歌唱ミサの練習

昨日と今日で助祭コースの歌唱ミサの練習を終えて 今年のカリキュラムがすべて(わたくしも助祭さんたちも)終了しました。

昨日と今日にかけて一人20分ずつ叙唱と奉献文などをれんしゅうしましたが 助祭さんたちは一人20分でもわたくしは人数分の時間。ただ歌うだけではなく 祈りのことばをより味わえるように 技術的なことも含めてアドバイスしたり 音がうまく取れないところは一緒に歌ったりします。一人ひとりの力量が違うので 各々にふさわしいアドバイスをしなければなりません。

こういうことのために 授業の後の「晩の祈り」や翌日の「朝の祈り」にも参加して 司式の様子を聞いています。

さらに 一緒に歌って的確なアドバイスをするためには わたくしがきちんと歌えなければなりません。そのために 行きたくはない仕事の往復の時間を活用して 歌っています。この日(一日あるいは二日)のために多くの時間を割いています。

一人20分の練習は わたくしにすれば少ない時間ですが 各々得手不得手もありますので 無理にというわけにもいきません。それでも昨日今日の練習で どの助祭さんも祈り方がよりよくなったと感じました。とりわけ一人の助祭さんは個人練習の時間を使って一年かけて準備をしてくださいました。

皆さん音楽を専門に勉強した方ではありませんので 全員がいい声 いい音程 ではないかもしれません。しかし それ以上に大切なのは 司祭として司式者として朗唱する祈りのことば 救いの歴史の叙述 キリストのことばを 音楽=歌という手段によって より美しく表現し 味わい深くすることです。そのためには 時間も回数も必要でしょう。そして何よりも 祈りをより美しく表現し味わい深くするために 司祭が歌うには その祈りにこたえる会衆の皆さんの協力がなければできないわけです。司祭が歌唱ミサをするためには会衆の皆さんも一緒に心を合わせて歌っていただきたいとお願いします。

今年度の練習は終わりました。わたくしは明日ではなく 今日入浴時からまた来年の歌唱ミサの練習に向けて準備を始めます。

[PR]

by omasico | 2017-01-31 17:00 | 祈り・聖歌  

<< 糖質は「毒」 【コンビニの時給】 >>