊科の白鳥湖に到着しました。さすがに、土曜日とあって、県外からも、家族連れがたくさん訪れていました。
 豊科の白鳥湖では、豊科白鳥の会のかたがたが、毎日、ボランティアで、飛来した白鳥の数を数え、朝、昼、夕方の三回、えさを与えています。
 ちなみに今日、1月28日白鳥の数は ↓ でした。2318羽
 
 さて、子どもたちの今日の一番の楽しみ白鳥餌付けですが、その餌付けの時間は12時30分。まだ、1時間半以上あるので、少し早いものの、近くのロイヤルホストでお昼を食べることにしました。長女とMちゃんは「海老マカロニグラタン」を食べました。
 お昼も終わって、再び、豊科白鳥湖へ。やはり餌付けの時間とあって、人も車もいっぱいです。いよいよ12時半になり、豊科白鳥の会のかたがたが、犀川に入り、まず、米などをまきます。中には、えさをまく前に、えさの入ったバケツに入って独り占めする、ちゃっかりした鴨もいました。
 その後、ギャラリーの観光客が、細かく切ってある食パンを、白鳥たちに与えることができます。わが、三人娘も、待ってましたとばかりに、えさを与えていました。先週も訪れたというご婦人の話では「先週はもっとたくさんいましたよ」とのことでした。それほど多くない白鳥と、たくさん見に来た観光客と比べて、「白鳥と人とどちらが多いかな」というと、ロープの外から見ていた人も、「そうだね!」といって笑っていました。ちなみに、二女は、最後に、勢い余って、足を川に入れてしまい、帰りは、おんぶとなってしまいました。

 白鳥湖白鳥たちに別れを告げて、近くの豊科インターから長野自動車道に入り、麻績おみインターまで一区間走り、修那羅峠しょ な ら とうげ を越え、青木から塩田野を通って帰りました。久しぶりのお出かけで、しかも、仲良しと一緒ということで、長女もMちゃんも喜んでいたようです。

 で、この、白鳥の写真は、来週にも、「さえずり」のほうにアップしたいと思います。でも、その前にデジタルカメラの画像を、CDに入れないといけないのですが。 
 
[PR]

by omasico | 2006-01-28 17:02 | 四季折々  

<< のんびりブログ 寒さの中でのオルガン >>